劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王の作品情報・感想・評価

劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:70分

3.3

「劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.5
なぜミーちゃんの父親はアンノーンに神かくしされたのかがイマイチ謎。
リザードンの作画が生々しくって良い。

「たとえまちがいでも、私はあの子の願いを叶えてあげたい」という名言を聴くことができる。
まよい

まよいの感想・評価

3.4
エンテイかっこいいけどサトシママ取られちゃうのを小さい時に自分と重ねて泣いた
しお

しおの感想・評価

-
初めて映画館で観た映画。
内容は覚えてないけど、サトシのママがエンテイに連れてかれるシーンだけは覚えてる。
前2作に比べて印象には残りづらいものの「親子」というテーマを変化球でやったことや、伝説のポケモンらしく荘厳な雰囲気の世界観で魅せてきた作品だと思う。

アンノーンが作り出したミーの想像の世界をサトシ達がハナコママを助けるべく向かうところは目的が冒険じゃないのにどことなく冒険を見ているような気分なるしワクワクする部分である。

バトル描写は多いもののエンテイとのバトル以外は正直微妙な印象を受ける(目的が勝つことではない仕方ない面はあるが…)ところが惜しくはあるが、エンテイとのバトルでのリザードン途中参戦はアニポケ本編を見た人なら絶対喜ぶだろうし本編見た人なら期待は裏切らない作品だと思う。

ミーがワガママという意見もあるだろうが、たとえ間違っててもミーの願いを叶えようとするエンテイや、ミーとバトルを通じてタケシとカスミがミーに「何にでもなれるポケモントレーナーやジムリーダーにだって」と子供の願いや未来一貫して肯定していく今作の姿勢は子供向け映画としてはかなり誠実に感じる。

ポケモン映画全体の中でも語りづらさはあるが見ればちゃんと感動できるし特に親子で見るには向いている作品だと思う。
子供のわがままで大変なことになる話。
ポケモンバトルのシーンでテンションが上がり
子供がぐずぐず言ってテンションが下がる繰り返し。
きりん

きりんの感想・評価

3.9
エンテイが一生懸命父親として応えようとしてる所に胸を打たれた。
エンテイパパかっこいい…
ライコウスイクンよりエンテイ大好きになった
せっち

せっちの感想・評価

3.8
愛する人の為なら例え間違ってるとわかっててもやり通すし守り抜く。エンテイの漢気に万歳。そして愛する人に信じてもらえたら100%以上の力で頑張れる。いいね。あとリザードンの登場は激アツの展開すぎた。最高。

この頃のポケモンバトルしっかりやるのとロケット団の絡み方本当に好き(笑)エンドロールでさらに感動させてくるのずるいや〜
記録。

物凄く好きな映画ですが、観たのが何年も前で記憶が…悲しいストーリーで私が観てきた映画の中では比較的暗いイメージが記憶に残ってます。間違ってるかもしれませんが…。
全然覚えてないけど小さい時におばあちゃんの家で姉弟と見た。覚えてるのはサトシのママが女の子に取られちゃうシーンで、そこがすごい嫌だった。
ポケモン、しんちゃん、ドラえもん、コナンはマークすると多すぎるので余りしてないけど小さい時は大体見てた。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.4
竹中直人の声がいい。
ポケモンバトルが多かったのでポケモンのゲームしたくなった。
ポケモンの適材適所感が良くできていた。
>|