パラサイトの作品情報・感想・評価

「パラサイト」に投稿された感想・評価

ウタ

ウタの感想・評価

3.9
色んな王道を程よくミックスさせた感じ。
そして凄くテンポ良く話が進むので引き込まれていく。

普通に面白かった!
グランドで雨を浴びているシーンはちょっとトラウマ。
Haman

Hamanの感想・評価

3.3
ボディスナッチャーものって疑心暗鬼が常だけど、ティーンを主人公にすると一気に大人に対する反抗期映画になる。そんなブレックファスト・クラブな面々でお前が脱ぐんかいな展開も良かった。
寄生体はシャブが弱点で、身の潔白を証明するためにシャブ打ちながらシャブで戦う。シャブやってたあの歌手もあの野球選手も実は寄生体と戦っていたのかもしれない。
簡単に言うと「ボディ・スナッチャー」(侵略もの)+学園ムービーなのだけど、サスペンスの盛り上げ方や鬱屈した青春を送る登場人物たちのキャラクター描写がベタだけどなかなか悪くない。脚本にウェルメイドな上手さがあって、最後まで退屈せずに見れる。ラストのボスキャラとの対決場面も「ギャハハ」と笑いながらも手に汗握る感じで○。
VERDE

VERDEの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョシュ・ハートネット演じるジークがひたすらカッコいい映画。

本来こういうキャラは嫌いなのだがジークはなんか憎めない。カッコいい。

ボスが死ぬとみんな結局元通りになるので見終わった後は青春映画を見ていた感じになるハッピーエンド。これはこれでいい。
暗い映画ばかり見ているのでたまにはこういう映画も見たくなる。

キャストが豪華であまり映画を知らない自分でも「あっ、あいつおるやんけ。」となる。
スラ

スラの感想・評価

3.5
-−いつもと同じような高校が1日半で
謎の寄生中(エイリアン)によって
先生も生徒も人格が変わり
襲ってくるようになる。
弱点を見つけ、寄生されてない仲間達と
立ち向かう話。


ストーリ仕立ては、ドラマを見ているようにうまく構成されていたので満足感がある。
俳優は、イライジャウッドや
キムタクが出演したフランス映画に出演していたジョシュハートネットも
主要キャストとして登場していた
gunslinger

gunslingerの感想・評価

3.9
ジョシュ・ハートネット:懐かしい
イライジャ・ウッド:懐かしい
クレア・デュバル:ちょっと好き

中学生くらいの時にテレビで見てハマった映画。クレアは"アルゴ"に出てきます
kenken

kenkenの感想・評価

3.5

hulu.

水分命の化け物に寄生されて
人が脅かされる話!

学校から感染が始まり
少しずつみんなの動きが不気味に!
ど定番の陰キャラが活躍という展開だけどなかなか面白かった〜笑
だーま

だーまの感想・評価

4.0

気づかない間に友達が化物に。
もしそうなら外に出たくない。

隣のババアは化物。
斜向いの新婚夫婦も化物。
気の良いジジイも化物。
町内全員が化物。

こりゃ引き篭もるわい。

でもイライジャ・ウッドは違う。
勇気を持って敵に立ち向かう。

だからこそ、
『ロード・オブ・ザ・リング』に出れるのだ。

『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』から
何十年経ってもこの手の作品は根強い人気がある。

当時の最新CGでモンスターを
よりキモく見せた作品でもあるので、
その辺も注目したい。

昔、よく金曜ロードショーでやってたが
もうやることはないんだろうね。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

3.6
分かりやすすぎるB級ホラーだったけれど、主人公のおっちょこちょい感が緊張感を煽って良い感じだった。
そしてヒロインめっちゃ美人だなあメガネもいいなあって思ってたらミア(ワイスピ)かよ!!若すぎでした
MEK

MEKの感想・評価

5.0
その生物は水を介して寄生する…

あ~~~どうしよう、だいすき;;
仲良くなかったいろんなタイプの学生ちゃん達がね、協力して敵に立ち向かうのがあっつい
水分補給だいじ💧💧💧
いちいち薬物で検査するの笑う
90年代ティーンホラー、最後の最後に楽しい音楽で殴ってくるのほんとだいすき。だいすき。
>|