エグゼクティブ・デシジョンの作品情報・感想・評価・動画配信

「エグゼクティブ・デシジョン」に投稿された感想・評価

Clay

Clayの感想・評価

3.2
2021.10.21(D)

ハイジャックの話。飛行機1回しか乗ったことないし普段そんなところ見ないから分からないけど、飛行機って座席以外にも入れる場所沢山あるんだなーと、何故かそこに関心した。
序盤はそんな乗り込み方があるのか〜と驚きと同時に、セガールさんが序盤で出番なくなったのは結構な衝撃…。
ハル・ベリーは相変わらず綺麗!
終盤の客室突入からの銃撃戦あたりまで、セガールは尾翼に引っかかって、そこから貨物室あたりに潜り込んで、ラッセルたちが万事休すとなった時に颯爽と現れるんだと思ってました。なんたる展開(笑)

ハル・ベリーやジョー・モートンも出てるが、終わってみれば、どこかで見たようなシーンの連続で、ボーッと見ている分にはなんの問題もないが、正直なところそれほど面白くもない。不在のセガールに対する一方的な期待で、なぜか得点少しだけアップ(笑)。
見応え十分の内容。CA(ハル・ベリー)と主人公(カート・ラッセル)の阿吽の呼吸が、スリリングさに拍車をかけた。
機体ドッキング&突入のシーンで、
「あ、これランボーの曲作った人と同じ人だな」

午後ローさん
いつも楽しい映画を有難うございます
corouigle

corouigleの感想・評価

1.6
★1なのに観てしまうのはやはり
スティーブンセガールが魅力的だからだろうか

カートラッセルは好き
カートラッセルもアクション俳優ですよね

魅力を感じられない
私が残念なのかも知れない
扇

扇の感想・評価

2.7
本来誰の心に残るでもなく120分楽しませてハイ終わりとなるはずの作品だったが「有名俳優をチョイ役に配してもよい」というとっても偉い試みをしたことによって皆の心に刻まれることになった。実験は大事。
ワシントン行きの旅客機が、テロリストにハイジャックされる事件が発生。化学兵器によるワシントン壊滅を阻止するため、軍の特殊部隊と技術研究員が機内に空中から乗り込みます。

結構激しいアクションを期待していたんですが、思ったよりもありませんでした。激しいのは終盤くらいで、あとは隠密行動です。作戦遂行の準備を、テロリストに見つからないように遂行します。
アクションは物足りなかったですが、見つかるかどうかのギリギリな感じは楽しかったですね。
テロリストにしても、見た目ではなく、考え方に恐怖を感じました。このテロリストのリーダーみたいなのが一番怖いのではないでしょうか。

この作品、序盤からセガールが活躍しますが、中盤くらいで退場します。セガールが出演しているのなら、期待するのはセガール無双です。これを期待するのは日本だけじゃないと思います。
途中退場の理由が全くわかりません。
これに関しては、日本側の宣伝にも問題あり。

あと気になったのが、最後の着陸を2回やった事。なぜ同じ事をわざわざやったのか疑問。それやるならセガールの活躍を増やして欲しかった。
ほぼ初対面の女性といきなりいい感じになるのも疑問。いきなりそうはならないだろ。

終わり方「ダイ・ハード」に似ていたので、もしかしたら「ダイ・ハード」みたいなの作りたかったんですかね。
最終判断

エグゼクティブ・デシジョンとは、最終判断と言う意味である。
最悪の事態になった時に、大統領が下す最後の判断…。
この映画で言うと…。

やっぱり90年代の映画は、最後じゃ!
最後の最後まで、ハラハラドキドキ出来る映画。
んで、セガールさん初めまして!!!
セガールさんの映画を観るのは、たぶん今作がお初!
でも、この映画、セガール詐欺じゃない?
ジャケ写では、ダブル主演みたいな感じだけど、ゼガールさんは結構早い段階と言うか?前半で脱落する…。
セガ~ルさぁぁぁん!って感じで飛んでった!笑

お話は、飛行機がハイジャックされる!
テロリストの要求は、ある人物の釈放…。
だけど、真の目的は?
そして飛行機には、ワシントンを壊滅出来るほどの爆弾が…。

主役は、カート・ラッセル。陸軍情報部顧問の役。
てっきりハイジャックされた飛行機に乗り込んでて、事件に遭遇するのかと思いきや、そうじゃなくて…。
じゃぁ、どうやってハイジャック犯と対峙するのかと思ったら、戦闘機で飛行機にドッキングして乗り込んでた!
飛行機にもスペースシャトルみたいなドッキングして乗り込める場所があるのね…。
このあたり予想外の展開で面白かったなぁ~って書いてしまったら台無しなんだけど…。

と言うことで、テロリストにバレないように爆弾解除したり、テロリストを倒す方法を考えたりと、カクレンボしてるんで、映画の大半が飛行機内の客室では無く裏側に潜んでの隠密行動みたいな感じ。
なので、みんなボソボソしながら会話してたのが面白い!

セガ~ルさぁぁぁん!に代わって特殊部隊の指揮をとるのは、ジョン・レグイザモ。
んで、爆弾処理が、ターミネーター2のダイソンさん●~*
一番、爆弾を持たせたらダメなヤツ~。💣
んで、ヒロインがハル・ベリー!
綺麗すぎてメロンメロン♪
今と、ほとんど変わってないところを観ると彼女も荒木先生と同じく吸血鬼だと思ってる…。

なんで?こんな面白い映画知らなかったんだろ?ってぐらいオモシローござんした!
再鑑賞。初めて劇場で見た時はあの人がいるからいつものやつねってのを覆す演出が凄く斬新でずっとハラハラしながら見てた。当時この映画を見た友達が「全然面白くなかった」と言っていたのはそういった固定観念に囚われ過ぎたのでしょう。同じ年に公開された『ザ・ロック』も戦闘能力が乏しい爺さんと化学屋でどうするんだって不安感が面白かったもんな。

映画『アイアンイーグル』に登場した空中給油の原理を利用してステルス戦闘機リモーラで旅客機に乗り込む特殊部隊。『アイアンイーグル』でも悪役やってたデヴィッド・スーシェさんがテロリストのボス役。名探偵ポワロの俳優さんがすごく悪い顔になってるよ。

乗り込む旅客機は、TVシリーズ『LOST』で墜落した旅客機と同じ架空の航空会社「オーシャニック航空」。実在する航空会社を映画に出すと角が立つので飛行機で惨事がある映画なら架空の航空会社「オーシャニック航空」にお任せ下さい。
セガールの行方。
世界仰天ニュース。
ハル・ベリーが素敵。

以上、印象。
>|

あなたにおすすめの記事