劇場版カードキャプターさくらの作品情報・感想・評価

劇場版カードキャプターさくら1999年製作の映画)

CARDCAPTOR SAKURA THE MOVIE

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

「劇場版カードキャプターさくら」に投稿された感想・評価

この映画かは分からないけど、母と観て楽しかった思い出。
内容覚えてない。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.1
つくづく苦手なCLAMP作品。しかし今作を見ると売れたのもよく判る。さくら・知世を含めキャラクターの萌え度の高さは認めざるを得ない。苺鈴もショタキャラの小狼ですら可愛い。当時の大きいお兄さん達が萌え狂っていたのも納得だ。

福引きで当てた香港旅行で魔導士と戦う話。苺鈴・小狼の母とも因縁があった相手で、カードの持ち主だったさくらが狙われることとなる。
返還直後の香港で、まだイギリス統治時代の名残が大きかった頃の風景だね。それも見所の一つ。

こめん。やっぱりそんな好きじゃないから書くことがあんまり無いわ。
Oscar

Oscarの感想・評価

3.6
割と普通の香港旅行話。
小狼がさくらちゃんに頬を赤らめない時期って割と久しぶりすぎて最初「およっ?」ってなったのは秘密。
途中小狼が真っ先に苺鈴ちゃんを助けに行くのはエモエモのエモ。
ていうか元気な苺鈴はいつ見ても元気になれますね。

あとCCさくらの劇伴はいつもいいっすね。心がワクワクするっていうか。
そして最後の知世ちゃん、その髪型は卑怯。無理。死ぬ。やめろ。死ぬ。
何年経っても最強のロリキャラよなぁ……
wabimoo

wabimooの感想・評価

-
カードキャプターさくらの側から90年代の香港を描いてくれてマジでありがとう
U

Uの感想・評価

4.2
魔の気配がするこの香港がたまらなく好き。EDの「遠いこの街で」は名曲。
たな

たなの感想・評価

3.3
全体的に雰囲気が不気味で小さい頃は苦手だったけど今なら楽しめる。 
アローの見せ場と小狼ママがかっこいい。
香港行きたい。
私が小学生の頃のどハマりしてみていたカードキャプターさくらちゃんの熱が再燃し、当時から観たかったけどビデオ屋さんになくて諦めていたものをついに鑑賞。

敵が優れた魔導師という設定の割に絶叫系の戦闘狂であまりハマらなかったけど、街の描き方が好きで香港に行きたくなった。
Mikaぽむ

Mikaぽむの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

さくらちゃんの心の優しさに目から真珠。

好きな人がいなくなったら嫌だよね、悲しいよねってところで、
敵がはっとなって、キラキラして消えていく所はめっちゃ綺麗。




香港が舞台なのもとてもいいし。
チャイナドレスきてる苺鈴ちゃん知世ちゃんさくらちゃんがとてもカワユス。
ぽぽ

ぽぽの感想・評価

4.2
初めて観た時は微妙かもって思ってたけど何回も観てるうちに評価上がった。
Melko

Melkoの感想・評価

3.7
元々さくらのファンで、漫画も全て持っててアニメも全話見て、劇場版2作とも公開当時に映画館で見てます。
2作あるうちの、こっちの方が自分は好き。香港という舞台がまず良い。
徹底したリサーチに基づく香港の再現性、構図を上空・地上入れ替えて繰り広げられるバトルアクション。
敵が恨みを根に持ってこじらせすぎてしつこいけど、その分とっっても中身がミステリアスで、特に夢の中で敵に襲われて、起きたら実際に腕に襲われた跡がついてたって場面が、子供ながら怖かった、当時…

知世ちゃんの作る香港仕様の衣装が文句なしに可愛い。

小狼のお姉ちゃんたちも良いキャラしてるけど、なによりお母さんが素敵。厳格なキャラなのに、すごい癒しボイス。ヒーリング効果がある。

大好きすぎて内容忘れられなくて、DVD買いました。
>|

似ている作品