ブロブ/宇宙からの不明物体の作品情報・感想・評価

ブロブ/宇宙からの不明物体1988年製作の映画)

THE BLOB

製作国:

上映時間:95分

3.6

あらすじ

それは、ただ飢えを満たすためにやって来た。それは、執拗に、ただ喰うために襲う。 58年に製作されたスティーブ・マックィーン主演『マックィーンの絶対の危機(ピンチ)』をリメイク。チアリーダーのメグ(S・スミス)とアメフト部のポール(D・リーチ)が初めてデートに向かう途中で、飛び出してきたホームレスの老人はねてしまう。その老人は、墜落した隕石から飛び出してきたブヨブヨした物体を手につけていた。老人…

それは、ただ飢えを満たすためにやって来た。それは、執拗に、ただ喰うために襲う。 58年に製作されたスティーブ・マックィーン主演『マックィーンの絶対の危機(ピンチ)』をリメイク。チアリーダーのメグ(S・スミス)とアメフト部のポール(D・リーチ)が初めてデートに向かう途中で、飛び出してきたホームレスの老人はねてしまう。その老人は、墜落した隕石から飛び出してきたブヨブヨした物体を手につけていた。老人を追いかけていた不良のブライアン(K・ディロン)とともに病院に向かった二人だったが、老人が殺され、メグの目の前で最初に見た時より大きくなった物体にポールが飲み込まれてしまう。メグはブライアンに一緒に調査をしてほしいと依頼する。ダイナーで物体からの攻撃を何とかしのぎ、隕石が落下した場所へ向かったブライアンとメグは、防護服に身を包んだ政府生物研究班のメドウズ博士(J・セネカ)から、宇宙からの細菌に感染している可能性があるため、町の住民を隔離すると告げられる。しかし、その頃既に何人もの人間を飲み込み、巨大化した物体は町で人々を襲い始めていた・・・ 脚本フランク・ダラボン(『ショーシャンクの空に』)が贈る80年代屈指のSFパニック・ホラーの決定打!

「ブロブ/宇宙からの不明物体」に投稿された感想・評価

苺

苺の感想・評価

3.2
アメーバ状の物体に飲み込まれて殺されてしまう話。
古いわりに結構面白かった記憶。
飲み込まれたあとも透明だから人が見えるのがなかなかリアル。
アメーバ状だから何処からでも入り込めるドキドキ感!
キャラが立ってるし伏線も上手い。こういうのは何も知らない状態でテレビの洋画枠でみたいね
ずばり隠れ名作
SF好きならみておくべき作品

あらすじは
隕石落ちてきて、その中には謎のアメーバ状の物体ブロブがいた
ブロブは人間を取り込んでどんどんでかくなっていく…

みたいな感じです

80年代の映画なので、多少は安っぽく見えるのはやむを得ないですが、でもCGなし(?)にしてはすごい迫力あったと思います

最初からいろいろと伏線あって、よくできてるなーと思いました

おきまりの女子供は死なないというパターンはガン無視でした

最後の救われないオチは嫌いじゃないです

この作品を進めたら趣味悪いねって言われること間違いなしですが、私はあえて推します!未見の方はぜひ!
ぺ

ぺの感想・評価

4.2
正直リメイクだからと言って甘く見ていた。前作は50年代ということもあって展開がスローで見ててかったるい部分があったけど今作は脚本にフランクダラボンがいるおかげか最後まで気持ちよく見れる。
エイリアンの捕食シーンはバリエーションが豊富で毎回新鮮。次は誰がどんな殺され方をするんだろうとずっとハラハラできる。
最後の取って付けたような下りもB級感がして好き。
非常に楽しかった。
yn

ynの感想・評価

3.0
ザB級。スライムが人を溶かしまくる。
人を溶かしてドロドロになる描写は結構しっかり作っている。
なおき

なおきの感想・評価

3.0
やっぱり昔のB級映画って、いいですね。
70年台80年台90年台と言った昔ながらの映像は味があって個人的に好きです。
昔のアメリカの街並み、特に都会から離れた発展していない場所はノスタルジックというか言葉には出来ない懐かしい気になります。
ストーリーはのっけからアメリカ感全開のスタートで、B級映画好きにはこりゃぁ、たまんねぇや!!と言えるでしょう。
多少グロい表現はありますが、そうなる過程は一切ないので、痛そうなのが苦手だけど、グロいのは大丈夫という人も安心です。
kazuuu

kazuuuの感想・評価

3.5
午後のロードショー。それは普段親が見せてくれないような恐怖、そしてエッチな映画を見ることのできる少年たちの夢の番組であるが、彼らにトラウマを植え付けることもある番組である。本作は、観た当時小学生だった私にとってはトラウマだった。

今みたらどう思うんだろうと懐かしい気持ちで鑑賞。あの頃は恐怖でしかなかった本作も、今みれば普通に面白いよくできたB級映画だった。

ズルズル動くゼリー状の生命体が、次々と人を溶かして飲み込んでいく。人がやられるシーン一つ一つがなんと記憶に残っており、鑑賞中は「あーこいつはここのシーンで死んだのか。」「この人はこういう殺され方だったのか」など、バラバラなパズルの答え合わせをしている気分だった。今でも覚えているってことは、当時は相当衝撃的だったのだろう。チャンネルを変えながらも、先が気になりまた戻す行為を繰り返していたことを思い出した。

僕にとってはそんな懐かしい気分になれる映画です。
骨太郎

骨太郎の感想・評価

4.1
多分王道(だと思う)モンスターパニック映画、序盤からどんどん化け物に呑まれて死んでいくし呑まれ方も豪快というか迫力があってとにかく楽しい映画だった
なにこれ面白い
1988年のホラーだけれど、抑えるところはちゃんと抑えて、ユーモアもあり残虐性もあり
この人は死なないだろうという人もどんどんやられるお祭り騒ぎ

子どもの頃に見たかった!
A

Aの感想・評価

3.3
幼い頃に祖父と見てトラウマになったくらい怖かった映画です。
今になったらそんなに怖くないと思いますが子供の頃は本当に食べられると思って、理科の実験で作ったスライムを即捨てました。
あの頃はめちゃくちゃ怖かったけどラストはあっさりしてたしストーリー的にはどうなんだろうって感じました。
>|