未来少年コナンの作品情報・感想・評価・動画配信

「未来少年コナン」に投稿された感想・評価

コナンが女の子を高いところから助けて地面に着地した時に足がビリビリビリってなる演出好きだった。
Omake

Omakeの感想・評価

4.8
26話構成の1978年版のものを見た。古いアニメーションだが、ストーリーがしっかりしていて、登場人物のキャラクターも魅力的で、26話を一気に見てしまった。

物語の舞台は2008年に起こった世界戦争の20年後という設定だ。一度は崩壊した世界で復興と新しい未来を切り開こうとする人々と、軍事力による世界支配の再興を狙う勢力との間で新たな戦いが始まる。

その狭間で争いに巻き込まれる主人公のコナン少年はまるで野生児だが、新世界のシンボルだ。荒廃した国土と社会で生き抜く力と知恵、不屈の精神、そして優しさを備え持っている。

原作は1970年にアメリカ人の作家によって書かれた少年文学だという。作家は1904年生まれというから二度の世界大戦をなんらかの形で経験しただろう。本が出た時代はアメリカとソ連の二大大国が争っていた時代だ。その時代の空気を反映していると感じられるが、今の時代について語っているようにも感じられる。

23話で博士が孫娘のラナとコナン達に見せる人口の公園の場面が印象的だ。博士は言う。人類は豊富なエネルギーを手に入れて、それで幻の世界を作り上げたと。まるでいまの私たちの住む世界のようではないか。

コロナ時代の私たちにも何かを教えてくれる普遍的なテーマを持った作品だと思った。
たなか

たなかの感想・評価

5.0
観たのはこの総集編映画ではなく全26話のテレビ版
終盤は緊張と緩和の連続で常に泣きそうだった 監督デビュー作でこのクオリティ、、はやおはやっぱ天才だ、、
asminn

asminnの感想・評価

4.5
TV版を見たけどレビューしたかったので。
何回見ただろうな。
コナンのラナを助けたい一心でどこにでも突っ込んでくのが本当にカッコいい!最後ギガント落として、コナンが海で彷徨ってる所をラナが見つけて抱き合うシーンは泣きました(;_;)
私はモンスリーが好きなので、ギガントから去る時、ダイスと見つめあってる所がすきです。もちろん、バカね!も。
アニメ26話のほうを見終わった。昔から何度も見てたけど おそらくもうこれで最後だろう。
Shin

Shinの感想・評価

5.0
人間のあるべき姿を宮崎駿さんはじめスタッフが示した作品ではないかと。
何十年も前からこの現世を予言していたかの如く見ていて心に響く。

この作品を多くの子供達が見て欲しい。
大人はこの作品の精神を次の世代へ繋がなくてはいけない。

勇敢さ、仲間の信頼、励まし合い
諦めない心、そして自然への畏敬の念。

その後に出るジブリ映画が霞むほどのピュアさ。
本当に素晴らしい作品をありがとうございます。
masa

masaの感想・評価

3.5
SF小説『残された人々』を原作としたテレビアニメシリーズの総集編
再編集によりTV放送から内容はかなり改変されている
最終戦争から20年未来の少年コナン
ボーイ・ミーツ・ガールの冒険アニメ
alf

alfの感想・評価

3.4
映画じゃなくてアニメ26話の方。
存在自体知らなかったけど、Filmarksでいいレビューを見かけてチャレンジ。

人類滅亡寸前の近未来(2008年)、大団円までにテーマもドラマも大盛具だくさん。
とくに人間模様の描写が優れていて、総じてとってもラピュって大満足。

・コナン
足の指が器用すぎ
サヴァイヴ能力たかっ
高所ものともしない症
見切り発車がちだけどノーミス

・ラナ
しずかちゃんよか修羅場くぐりまくり
泣きながらベットに伏せがち

僕が生まれる前の名作アニメ。
世の仕組みを説くプロパガンダ回がチラついたりもしたけれど、再会、不屈、信頼感に熱くなる。
ちきゅうラブの全年齢適用型。
そのままで今もNHKでやればいいのに。

【バカね】
【これは戦争なのです】


どの作品にも言えそうだけど、食事のシーンがあると一気にキャラだちして感情移入もしやすくなる。
映画でなくテレビシリーズを観ました。
40年も前なのに古さを感じなくてとってもおもしろかったです。ラピュタとかポニョとか千と千尋の神隠しのキャラクターに似てるところがあり興味深かったです。
コナンの無敵でひたむきなところが元気をもらえました。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

4.5
20数年ぶりに観た。
やっぱり面白いし素晴らしい。
ラピュタの原型とも言えると思う。
ラナの「コナーン」とコナンの「ラナー」がちょっとうるさくて0.5点の減点だが、他は満点。ジムシーは俺の中で宮崎アニメでトップのキャラ! うまそうが可愛い!
>|