劇場版ポケットモンスター/結晶塔の帝王 エンテイの作品情報・感想・評価

劇場版ポケットモンスター/結晶塔の帝王 エンテイ2000年製作の映画)

Lord of the "UNKNOWN" Tower

製作国:

上映時間:70分

ジャンル:

3.2

「劇場版ポケットモンスター/結晶塔の帝王 エンテイ」に投稿された感想・評価

やっぱりこうゆうシリーズ物のアニメ映画は初期の作品の方が良作が多いな。今作が割と評価されるのはリザードンとロケット団の使い方だと思う。自分も世代ど真ん中だから贔屓しちゃうなー。
今観て思うのは、タケシは全然岩タイプ使わないし、トサキントの声はセクシー過ぎる。
Mah0

Mah0の感想・評価

3.6
人生で初めて映画館でみた作品。
今はなき大宮ハタプラザで父親と鑑賞。
当時4歳だった私は、コナンとポケモンの二本が上映されていて、間髪入れずにポケモンと答えた記憶がある。
子供がインフルエンザなのに元気という親にとっては悪夢な週末を助けてくれるNetflix。

ポケモン映画も3作目、現実を受け入れられない少女の願いを無制限に叶え閉じ込め続ける結晶塔。
主人公達はそこから少女を助け出すために奮闘するのですがこのパターンの話しの元祖は何なのでしょう?
ライダー映画やジュブナイル系でよく見ますね。

1作目の不穏で挑戦的な作風からは真っ当な少年少女向けの映画になっています。
小さい頃に見た時は、なんでか凄く怖かったのを覚えてる。
たぶん自分の母親がこうなったらどうしようとか思ってたんでしょう。

ミイの葛藤とサトシの葛藤、それぞれテンポよく、わかりやすくまとめられてる。
久々にポケモンのアニメ見たけど、めちゃくちゃ可愛い。特にピカチュウとワニノコ。リザードン駆けつけてくるのは僕ら世代には熱いんじゃないかと。

あ、あとエンディング。
お母さん生きてたの!??ってちょっとびっくりしました笑
YukiTakagi

YukiTakagiの感想・評価

4.0
ポケモン映画の中で一番好きな作品。母と子の愛は偉大だなぁと幼いながら思ったあの頃を思い出す....
そして自己犠牲の愛にも感動。とても良い作品。
あけび

あけびの感想・評価

4.0
ポケモン映画の中で1番好きだったのを覚えてる。今見ても大好き。
けど大人になった今見ると、子供の時には理解できてなかったなあと気づく。強いテーマ性を感じます。
竹中直人さんがエンティの声宛てられてのか!すごくかっこよくて切ない。エンディングのイントロで泣ける。
最近のポケモン映画でエンティ(本物)出てるらしいから見てみようかな。
バトルが多い&なかなか見どころのあるバトルです。リザードンvsエンテイのシーンがかっこいい。
バトルだけで言えばポケモン映画1,2を争うんじゃないかなー
HK

HKの感想・評価

3.5
ポケモン映画3作目

クレヨンしんちゃんやガンダムWのリリーナなどを演じる矢島晶子さん演じるヒロインがとてもかわいかった。

また、前作ではちょっとヒステリック気味にサトシ達一行を心配していたママが今回はとても落ち着いていて拉致されても頼もしく、特に、ミーを思いやり抱擁するシーンは感動的であった。

また、前作よりも作画はとても綺麗で結晶塔の描写もポケモン映画独特の艶が入ってた。

とても良かったと思う。
じーんと心にくる作品だった。ママ…母親って強いなあって思った。
土壇場でリザードンが駆けつける胸熱展開が素敵です。
かっこいいぞ!

アンノーンも不気味で素敵です。
>|