映画ドラえもん のび太の宝島の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の宝島2018年製作の映画)

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:109分

3.5

あらすじ

「映画ドラえもん のび太の宝島」に投稿された感想・評価

lily

lilyの感想・評価

3.5
ドラえもんも映像がとても綺麗になったなあ
最後の星野源の挿入歌が流れはじめたところから、昔夏休みにビデオでドラえもんの映画を流し見してたときの気持ちがふわっとこみ上げてきた
Sankawa7

Sankawa7の感想・評価

2.5
Amazonプライムにて配信されていたため何気なく見てしまいました。

過去作のリニューアルから脱し新機軸を出してますね。悪役が悪人でもないと言うのがいかにも現代的。
ふく

ふくの感想・評価

3.3
やっぱり映画になるとのび太くん格好良くなる、

序盤に何気なく出てきた道具が終盤でキー道具になるのあつい、

最後野比家の家族愛が見えた、
いっさ

いっさの感想・評価

3.3
作画がいつもとタッチを変えていて暖かみがあり、映画のドラえもんらしさが出ていて良い。ストーリーは可もなく不可もなく。
大人でも楽しめるドラえもん映画で検索したらでてきた作品。

のび太はいつもジャイアンたちに無理な目標を言って、その代償に鼻でカルボナーラやらスパゲティを食べるという無茶な罰ゲームを自分に課してるが
ドラえもんがいなかったらのび太はどれだけのパスタを食べていたのだろう。

そんなことより、本作品は特に家族をテーマにした作品で、最初ののび太のパパと喧嘩したシーンの伏線をうまい具合に回収してたり、すごいまとまりのある形でよかった。
設定がよくわからなかったり、なんでこうなってるんだ?ってのもあったけどアニメ映画なのでそれもご愛好という形で見れた。

星野源の歌はやっぱりいいなぁー

新型コロナが落ち着いたら実家に帰ろう。いい作品でした。
asami

asamiの感想・評価

-
2020年15本目

おげんさんの歌声ええなあ
しずかちゃんのセーラー服が
めちゃめちゃ可愛かった
セイラとフレンチトースト食べる
シーンだいすき
ドラえもんにしてめずらしく食べ物の
色彩がジブリみたいで全部美味しそう

親子愛の話やけど、人の幸せを願い、
人の苦しみを自分の痛みとなんとか
ってとこのび太のことやし
コロナのご時世に響くねえ
Gon

Gonの感想・評価

3.4
『のび太という生き方』を貸してもらって
のび太の優しさや強さを見たいがため鑑賞〜
久しぶりのドラえもん
どうせなら一番最新の見ようかと!

のび太の優しさの力って偉大だなぁ
誰とでも仲良くなれてしまう、そっと寄り添えられるあなたはすごいなぁと

物語的には、すごい印象に残るわけではなかったけれど!笑
きくち

きくちの感想・評価

2.2
もっとワクワクさせてよ。ストーリーにのび太たちが乗っけられてるだけの感じで、キャラクターのイキイキがなかったです。感動で行きたいならそれで、もっと理屈とかイロイロがわかりやすくして欲しかった。全体的に行動の目的がよくわかんない。結局海賊たちはなんだったのよ。。
あと、もうドラ映画恒例ですが、こんなに帰ってこなくて親はどう思ってるんだよ問題が、まだ自分の中で解決してなくて。
声も表情も新ドラ好きなので、傑作がうまれるといいんだけども。
川村元気のせいにするのもヤなのでしませんが、もっと楽しいドラ映画を見たいです。
Kassy11

Kassy11の感想・評価

1.9
ドラえもんの映画を小学生以来10年ぶりに観た。
感想は「。。。。あれ、こんなんだっけ??」

ドラえもんがつまらないのか、わいが大人になってしまったのか
どっちなんだあああああ


ミニドラは可愛い。。。
ドラえもんの作品でここまで、親子のキヅナを感じた作品は、今までなかったような気がします。
少しうるっとしました。
>|

似ている作品