ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱の作品情報・感想・評価

「ワンス・アポン・ア・タイム/天地大乱」に投稿された感想・評価

リー・リンチェイ(ジェット・リー)主演の超絶カンフー映画の続編!

ワンチャイシリーズといえばこの作品を思い出す方が多いのではないでしょうか?
この作品、1より先に日本に入ってきている変わり種なんですよ。

1番の見所は文句なしのカンフーアクション!しかも今回はドニーさんとのタイマンです!これは本当に凄い!私はラストバトルより途中の手合わせの方が好きです。ドニー提督の布棍強すぎ(^^)

もう一つの敵がクセの強い宗教軍。テーブルを組み上げて戦うシーンがあるのですが、これが自然の摂理に反した捧腹絶倒のバランス感覚!ニュートンも真っ青です(°_°)

あーオモロかった!

主題歌はシリーズ共通ですが今作のエンディングはジャッキーが歌ってます(^^)
個人的にカンフー映画No.1を決めるならこの作品というくらいに大好きな作品。

「SPL 狼よ静かに死ね」を観た余韻から久しぶりに鑑賞しました。

もうキレッキレのジェット・リーのアクションが本当に素晴らしい。
キレ、スピードそして何より美しさ。
病気のためにジェット・リーのアクションがもう見られないと思うと悲しすぎます。

何より今作の白眉はジェット・リーとドニー・イェンの対決シーンでしょう。
全カンフー映画の中でもベストバウトの一つに数えられます。

北京体育学校の同期でもある2人の意地と意地がぶつかり合います。
特に先にスターになったジェット・リーに対してドニー・イェンは期するものがあったのではないでしょうか。

序盤はもたつきますが白蓮教との戦いからドニー・イェンとの決戦までの流れは本当に凄い。

白蓮教のクン大師とのいつのまにか下に落ちたら負けになっているバトルは大好きです。

ヒロイン十三嬢を演じたロザムンド・クワンが超キュートです。
当時無茶苦茶好きでした。
見た目が中学生なジェット・リーとの中学生日記の様な恋愛シーンが微笑ましいです。

宇宙一かっこいいテーマソングは僕の映画音楽プレイリストに入れて未だに聞いています。
ジャッキー・チェンバージョンですが。
Animo

Animoの感想・評価

3.4
実在した武術家を主人公に、同じく実在した孫文や白蓮教を絡めたストーリー展開は、前作の天地黎明より数段面白い。

なかなかの腕前の主人公の弟子と、女真族というより西洋の血を感じさせる美しいヒロインを、単なる狂言回しに追いやる、ジェット・リーとドニー・イェンの至高の武術対決。

目にも留まらぬ速さの布棒術。これだけでも、この映画を観る価値がある。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

5.0
ワンスアポンアタイムインチャイナシリーズ、ジェット・リー主演映画では最高傑作! 監督は、香港のスピルバーグことツイ・ハーク。

辛亥革命前夜の1911年の広州。仏山から医学会出席の為に、ウォン・フェイホンと弟子のフー、叔母のイー。
当時中国本土は荒れに荒れており、カルト宗教白蓮教が猛威を振るっていた。
孫文との出会い、そして陰謀を企むラン提督。三つ巴の戦いがきって落とされる!

もうオープニングだけで鳥肌立ちます!
ツイ・ハークならではのケレン味、情感溢れる演出が最高潮で、ジェット・リーの功夫もキレキレ、そして壮大なロマン溢れる物語。

プロジェクトAなんかと同時代ですが、清の文化と西洋文化が混ざる不思議なロマン溢れる時代も非常に魅力的。
マックス・モクと、フェイホンに想いを寄せる、ロザムンド・クァンのコメディリリーフもいいですね。

カルト宗教白蓮教の傍若無人っぷりに、立ち向かうウォン・フェイホン!
クン教祖との高い足場を使った功夫は、すざましい迫力! 無影脚を見ろ!

そして、悪役ラン提督を演じるドニー・イェンとの伝説とも言える死闘。
まだ、キャリアが浅く若き、ドニー・イェンとジェットのバトルが、とにかく凄い。
功夫はキレキレ! 高足場や竹を使った異次元バトル!
そして、ドニーのカッコいい死にっぷり!
映画の中に2回クライマックスがある、とにかく奇蹟的な仕上がりに。
ただ、ドニーはその後もなかなか役に恵まれず、イップマンに出会うまで今作から20年以上もかかっているんです...。
香港功夫片では、最高傑作と言ってもいいかもしれない。同じ90年代に作られた、ウォン・フェイホン物の酔拳2よりもドラマが深いと思う。
いつかジェット・リーがスクリーンに帰って来てくれることを祈ってます。
優男

優男の感想・評価

3.7
南派少林洪家拳•••飛び蹴りを何十発も叩き込む!!
南派少林十字拳だと思っていました(笑)
この技は未だに大好きです!!
格好いい!!👍
内容は全然覚えてません(汗)が、この技は忘れられません!!

