エグゼクティブ・デシジョンの作品情報・感想・評価

「エグゼクティブ・デシジョン」に投稿された感想・評価

Apua

Apuaの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます


多分前にも吹替鑑賞済
まさかのセガールが早々に退場することに驚いたの覚えてた。

あと死亡フラグの回収が早い


銃撃が連射かつ、撃たれる人アップ。この時の映像手法なのかなって感じた。
あ、模型かな、って思うのは最近の画像処理とかCG技術がすごい進んでる証拠なんだろうなぁ。


キャビンアテンダントの女性が勇気あり過ぎる(笑)

グラント博士が優秀で頭のキレがいい。


自死も躊躇わないテロリストとの戦いって、守るものが多い方が圧倒的に不利だなぁ。
のり

のりの感想・評価

4.0
あまり期待していなかったけど凄い面白いじゃないか!
セガールはきっといい感じに海に着水して生きて帰ってくるんだろうなぁ…
本作の序盤でスティーブン・セガールが航空機から吹き飛んで、いなくなってしまいます。
この設定、彼をお目当てで本作
に期待したファンはどうなるのかと思ってしまいました。ただ、それは杞憂でした。スティーブン・セガールが居なくなったことにより、救出部隊とハイジャックしたテロリスト側との戦力の均衡がとれてスリリングな展開になったと思います。
救出部隊の任務はテロリストにハイジャックされた旅客機の奪還。客室の外の狭い空間を綱渡り的に移動して、機内の様子を窺うカットの数々は緊迫感に溢れてました。
カート・ラッセル演じた主人公グラントを中心に、ジョン・レグイザモ演じた救出部隊のリーダーにラット、オリバー・プラット演じた爆弾処理役がケイヒル、ジョー・モートンも爆弾処理役のキャピーとして出演してます。
彼ら救出部隊を度々助ける役にCA 演じたハル・ベリー、対峙する悪役はデヴィッド・スーシェと多士済々です。
特に名探偵ポアロのデヴィッド・スーシェは悪役もハマっていてギャップに驚きました。
私は本作を五、六回は観てます。テロリストを制圧するために戦略を組み立てて、ストーリーのあるアクションパニック映画なので、何回も観れるのです。
テロリストに見つからないように、隠密にカメラの設置やCA への連絡一つでも息を呑むようなスリルは堪りません。
難を言えば、セスナ機の単独飛行の経験もない主人公グラントがジャンボジェット機を着陸させるのは飛躍しすぎでしょう!!だから映画と言えば、それまででしょうが(^^;
げんき

げんきの感想・評価

3.0
ダイハード2より好きです。
スティーブンセガールの作品で1番面白いです。今回は仲間のために身体を張ってくれます。
wakio

wakioの感想・評価

3.5
ある意味最も奇をてらった脚本の一つである。
実はキャストが豪華。
最後にセガールが何て事ない顔をして登場するのを、然り気無く期待してたのは俺だけじゃないはず。
Ken

Kenの感想・評価

4.3
ゴリゴリの90年代アクションって感じでおもろかったしハラハラした

ハルベリーはこん時から今まで全然老けてない

9.11を暗示してるかのようなハイジャックやった…
アテネ発ワシントンD.C.行きのジャンボジェット機がテロリストにハイジャック。

スリル満点。
子供の頃に観ていて凄く面白かったのに全くタイトルの記憶がなかった。
ある日、テレビの番組表を観ていた時にたまたま目に入ったこの映画のタイトル。
何かを感じて観てみることにしたら、まさにこの映画だった。

肝心なストーリーはうろ覚えだったものの、ずっと覚えていたのはあの「魔法の杖」ことストロー!
子供の頃の興奮が蘇った。

地味な古いアクション映画ではないところがまたいい。
セガールなんてどうでもいい!
ひたすらこの映画を楽しむことができた。
ジョン・レグイザモが輝いてること輝いてること。

航空機内で起こるサスペンスに今でも震える。気になったそこのあなた!今すぐTSUTAYAへ!後悔しない132分になります!
とぅん

とぅんの感想・評価

3.0
正直、タフなキャラのイメージ強いカート・ラッセルはインテリな役は微妙だけども。
セガールの即退場が衝撃的で面白いな。

あと、悪役がポアロの人で新鮮だった。
>|