伊賀忍法帖の作品情報・感想・評価

「伊賀忍法帖」に投稿された感想・評価

渡辺典子デビュー作にして3役。

脇役も個性的。

お色気シーン有り。
たくや

たくやの感想・評価

1.5
原作未読ではありますが、原作通りだとすると何も戦国時代の時代考証が出来ていない。伊賀忍者とはとてもじゃないが関連性があるとも思えず、ストーリーに伊賀と関わりがあるシーンもなくエロいしグロいし時代劇とは思えず。特にエロチックな女裸シーンが多く、このエロが何を意味するのか不明。
僧兵が東大寺を焼き討ちにするシーンはお金が掛かっているそうですが、後半から終盤の展開を思えばそんなシーン必要なのか疑問しかない。
ナベ

ナベの感想・評価

3.0
地上波放送録画してたのをようやく観賞。

何気に初観賞になるんだよねぇ。

やっぱりこの頃の真田さんはキレッキレで良いですね❗
サニーもカッコいいし😌

なにより妖僧のストロング金剛の肩に乗る蛾次郎さんが良い味出してて良かった😁

東大寺炎上シーンもCG無しであそこまでやるんだから凄いの一言につきますね。

山田風太郎先生原作はやっぱ良い❗
hisashi

hisashiの感想・評価

3.9
アクション、特撮、カット割りが素晴らしい。
結末はちょっとよく分からなかった。
マサ

マサの感想・評価

3.0
ヒロインが双子だったり首が入れ替わったりで、忍法に化かされてるかのように複雑。城からダイブ→空中捕獲連れ戻しからのあの展開は中々の衝撃だった。忍法帳とあるが敵側は使うけど主人公はほぼ使わなかった気も…。ワイヤーアクションが見せ場なのかな。真田さんも中尾さんも若い!
yasutaka

yasutakaの感想・評価

2.5
おぽんち忍法 〜5人の僧達はとっても仲良しの巻〜

妖術師、果心居士の作る惚れ薬を巡る者たちの話。
薬を作るために愛する人を殺された主人公、仇を打つぜ!って話から。
「あ、顔の似てる人発見!」「よっしゃ守ってやるぜ!」
そして話は真実の愛の話になるのであった!

始まりのなかなかムーディーなナレーション。
「人は何故戦うのか…口では平和を唱えながら…なぜ…」
ってそんな深い物語だったかしら…それもまた深み。

80年代の独特のワイヤーアクション
鮮烈な赤の血糊がとっても素敵で物語にぴったり!

みんなワイワイ。
果心居士の5人の部下の僧達はニコニコしてとっても仲良しだった!
戦国時代、彼女を謎の怪僧に殺された男が復讐のため立ち上がる‼︎

真田広之主演のSFX要素も入ったアクション時代劇。
ストーリーはシンプルで特撮もそれなりに入っていたのは悪くないのだが、いまいちテンポが悪くちょっと退屈な出来になっていたのが残念だった。
無難にアクションだけが楽しめる映画だったかな。
りんご

りんごの感想・評価

5.0
予想以上に乳放り出し映画。
面白かった。

氷点の頃の優男っぽいミキティを感じた。
takuma

takumaの感想・評価

4.2
真田さん若い!(笑)
NARUTOペインのモチーフ?らしき妖術僧たちも出て来たりして少しテンション上がった。
時代物、侍や忍者物はやっぱり日本の作品がしっくり来る。
真田さんは案外忍者ぽくない。強いけど。
ストロングさんとの一騎打ちの決着がよく分からなかった。
あの手刀を自分ではなく敵に使えば余裕だったのでは?!