ドラゴンボール 神龍の伝説の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボール 神龍の伝説1986年製作の映画)

製作国:

上映時間:50分

ジャンル:

3.2

「ドラゴンボール 神龍の伝説」に投稿された感想・評価

ドラゴンボール無印のアナザーストーリー。短くまとまっており導入としてちょうど良い。
「ステンレス」?
敵のデザインがジブリっぽい。薬莢の描き込みとかも含めて鳥山明の絵だなーとひしひし感じる。

夕方にブルマと悟空が車内で喋るシーンが影の付け方とか色味とかとても好きだった。
原作でいうブルマ・ウーロン・ヤムチャ編に相当するが、本編とは違う展開と設定で進行。
ラスボスであるグルメス国王は妖怪チックで禍々しい。
グルメスにドラゴンボールを食われた事を逆手に取って、体内から神龍を召喚するというのは劇場版1作目にして新鮮な倒し方。

全体的におとぎ話のようなテイストで、初期原作とも少し違う児童文学的ムードが漂う。
グルメスに踏み潰された部下・ボンゴがぺしゃんこになっても生きていたのは象徴的。
ht

htの感想・評価

3.7
アニメドラゴンボールのアナザーストーリー
内容やキャラとかは同じだけど
ストーリーの進み方や、キャラの出会い方がまた違うからアニメを見てた人以外でも面白い!

昔の映画なのに、こんなに綺麗だなんて!
私はドラゴンボールのグラフィックが好きです👍
Leon

Leonの感想・評価

3.5
無印の冒頭部分とオリキャラを混ぜて世界名作劇場のような趣がある一作。初期の雰囲気が楽しめて、この頃の悟空は可愛らしい。鬼太郎とキン肉マンとの同時上映で計150分だったのが時代を感じる。
たむ

たむの感想・評価

3.1
レビュー3800本目、公開も楽しみな『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』の前に初期劇場版を3本続けてレビュー。
記念すべき劇場版第1作は、原作の設定をそのままにしながら、別の敵が現れてのオリジナルストーリーです。
今風に言えばリブートというのが近いかもしれません。
細かい台詞や出会いは同じですが、描かれるストーリーは原作にはない社会派な作品でした。
子供向けの映画のため、わかりやすくもありながら、悪い事をしてはいけないという道徳的なテーマを描きます。
本作は異常にテンポの早い飽きさせない展開で、敵役はグルメスというグルメの独裁者が資源と食べ物のためにある村に侵略している物語は、今の何処ぞの国を思わせなくもないです。
クライマックスはジブリのようなところもあり、この時にはすでに独立はしていますが、東映動画に高畑監督や宮崎監督がいてのちのジブリに繋がるのもわかる気がします。
身近なものほど大切なものです。

敵役の設定や展開に社会派のテーマを込めているあたり、原作、アニメ、劇場版含めて、珍しい『ドラゴンボール』です。
あと手描きのアニメを久々に観ましたが、癒されますね。
TaKU

TaKUの感想・評価

3.7
ドラゴンボール見た事ない人はこの映画から始めても良いかも

時間が無い人に丁度いい
Choco

Chocoの感想・評価

3.1
食い患い!(違う)🍎

最近ずっとワンピース見てたから悟空が普通に川に飛び込んでて!?!?ってなった。笑
つよ

つよの感想・評価

4.0
7つ集めて呪文を唱えると神龍が現れ願いを聞いてくれる、というドラゴンボール。
集めるブルマと、山奥で暮らす孫悟空の出会い。
初期はリアルタイムで知らないけど懐かしい。
パラレルワールド的ストーリーのドラゴンボール劇場版第1作
食欲が肥大化して化物になったグルメス国王を止める為、悟空たちが奮闘する
村の少女パンジと女性兵士パスタの映画オリキャラ2人がグッドデザイン
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品