シティ・スケープの作品情報・感想・評価

シティ・スケープ1966年製作の映画)

CITERAMA

製作国:

上映時間:1分

3.7

「シティ・スケープ」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.7
車、車、車、車、車…

色々な形の「車」…可愛い…♡

走る、走る、走る…どこまでも…(笑)

遠近も感じられて…
この短編、面白い…♡

優しい「絵(作画)」も…好き…♡
終わりの「音楽」も…可愛らしくて…好き…♡

…昨夜、一回鑑賞していたんだけれど…
繰り返し観たくなって…(笑)
今朝まで…レビューを控えていた…(笑)

可愛いよ…この短編…♡
私、好き…(o^^o)

YouTubeにて鑑賞…☆

原題+1966で検索…♪

…来週、夫が一時帰国…
昨日の午後…家事、頑張り過ぎた…(笑)
…直ぐに「腰」にくる、最近……やだ〜(笑)
今日は、月一行事、そして劇場へGO…
頑張った分…楽しもう〜(笑)
エンジョイ〜(o^^o)
シランクス同様に、砂絵アニメーションに思い出深いことがあってそれを思い出させてくれる。

DVDを購入して良画質で再鑑賞。
青二歳

青二歳の感想・評価

4.3
ライアン・ラーキンの木炭画アニメーション。“ライアン・ラーキンの世界”('04)では「自分の姿を描いた。ボブ・ディランのような格好で田舎から都会に来た少年だ。私をシンボルにした自画像だったんだろう。」と振り返っている。
ひとつのフレームで描いた絵を消しては描きたし、消しては描きたし…と作られた木炭画のアニメーション。これがデビュー作かぁ…
動かすことについてはまだぎこちないように見えますが、これも面白いなぁ。木炭画ならではでしょうけれど、白黒のコントラストで事物の境を設けず、輪郭の柔らかさがいいですね。少年の視点からみた都会の世界なのでしょう。