劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王の作品情報・感想・評価・動画配信

劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王2000年製作の映画)

上映日:2000年07月08日

製作国:

上映時間:70分

3.3

「劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王」に投稿された感想・評価

竹中直人かっこいい、けどロリータを誘拐してはいけないよエンテイ。
こども映画のクセにオトナを泣かせにかかっとる。

哀しくも勇敢なエンテイの声を
竹中直人さんが見事に表現しててすんばらしい。

あとミィちゃんはしんのすけ。
SWD

SWDの感想・評価

3.0
擬似親子モノとして面白かったけど、ポケモンである事の必然性をあまり感じなかったのと、ミイが結晶塔に引きこもることが=成長の否定であるという説明がもう少し欲しかったような。でも矢島晶子ロリと竹中直人エンテイのコンビは美女と野獣感あって良い。お前がママになるんだよ!
平田一

平田一の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ボクの勝手な印象ですが、今回は西欧のダーク・ファンタジーテイストで、一人の女の子の暴走が描かれた物語。当時はミイちゃんの行動に腹が立ったりしたんだけど、今見るとああしちゃった理由も分からなくもない。孤独って受け入れるのは簡単じゃないからね…

何よりミイちゃんの暴走が決して悪いことばっかりじゃないのを描いてくれました。自分の心が起こしたことなら、自分の思いで止められる。そう信じたミイちゃんの思いに応えたエンテイの"ミイ…!"って台詞と共に放たれた一撃が、昔見たより感動しちゃって、"ああ、これも好きだなぁ"って思っちゃいました。悔しいw

前回からサトシのママさん、大活躍しているし、竹中さんのエンテイも存在感抜群です!エンドロールの後日譚やリザードンの助太刀も、細かいところに至るまで、見せ場の連続だったなぁ。

ところで一つ気になった。

最後に出てきた女の人って、ミイちゃんのお母さん?もしかしてこれまでずっと、行方不明だったとか?

だとするとアンノーンの調査もそういうことだよね?
エンテイヤバイやつだったしアンノウンは何だったのか…(困惑)

タケシが旅の仲間に戻った(?)
ジラーチ見ようと思ったのに間違えて見てもた。笑
でも面白かった!リザードン欲しい!

かすみの足内股激しいから短パンはやめたほうがいいと思った。
Vol2

Vol2の感想・評価

3.7
ちょっとしたエロさがあると小さいながら感じたのだが、誰もわかってくれない。つらい。
バリ

バリの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

サトシのピンチに駆けつけるリザードンがかっこよすぎる。

アンノーンがめちゃくちゃ不気味。この作品のエンテイはアンノーンが生み出した偽物で、ミーの父親でもないのだけど、それでも自分を父親と思って接してくるミーの為に頑張る姿はちょっと応援してしまうかも。ママを拐われたサトシからすればたまったもんじゃないけど。

ミーのお母さん普通に生きてるのは映画のストーリーぶちこわしだと思う。
りさ

りさの感想・評価

3.5
エンテイがいいパパ、イケおじだったのがすごく印象に残っている。この頃のポケモンはポケモンなのに人の心を持っているあたたかいストーリーが多かったな。
RX24

RX24の感想・評価

3.0

サトシ、いつの間に色違いゲットしたんだ?アニメであったかな?

エンテイの扱いが他とは違うけど、なんかイマイチ。
リザードンは良い。
>|

似ている作品