パブリック・アクセスの作品情報・感想・評価

「パブリック・アクセス」に投稿された感想・評価

アー君

アー君の感想・評価

3.2
昔レンタルで観たけどブルーレイ出ないかな? 主人公の肉体の撮り方をみると監督の若気の到りがございます。
アール

アールの感想・評価

3.0
ブライアンシンガーが変態であることがわかる作品。
ユージュアルサスペクツを観た直後に新宿の映画館で観たと記憶している。
その後のブライアンシンガーの作品は変態が撮ったものとして観ていたので、例のスキャンダルなどはまあ当然のことのように思っていた。
ある田舎町に男がやって来て、ケーブルテレビの番組を持つ。
「アワータウン」というタイトルで町の住人から直接電話を受け、町の問題は何かを語ってもらう。

そうやって住人たちの間に波風立てるような状況に導いていく。
で、ついに殺人事件が起きる...みたいな話を、
大した盛り上がりもなくネチネチと、雰囲気出してる風に進めていく。

ユージュアルサスペクツで期待し過ぎちゃったんだな、きっと。
うん。これは自分が悪い。多分。
リコ

リコの感想・評価

-
「テオレマ」をひとつの町単位でやったら、こんな成りましたという感じの映画。
Naoya

Naoyaの感想・評価

1.9
アメリカの小さな町にやって来た男は、ケーブルテレビのゴールデンタイムを買い取って、“この町で何が悪いのか?”という視聴者参加番組を始めた。ブライアン・シンガー監督のスリラー作。一人の男が、小さな町に歪みを起こし、変化していく様が描かれるが、盛り上がりに欠け、地味。不穏な空気感は出ているが、その不穏さが悪い意味で不穏さを残し、エンタメ性が弱い。男のカリスマ性も特にない。つかみは良いが、その後の展開の見せ方が残念。(VHS)
masa

masaの感想・評価

3.8
1回目 渋谷シネパレスにて。

2回目 VHSにて。初回よりも面白かった。
何事も予備知識入れず期待もあまりせずに見るのがいいよね、と思い出させてくれる映画だよ。
ユージュアルサスペクツを初めて見た十数年前
その傑作を撮ったブライアン・シンガーの監督デビュー作ってことでこの作品を観た当時の僕はまだ中学生
こんなに退屈な映画がこの世にあることを知った13の夜

あなたにおすすめの記事