グリーン・デスティニーの作品情報・感想・評価・動画配信

「グリーン・デスティニー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

後半がよく分かんなくて宗教的な匂いがした
クライマックス、師匠として小娘と闘うのかなと思ったけど、最後は戦士としてではなく一人の男として死ぬんだなぁ...と、、、
これはシンプルに好みの問題だな
乗馬しながら小娘と雷雲が闘うシーンをずっと見てたかった
あのままエッチするところでブッ殺したら面白いのに...
最近小難しい映画や本ばっかりだったからスカッとした
さんきゅきみちゃん
久しぶりに見た。めちゃめちゃおもしろかった。アンリー最高だ。武侠はある意味ジェンダーレスで、武術を極めれば物理的な限界なんて吹っ飛んじゃうんだ。3人の女性の三者三様のアクションの凄まじさには度肝を抜かれるし、風景や美術もおそろしく美しい。
吹き替え版は声優のイメージもぴったりだし台詞回しがかなりかっこいいと思うので吹き替えでの視聴をおすすめします。
オレは日本の時代劇より中国の時代劇の美術や衣装のほうが好みなんだということもわかった。男の場合だとちょんまげも辮髪もダサいけど、女性の髪型とか衣装とか装飾品は中国のほうが好みだな。


無重力ワイヤーアクション大好き。竹林のシーンほんとに浮いてるようにしか見えなくてすごい。殺陣も速くてかっこいいし、映像も綺麗で品があって、90年代のお下劣でチープだった(面白いけど)香港武侠映画がどうして急に進化したのか不思議。
チャン・ツィイーの白いお腹ドキッとしたな。
ワイヤーアクションバリバリで、割り切って観たら面白い!

内容は薄いかなー。

清朝美かな😊
desperadoi

desperadoiの感想・評価

3.5
噂に違わぬ超絶アクションに燃える。後半のシューリンvsイェンのシーンなんて緩急自在の編集・カメラワークに魅せられて、思わず巻き戻してしまったぐらい。次々と武器を変えながら戦い続けるシューリンの手練れの剣士っぷりよ。

ストーリーに関しては若いカップルの方に偏り過ぎている気がして、アン・リーらしい(と思われる)静かで切ない人間模様であるリー・ムーバイとシューリンの関係に絞って欲しかった。
Gatt

Gattの感想・評価

3.7
華麗な中国演舞とワイヤーアクション。
もう結構前の作品になってしまいますが、西洋にはない発想です。
リズミカルにひらひらと舞うような刀捌きや足捌きは、中国ならでは。フィギアスケートとか、新体操とかに感じる芸術性と似た感じです。
明らかに吊ってても、「気」の力に見えてしまうのは、中国俳優人の醸す雰囲気w。でもこんなアクション、相当な打合せに訓練ないとキマらないです。スタントがいるにせよ、お綺麗な女優さん達も念入りに準備されたことでしょう。

音楽と中国の景色は印象的です。竹林での闘いなんて、なかなか観れないです。

名剣は名剣なんだろうけど、きっかけは欲望のコソ泥で、そこに殺された仇が絡んでくる感じ。
ストーリーとしては、そんなに深くはないし、最後もなんだかね。てか、あの恋愛要る?だなんて、期待してたわりにの感触。
だって、当時作品賞候補にまでなった外国語映画賞受賞作品、しかもアン・リー監督ですから。
年月経ってるから、錆びたアクションに感じてしまう人は、つまらないと感じるかも。
Chad

Chadの感想・評価

2.8
ワイヤーアクションが注目すぎてストーリーが全然入ってこなかった…
色がキレイだったような記憶しかない…

B級(ランク詳細はプロフィールにあります)
吹替版

もっと熱烈アクション映画かと思っていたら、温かいラブストーリーだった。
勿論、ワイヤークンフーアクション映画として面白かったが、温かい映画だった。
えーと、、、どうなんでしょう、、、💦
ワイヤーアクションが凄すぎて、もう笑っちゃうレベル💦

グリーン・ディスティニーは、碧銘剣 と呼ばれる400年も伝わる名剣のこと

持ち主だった高名な剣士のリー・ムーバイ(=チョウ・ユンファ)が剣を手放し、引退する決心をして、北京に住む名士、ティエ様に、
後輩の女性剣士(=ミシェル・ヨー 、美人!)に預けて届けさせる

そこにたまたま訪れた、もうじき輿入れのユィ長官の娘のイェン(=チャン・ツィイー)、
10歳から剣技を習っていて尋常でない遣い手として育っており、納められた剣に心を引かれて、夜中にティエ様の屋敷から盗み出すのだが…


これからすごい話が展開すると期待して観ていたのだけど、、、
んー、どうなんでしょ💦


、、、でも!、中国の景色の雄大さ、美しさはとても良かった!💕
剣や様々な武具を使っての闘いのシーンも、見応えあって良いし、達人レベルの立ち回りはキレが抜群でそれも良かったのだけど、
ワイヤーアクションやり過ぎであり得ないレベルで吹っ飛んでいくので、笑うしかない😅

竹林の竹!😅のてっぺんに微動だにせず、すくっと立っているリー・ムーバイ!
と、竹の上で闘うイェン!
えーと、、、、💦💦💦

突然出てきた、ローちゃらいう砂漠の民みたいな男が、イェンと恋仲なのか何なのか、話はどこ行くの?💦ってなるし、

ラストも、え?イェン、どこへ行くの?💦
って感じ、、、((((;゚Д゚)))))))

ははは…💦、どこ行ったんだろ?💦
あれで生きてたら凄い😢
ymg

ymgの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。
夜中に何となく観てたら目が離せなくなった!?
所々使われているパノラマ映像が中国の広大さや自然の色鮮やかなキレイさが素晴らしかった。
剣劇、格闘シーンも動きや撮り方のおかげで観入ってしまう素晴らしさだった。
正直、「終わり方、コレ!?」って思ってしまった。私の理解が追い付かなかった。話の主軸も分からず、誰の話かよく分からなかった。
願いが叶いますように…。
あさな

あさなの感想・評価

4.0
ワイヤーアクションがいまでは絶対に許されないだろう動きをしてて、すごくおもしろかった。最初のほうってあんな感じだったんですね....!
それぞれの愛の形の話。
ミシェル・ヨーが最高。
>|