マジェスティックの作品情報・感想・評価

「マジェスティック」に投稿された感想・評価

piyo

piyoの感想・評価

3.3
何もかもが渋くてかっこいいなぁ。

なんだよあのファンキーな車のカーチェイスシーンは。

でも内容はただただスイカを出荷したいだけ!
SH

SHの感想・評価

3.5
これ最高。
主人公のブロウソンは大きな農場の主。移民を雇ってスイカの収穫してる。
このブロウソン、警察に尋問されようがプロの殺し屋に狙われようがスイカのことばかり(笑)。「収穫は今週がやまなんだ」とか言って「スイカのことしか頭にないんだな」と言われてる。敵も彼をスイカ野郎と呼んでる。
そのスイカたちが悪党どもにマシンガンでぐちゃぐちゃにされてしまう。
まさにスイカの惨殺。それをブロウソンは怒り、悔しさで体を震わせる。そして復讐を誓う(普通、こういうのって大切な女性や家族ですよね。誘拐されたり殺されたり)。
そんなブロウソン。めちゃ強い。淡々と敵を始末していく。ダイ・ハードのブルースウィリスとかみたく血だらけ泥だらけにならない。
敵に対して「かたをつけよう。忙しいんだ」とブロウソン。やはりスイカが第一優先。
こんなこと書くとつまんなそうと思われそうだが、それは違う。面白いから見てみてください。
ブロンソン映画。
スイカ農園主こと我らがブロンソンが糞ったれの無法者共を完膚なきまでブチのめす!
xia

xiaの感想・評価

3.3
留置所で居合わせたことから殺し屋の恨みを買ったスイカ農園の園主が、殺し屋の差し金を乗り越えて、敵をなぎ倒していくストーリー。
派手なアクションシーンでは時代を感じるが、ストーリー自体は悪くはない。
何の変哲もないアクション映画だが、テンポが良く観やすい作品でもある。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2017/3/1鑑賞(鑑賞メーターより転載)
農場主が横暴を働く権力者に怒り反抗を、という流れだが、そもそも一介の農場主にチャールズ・ブロンソンという無茶なキャスティング(笑)の時点で形勢逆転の予感が漂い、そして実際もブロンソンが怒りに任せて相手をなぎ倒す展開に。でも非常にテンポの良い構成で、特に後半の爽快感はかなり高め。溜めた怒りを静かに爆発させるブロンソン(これが意外と農場主にぴったり似合ってる)の手にかかれば農場のおんぼろトラックもF1マシンの如く速くなりw、ショットガン1つが万能の武器に見えてくる。蹂躙された敵役と大量のスイカに合掌。。
じょり

じょりの感想・評価

3.8
①スイカを収穫して出荷したいだけの元レンジャー部隊教官である農場主が、しょーもない嫌がらせのせいで面倒に巻き込まれ、最終的に筋を通して悪漢達のタマを取るに至る、正統派ブロンソン作品としての純度 混じりっ気なし100%
②農地やその周辺の山道が舞台だから、何処となくのどかで健康的な雰囲気のアクション度 128%
③ベテランの殺し屋のわりに、隙を見せてはブロンソンにどつかれるレンダ&いっちょかみのコーパスやお役人的塩対応の署長らの小物感 128%…ブロンソンが強力すぎるだけで(笑)

ジャッキーの映画なら、撃たれた大量のスイカをスタッフたちと食べまくるシーンをエンドロールで流しそうな気がしました👍
李香卵

李香卵の感想・評価

4.2
アメリカのど田舎が舞台のギャング映画だが、スイカ畑を守るべく立ち上がるブロンソンの勇姿にかの三里塚闘争を戦った日本の新左翼の若者達が少しだけダブって感動的であった(笑)。

このような大自然への愛に満ちたアクション映画をもう一度復権させてあげて欲しいものです。
スイカ農園を経営している元傭兵の男が、路頭に迷っているメキシコ移民たちの雇用に努めるのだが、レイシストの横やりを口火にして、ギャング団に狙われる立場にされてしまう。チャールズ・ブロンソンが人間社会の不条理に立ち向かう、アクション映画。

ブロンソン演じる主人公は、世間ズレしたストイックなニヒリスト。私利私欲にまみれることは一切なく、「自分の農場のスイカを収穫したいから」という理由だけで、事態の収束を目指す。その言動が、端からすれば奇人にしか見えないのが面白い。

悪役があまりにも弱気なため、強大な敵を相手にしているような緊迫感は皆無。主人公の敵対組織は、警察から逃げ腰になりながら、収穫したスイカを破壊する。この後の凄惨な嫌がらせへの布石かと思わせておきながら、別に何も起こらない。しかし、主人公はしっかりと大ダメージを受けている。この膝カックンこそが最大の魅力。

クライマックスの息詰まる潜入ミッションは、なかなかどうして見応えあり。ご多分に漏れず「ブロンソン強すぎ問題」が発生しているが、我々は強いブロンソンが見たいわけなので、厭わしくはならない。
犬

犬の感想・評価

3.5
トイレ

スイカ農園を経営するマジェスティック
収穫のためにメキシコから来た労働者を雇うが、街のチンピラといさかいを起こし逮捕されてしまう
その後、留置場で出会った犯罪王レンダの怒りを買ってしまい....

大農場を舞台に、巨大な組織に立ち向かう男の執念を描いたアクションドラマ

もう放っておけない!
我慢も限界に達したとき、正義の制裁を!!

チャールズ・ブロンソンが、渋くてカッコイイ
あの感じは、なかなか出せないですね
そして、動きが身軽
何気に、リー・パーセルが可愛かった

そこそこ笑える
カーアクションもなかなか

テンポも良くて、気軽に観れます
最高。ブロンソンはブロンソンだから強いのだ。
塩田明彦も言ってたけど、バーで殺し屋に脅されても軽く蹴り飛ばしてトコトコ帰っちゃうとこがヤバすぎて濡れる。
>|