スウォーズマン/女神伝説の章の作品情報・感想・評価

「スウォーズマン/女神伝説の章」に投稿された感想・評価

リー・リンチェイとツイ・ハークが組めば怖いもの無し。
荒唐無稽で面白いモノをひたすらぶち込んだような作品です。
そのキレッぷりはバカバカしいを遥かに通り越してカッコイイ。
東方不敗を演じるブリジット・リンが綺麗♪
natarinn

natarinnの感想・評価

2.7
一時期香港映画、チャイニーズゴーストシリーズにはまってました。懐かしい!
チャイニーズゴーストストーリーが大好きなので、それ風(?)な映画を観てみようと思い購入。
予算の都合とかもあるのかも知れませんが、CGSと比べると、ストーリー、アクションともに何というか ちゃっちぃ。
好きな人は好きなのでしょうが、途中から観ている事が苦痛になるレベルでした。
KATSU

KATSUの感想・評価

2.7
地味にハマった

ツイハークにリーリーチェン!
今思うと豪華
Insop

Insopの感想・評価

2.0
B級映画にありがちな荒唐無稽で支離滅裂なストーリーだったけど、
ブリジット・リン演じる東方不敗の妖しさだけは際立っていたかなぁ。
誰も知らないようなマニアックな映画が好物です。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.2
香港映画黄金期古装片の最高傑作!
異様なパワーを持つ香港映画史に残る快作ですね。
ただブリジット・リンの存在感が凄すぎて、ジェット・リーの影がかなり薄くなってしまったのが残念。
n

nの感想・評価

3.8
ブリジット・リンとミシェル・リーとロザムンド・クワン、香港を代表する美人女優が三者三様に可愛くて美しいので、それを見るだけでも楽しい。

武侠映画だからなのかもしれないけど、ツイ・ハークの作品世界はジェンダーもセクシュアリティも曖昧で流動的な感じがするところが好き。
ワイヤーアクションがとにかく凄い。
抑えておきたいリンチェイ作品の一つ。
三部作のシリーズ2作目とは知らず適当に借りてしまいました。なんてこったい!

あらすじ︰16世紀の中国、強大な力を持つ日月教(少林寺のような格闘集団)の教祖を“ 東方不敗(美女)”が幽閉し、苗族を支配していた。苗族はそれに対抗するため、日本の秀吉支配下から逃れてきた忍者達と手を組み、日夜戦っていた...みたいなストーリーです。(合ってるかな?)
簡単に言うと主人公が謎の美女や忍者達と戦う古き良きワイヤーアクションカンフー映画です。それさえ分かってればOK!

冒頭の馬が真っ二つにされるシーンや首が吹っ飛ぶシーンから溢れ出す安っぽさが半端じゃなかったですが、極めつけは「連続斬り!」とか「飛び斬り!」とか技名を叫んでるのが死ぬほどダサかったです(笑)お前らどこの少年誌?とか思いました。

しかし今作の見所はなんと言っても東方不負様がとても美しいことですね!吹き替え版だと途中まで男性の声が当てられているので、演じているのが女性の方(ブリジット・リン)だとは思いませんでした。ベルバラのオスカルなどの男装の麗人は個人的には大好物でして、性別があやふやなキャラクターにはえも知れぬ魅力がありますよね。正直この方だけでも十分この映画は見る価値ありだと思います。

少年誌のようなアクション映画(笑)が見たい方、性別不明なキャラクターに興奮する方にオススメの作品です。
日本語棒読みはもはやツイハークのお家芸
「連続切りだ」
「旋風切りだ」
「飛び切りだ」
>|