ブロブ/宇宙からの不明物体の作品情報・感想・評価

ブロブ/宇宙からの不明物体1988年製作の映画)

THE BLOB

製作国:

上映時間:95分

3.6

あらすじ

それは、ただ飢えを満たすためにやって来た。それは、執拗に、ただ喰うために襲う。 58年に製作されたスティーブ・マックィーン主演『マックィーンの絶対の危機(ピンチ)』をリメイク。チアリーダーのメグ(S・スミス)とアメフト部のポール(D・リーチ)が初めてデートに向かう途中で、飛び出してきたホームレスの老人はねてしまう。その老人は、墜落した隕石から飛び出してきたブヨブヨした物体を手につけていた。老人…

それは、ただ飢えを満たすためにやって来た。それは、執拗に、ただ喰うために襲う。 58年に製作されたスティーブ・マックィーン主演『マックィーンの絶対の危機(ピンチ)』をリメイク。チアリーダーのメグ(S・スミス)とアメフト部のポール(D・リーチ)が初めてデートに向かう途中で、飛び出してきたホームレスの老人はねてしまう。その老人は、墜落した隕石から飛び出してきたブヨブヨした物体を手につけていた。老人を追いかけていた不良のブライアン(K・ディロン)とともに病院に向かった二人だったが、老人が殺され、メグの目の前で最初に見た時より大きくなった物体にポールが飲み込まれてしまう。メグはブライアンに一緒に調査をしてほしいと依頼する。ダイナーで物体からの攻撃を何とかしのぎ、隕石が落下した場所へ向かったブライアンとメグは、防護服に身を包んだ政府生物研究班のメドウズ博士(J・セネカ)から、宇宙からの細菌に感染している可能性があるため、町の住民を隔離すると告げられる。しかし、その頃既に何人もの人間を飲み込み、巨大化した物体は町で人々を襲い始めていた・・・ 脚本フランク・ダラボン(『ショーシャンクの空に』)が贈る80年代屈指のSFパニック・ホラーの決定打!

「ブロブ/宇宙からの不明物体」に投稿された感想・評価

『マックイーン絶対の危機』のリメイク作品。
キャスティングが微妙なおかげで、誰が死んでもおかしくないから、ハラハラ度が上がった。
B級パニックとして十分に及第点。
miiya

miiyaの感想・評価

3.9

アメフト部
チアリーダー
スライムみたいな人を喰うやつ

全ての設定の 典型的な 古めかしさと
blobの手作り感満載のデティール。
大好物。

喰われ方が容赦なくて残酷!
特に、喫茶店みたいなところで従業員の人が掃除中に飲み込まれたのがすごいインパクトだった。

寄生獣みたいなのにほぼ 知能ないblob最高

やっぱ ホラーはこうじゃないと!
手作り感と少し笑えるくらいが最高!
らいあ

らいあの感想・評価

2.5
子どもの頃のトラウマ。これ以来、スライム状のモンスター映画がちょっと苦手。
それほど何度も見てはいないはずなんだけど、車のカップルと洗面台ウワァァ、映画館を襲撃する巨大化したブロブは今でも覚えてる。
映像のクオリティも高かった記憶があるので、今見ても面白いのでは。
しょ

しょの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気とかはB級っぽいものの意外と伏線がしっかりしてる良作
終わり方もダークでイイネ

主人公っぽいやつが秒でやられたり子供がやられたり予想外の展開多めで意外とハラハラした

あとは保安官に電話したら留守で、飯食いに行ってるよ~って言われた直後に死体が出てくるのは急展開すぎてびびった

いいやつもわるいやつも子供も見境なくやられるのが清々しい

スライムというかスライムにやられた人々はCGを使わずに表現してて個人に的には味があってすき
このへんは遊星からの物体Xみたいな感じ

ただ一部ポリゴンショック的なシーンがあって目が疲れる…
てんかんの発作持ってる方は注意したほうがいいです

あと字幕で「shit!」を「うんち!」って訳してるのはなんか笑ってしまった
間違ってはないけども…

エンドロールのLAメタルっぽい曲もよかった
Tomoo22

Tomoo22の感想・評価

3.5
適度にグロい○
死に方も、溶け方も恐ろしい◉
時々の手作り感◉

スライムが途中から エイリアンの様な内臓の様な…
このわけのわからない敵というのは、どうなんだろうと思ったが、なかなか面白かった。
chnhmn

chnhmnの感想・評価

3.6
侮っていたけど捕食するシーンや溶けた人や見せ方、演出が気持ち悪くて良かった◎ベタな弱点や展開も期待通りで◎設定的にも液体の化け物ってあんまりないような。

ぼくの大好きなスティーブマクィーンの作品のリメイク版という事でしたがそちらはまだ観てないので今後機会があれば◎
ハテナ

ハテナの感想・評価

3.1
・食べた分だけでかくなる
・シンプルな弱点
・アホな対処班
と、お約束をしっかり押さえてきてるあたりは名作。

観た日:2017/05/02
やっと観ました、ピンクのでろでろスライムちゃん!

これは面白い(* ̄∇ ̄)ノ

ぬったらべったらしたブロブが、人を飲み込みどんどん巨大化!
しかも食べられた人は、ブロブの中でしばらく生きてるの♪
それがまた溶けてでろりんちょなのが素晴らしいww

これぞ傑作☆



田舎町アーバービルの森に、宇宙から謎の生物が落ちてきた。

"それ"は人を食べて巨大化。
町にやって来て、さらに大暴れを開始する……



お前、主人公じゃなかったんかーい(笑)
と、『ディープ・ブルー』的びっくり展開から始まるこちら♪

ゴムは"さざ波"でね。

と、ちょっぴりエロも挟みつつ、とても良いタイミングでブロブちゃんが暴れまくる!
老若男女、片っ端から喰うのがいいね(//∇//)

そしてどんどん巨大化☆
とんでもない大きさでべったらべったらしてるのが可愛い~

そんなブロブちゃんに立ち向かうヒロインは、なんと『SAW』のアマンダ!!!!
清楚なお嬢だけど意外にやる、素敵なヒロインでした~

主人公はマット・ディロンの弟ケヴィン。
いかにもな時代を感じさせる不良姿が良いw
こういう一匹狼キャラ好きだ( ´∀`)

テンポも良く、キャラクタも個性的、何よりブロブちゃんの容赦無さが最高の逸品!

これはポチらねば!!!
村八分

村八分の感想・評価

3.4
「遊星からの物体X」もそうだけどやっぱリメイクはこうでなきゃね
31monks

31monksの感想・評価

3.1
安っぽい作りのわりに見どころが結構あって、面白いんだけど一時間半にしては長いと感じた不思議な映画。牧師がボス役の続編も見たかったな。
>|