劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王の作品情報・感想・評価

劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:70分

3.3

「劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王」に投稿された感想・評価

高田

高田の感想・評価

3.0
なんかアンノーンがいっぱいいて気持ち悪かった(ような気がする…)
記録。

物凄く好きな映画ですが、観たのが何年も前で記憶が…悲しいストーリーで私が観てきた映画の中では比較的暗いイメージが記憶に残ってます。間違ってるかもしれませんが…。
全然覚えてないけど小さい時におばあちゃんの家で姉弟と見た。覚えてるのはサトシのママが女の子に取られちゃうシーンで、そこがすごい嫌だった。
ポケモン、しんちゃん、ドラえもん、コナンはマークすると多すぎるので余りしてないけど小さい時は大体見てた。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.4
竹中直人の声がいい。
ポケモンバトルが多かったのでポケモンのゲームしたくなった。
ポケモンの適材適所感が良くできていた。
しぃ

しぃの感想・評価

1.4
エンテイイケメン。
でも毛が多いのは勘弁。

むかーし観たので内容ほぼうろ覚えだけど女の子守ってる感じの内容でした
あおい

あおいの感想・評価

3.7
心まで、閉ざしてしまう前に…

ポケモン劇場版3作目。去年の留学前からしばらくぶりのポケモン!エンテイこイケボは、竹中直人でした( ^ω^ )

◎ストーリー
考古学者のジュリー博士は、アンノーンの研究の最中行方不明に。一人ぼっちになってしまった娘のミーは、屋敷にこもり、ひとり伝説に出てくるエンテイに思いを馳せる。そんなミーの悲しみが絶頂に達した時、ついにエンテイは目覚める。ミーに寂しい思いをさせないために、屋敷を結晶で覆い、さらにはミーの母親がわりにサトシのママをもさらってしまう…

やっぱ初期ポケは、大人も楽しめる!どんどん殻にこもっていくミーも可愛そうやけど、ただ父になるために生まれたエンテイが切ない!「お前が信じてくれれば、私は何だってできる」、かっこよすぎる。

子を思う親の気持ち、子どもを守ってあげたいという素直な思う気持ち、それらが今作のテーマだと感じました。

話の大筋はほんまに問題なく楽しめます。ポケモンバトルの方はちょっと物足りないかな。でも今回のバトルは、ライバル倒すぜみたいなノリじゃなくて、諌めるための戦いということに重きを置いてたので仕方ない。

リザティックバレーのあいつが来てくれたのはアツイね( ^ω^ )あと、ロケット団があまりにも影薄くてわらう。

エンテイは、今回の主役ポケモンで登場しながら、去年の劇場版にも出てましたね。なんていっつもスイクン、ライコウはほっとかれるのか( ^ω^ )

主題歌は「OK 2000」で安定。ゲスト声優は竹中直人のほかは加藤あいでした。
同時上映は「ピチューとピカチュウ」なんですが、ナレーションを酒井法子がしてたため永久お蔵入りになったそうです。ふざけんじゃない!

ルキアよりは、またミュウツーよりの作品。十分感動できるので、ぜひお子様とご鑑賞を。

最近のポケモンは超ド級バトルから離れて、原点回帰目指してる感じがあるので、今年も楽しみです!

Netflix#29
adidasGIRL

adidasGIRLの感想・評価

3.3
久しぶりに鑑賞!
昔ほんまよく見た!
アンノーン!!
なかなかいい映画だな
変な目玉模様が、願いを叶えてくれるお話です(^-^)

冒険★★★
見易さ★★★★

ポケモン映画で一番好きです。
全体的にまとまっていて面白かったし、大ファンリザードン様...神...イケメン...最強最高...という感じでした。
最初のママと再会するシーンでピカチュウ思いっきりおっぱい揉んでた?!笑
さいごの本当のママ的な人がどんな立ち位置なのかは気になるが全体的にすごくよかった
ミイの想像の世界を駆け上がる場面は見入った。想像ならなんでもアリなので夢の中にいるみたいだった。前回のミュウツーに比べてかなり移動する。ミイの悲しみや孤独が少ないセリフでもよく伝わってくるかんじ。
>|