映画ドラえもん のび太の宝島の作品情報・感想・評価

映画ドラえもん のび太の宝島2018年製作の映画)

上映日:2018年03月03日

製作国:

3.6

あらすじ

「宝島を見つける!」とジャイアンたちに宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具“宝探し地図”を使って宝島を探すことに。地図が指し示した場所は、なんと太平洋上に突然現れた新しい島だった・・・。 ノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かったのび太たちは、あと少しで島に上陸というところで謎の海賊たちから襲われる!急にあらわれた敵に立ち向かうのび太たちだったが、戦いのドタバタの中でしずかが海賊船にさ…

「宝島を見つける!」とジャイアンたちに宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具“宝探し地図”を使って宝島を探すことに。地図が指し示した場所は、なんと太平洋上に突然現れた新しい島だった・・・。 ノビタオーラ号と名付けられた船で宝島に向かったのび太たちは、あと少しで島に上陸というところで謎の海賊たちから襲われる!急にあらわれた敵に立ち向かうのび太たちだったが、戦いのドタバタの中でしずかが海賊船にさらわれてしまう! 海賊に逃げられた後、のび太たちは海に漂う一人の少年フロックとオウム型ロボットのクイズと出会う。フロックは海賊船から逃げ出したメカニックで宝島の重要な秘密を知っていた!はたしてのび太たちは無事しずかを助けることができるのか!?そして宝島に眠る財宝に隠された秘密とは一体!?

「映画ドラえもん のび太の宝島」に投稿された感想・評価

sorablue

sorablueの感想・評価

4.5
個人的にドラえもん観ない人だが、ゲスト声優に大泉洋さんが出演するということで鑑賞。
久々にドラえもん映画観たけれど、良作。希望に満ち溢れた映画。
ANNASUI

ANNASUIの感想・評価

3.5
夏に見るととても良い映画。個人的に作画可愛くて好き。家族愛良い。星野源〜〜〜〜〜〜!!!
観てて退屈しない、大人でも楽しめる映画。星野源の曲で泣いた。
絵柄が大山のぶ代さん時代のドラえもんに近い!それだけでスコア5あげたいくらい良かった!!可愛いし、ぬるぬる動く。
川村脚本は成功です。オリジナルのドラえもん映画だから、あまり期待してなかったけど。
のび太がイケメン。ドラえもんを助けに行くシーンはドラえもん映画の中でも屈指の名場面に入るのでは?
みんながバランスよく活躍していて、素直に面白いと思える映画でした。
のび太の勇敢な姿にテレビシリーズとのギャップを感じる。てか主題歌が秀逸。
UNFAIR

UNFAIRの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今年も面白かった!
そしてまた泣いてしまったw

それにしても惑星のエネルギーをぶつけられたドラえもんはよく無事だったなw
OTO

OTOの感想・評価

3.5
まさかこのタイミングで、「父子の断絶と葛藤」がテーマとはね。

また観に行くことができますように。
川村元気の悪いとこだけを抽出した脚本。
ぼせいを復活させる話は興味深かった。
すごいよかった。笑いも取りつつ、友情、家族、しっかり感動させてくる。ストーリーもよく出来てて、宝島行ったら悪者出てきて〜みたいな感じやと思ってたけど、それだけじゃない面白さがいっぱい詰まってました。のび太の部屋の“あの絵”もステキでしたw
kai

kaiの感想・評価

3.0
話はまぁ普通に面白かった
ドラえもんの根強い人気の中には、どの世代にも共感できることがストーリーの内容に必ず入っているからだと思う。
子供達にはあのキャッチーなキャラクターたちが繰り広げる面白い楽しい、時にはハラハラドキドキでSF(少し不思議)な世界がうけるのだろう。
では大人からも根強い人気を得ているのは何故なのだろうか。
ドラえもんのストーリーの中では、大人が子供に対して正直な感情を吐露するシーンが多々見られる。
母親、父親、先生などの立場にあるせいで抑制せざるを得ない正直な気持ちや悩みを、ドラえもん映画に出てくる大人たちは正直に吐露する。
そんな大人たちに観る側は自らを重ね合わせるのではないか。
そして幼いが故の、まっすぐで正直な気持ちを精一杯伝えるのび太に心を動かされてしまうのではないか。
結局のところ、大人と子供の線引きなど曖昧なものにすぎない。誰もが誠実でどこまでもまっすぐな、しかしサボりぐせのある'のび太'のような一面を持っているのではないか。
ドラえもん映画は童心を思い出させるのではない、童心を持っていることを今一度教えてくれるのだ。
>|