でも、1か2か忘れてるので観直そう💨
シリーズ2作目。よく言われているがこれが最高傑作なのは間違いないだろう。
カンフーシーンにこれでもかと詰め込まれたアイディアと、それを実際に表現してしまう身体能力。香港映画って楽しい!
余談だが、ドニーイェンの操る布棍はGガンダムの東方不敗が使うマスタークロスの元ネタとなっている。他にはスウォーズマンが元ネタとなっているので、Gガンダムファンの方は是非。
itch

itchの感想・評価

4.5
二作目!これが一番好きかも

どっさり盛り込まれた前作のおかげで予備知識はばっちり
話もすっきり纏まっていてよい!
リンチェイのフェイフォンもすっかり板につき...はいいのだけれど
前作の弟子達がいないのはちょっと寂しいところ
ラスト、ドニー・イェンとの対決シーンは圧巻!!
ツイ・ハーク×リーリンチェイの黄飛鴻第2弾。黄一門VS白蓮教。前作よりコミカルさが増し、ラブも増量(ロザムンド・クァンが美しくも可愛い。しかも叔母)。じゃあ軽いかといえば、アクションも冴え渡り、リーリンチェイ×ドニー・イェンの対決は歴史に残る名勝負!熊欣々は教祖様で登場です!リーリンチェイの弁髪、裾捌きが素敵で惚れます〜。
moto

motoの感想・評価

5.0
ジェットリーがリーリンチェイだった頃、彼はやろうと思えば多少、空も飛べたんじゃないかと思っていて。まさにリアルドラゴンボール。全盛期の輝きと作り手の美学が生み出したロストテクノロジー。危険な映像が封印されている。
滝和也

滝和也の感想・評価

4.0
激突!
ジェット・リーvsドニー・イェン!

神速の蹴激!無影脚勝つか?
変幻自在の棍!布棒術勝つか?

清朝末期!混迷極める広州に
天地を切り裂くクンフー大戦
が今!始まる!

「ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱」

これは必見ですね(^^) 今をときめく2大クンフー・スター、ジェット・リーとドニー・イェンの共演!しかも対決を余す所なく描くと言う(^^)黄飛鴻(ホン・フェイファン)シリーズの第二弾!

ホン師父(リー)は弟子のフーと通訳としてイーさんを連れて広州で行われる医学会に向かう。だが広州は異人排斥を掲げる白蓮教による暴動が激化していた。医学会で出会った孫文、革命分子を守りながら、ホン師父は白蓮教、朝廷の刺客と戦いを繰り広げる!

前作を上回るハードな展開で激闘が次々に繰り広げられます。見どころはやはりジェット・リーの凄まじい体術。白蓮教団に突入しての多対一、正に無双を魅せてくれます。そして教団の長との一騎打ち。見事なロープワークによる空中戦を展開。

そして、何より朝廷の提督役、ドニー・イェン師匠との対決。ドニーさん得意の棒術が冴えを魅せる序盤の戦い、そして…巨大な布をぬらし、棒のように絞り棍として使う布棒術を操り、ホン師父を窮地に追い込む決戦。時に棒、時にハンマーの如くの変幻自在な武器なんです。もう正にマスタークラスの至高の対決にもう大満足です。狭い対決せざるを得ない空間で高低すら使い、工夫ある対決をお腹いっぱいになるまで魅せつけてくれます(^^)

兎に角二人共若いですから、もう動きが速すぎて見えないレベル(笑) まさに神速の対決ですよ。ただ少林拳のマスタークラスであるジェット・リーの万能ぶりには驚きますよ。どんな武器、場所でも動きが鈍らない。

後楽しみ方として、ドニー・イェンのポジションが面白い。今作では辛亥革命の父、孫文を狙う朝廷の刺客なんですが、先日書いた「孫文の義士団」では真逆の役、孫文を守るために命を掛ける役なんです(^^) これだけ逆の役をやるのも珍しいですよね(^^)

因みに今回弟子のフー役は前作のユン・ピョウから変わってます。完全なコメディリリーフ役で、格のあった方に変わってますので違和感は無かったです。イーさんは変わらず可愛いあの方のままですが、ウザさも変わらないかな(笑)コメディリリーフなんだけど。

クンフー映画好きならこれはやはり必見です。二人の対決に刮目せよ!ですね(^^)
>|