劇場版カードキャプターさくら 封印されたカードの作品情報・感想・評価

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード2000年製作の映画)

Cardcaptor Sakura - The Movie 2 - The Sealed Card

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

4.0

「劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード」に投稿された感想・評価

Ts

Tsの感想・評価

3.5
さくらちゃんが告白するまで、ずっと乙女チックでした。

少女ではなく、乙女。
AtoZ

AtoZの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

私がまだ10代だった頃に、単行本も買ったしクロウカード編は欠かさずみてた。桜ちゃんの目線は自分の目線。ああ、こうだったらいいのに。こんな事が起こったら素敵なのに。という空想を彼女に成って体験していた。
CCさくらは私の青春。それくらい大好きだったのに、時が経つにつれ、自分が成長するにつれて、自然と興味を失っていった。夢を見るのは終わりと言わんばかりに。

けれど、封印されたカードの再放送をNHKで視聴して、まぁなんというか、こんなにも「好き」って気持ちが素敵な事だったかと、頬を叩かれて目が覚めたよう。
歳を重ねすぎて擦れすぎて歪んじゃった自分が、なにやら歳を巻き戻すような不思議な感覚。
「好き」って気持ちの大事さと、その「好き」の中に包んだ、複雑なたくさんの気持ちをもう一度思い出してた。
浅香監督とさくら制作チームの皆さんには足を向けて寝られない素晴らしいセンスだと思う。

いやぁしかし、桜ちゃんと小狼くんの
少女漫画の王道って感じもいいんだなぁ~。
最初はいがみあって、張り合って、印象最悪だったのに。
あの子達がああなってこうなって、最終的に好き同士……ああ~…っ、かわいいなぁあ~………と、なってしまい、勢い余って新シリーズのクリアカード編を見始めてしまった。
これがまた良いのなんの。思春期真っ只中の二人をこれからも見守っていこうかな。今度はおかんの目線で!!
recchi

recchiの感想・評価

3.7
見ていて恥ずかしくなる映画ですがとても面白いです。
大好きと言って飛び移るさくらちゃんが本当に可愛いです。
クロウカード編、さくらカード編当時子どもでリアルタイムで観ていた世代としてはこの映画で終わって欲しかったかな。
さくらちゃんがたっっっっっっっぷり1時間半、小狼くんに想いを伝えたいな、でもやっぱり恥ずかしいし…、でも、でも………、てのを3万回くらい繰り返す映画です。

小学6年生のさくらちゃんと小狼の、溢れんばかりの可愛らしさと、作画の素晴らしさと、声優さん達の快演で1時間半なんとかもってます。
だからどちらかと言えば、かな〜り、おとなのお友達向け。ちびっこは飽きちゃうんじゃないかな。だって3万回でもでも繰り返してるんだもん。

渡辺はおとなのお友達なので、楽しめますよ。作画が鬼すぎるので、お話を楽しむってよりも動く絵画みたいな、そんな見方してる。
saki1

saki1の感想・評価

-
さくら最終回後のエピソード
最高にかわいい…最後のジャンプまじで…いい…映画だからか今までで一番戦ってる感あった
NAO

NAOの感想・評価

3.8
2018.04.08 on TV
-----------------------------------
ほぇ〜待ち
-----------------------------------
若干『ビューティフルドリーマー』を踏襲したさくら&登場人物達の魅力全部盛りの劇場版。TVシリーズよりも、作画、変身シーン、魔法のエフェクトがグレードUPしてるのも◎
気になったのは、TVシリーズの小狼→さくら→雪兎の構図が良かっただけに、小狼→←さくらの縦軸は個人的ちょっとうざかった。。それと物凄い速さの風呂敷閉じ、最後エピローグ欲しかったなぁ。
小西麗

小西麗の感想・評価

5.0
全て最高。
そういえば これでクロウの屋敷取り壊してたんだね、、
せい

せいの感想・評価

3.8
これもまたNHKの再放送にて。本当NHKさんありがとうございます。
これこそ小さい頃めちゃくちゃに見てました。暇さえあれば見てたと言っても過言じゃない。
でもやっぱり小さい頃に見てたのとは印象が違って、ああこんなに恋してる女の子が可愛いって知らなかったなあって圧倒されながら見ました。小狼に想いを伝えたいさくらちゃん、何か言おうとしてるのをずっと分かってて待ち続ける小狼が本当に可愛くて可愛くて!知世ちゃんと苺鈴ちゃんのサポートもさすが。おふたり本当に小学生ですか…?凄すぎです。
ラストの行っくよー!が可愛すぎるので何回でも再生したい。エンディング曲流れた瞬間、ああこれこれ!ずっと聴いてた!って懐かしくて涙が出そうになった。
私にとってはやっぱりさくらちゃんが一番の魔法少女で憧れです。
あり

ありの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

昔劇場で観ましたがさすがに18年も前じゃあ忘れてるなあ…

泣けます。間違いなく傑作。

18年も前の作品なの?嘘でしょう?全然色褪せてない。VHSビデオとかフィルムカメラとかが時代を感じさせるけど本当にそれくらい。

ともよちゃんのキャラがだいぶはっちゃけてるなあと思いました。そして苺鈴、お前はなんていい奴なんだ…!
定番ですが、さくらと小狼の邪魔をするケロちゃんととーや兄ちゃん、全てを察した上で見守るともよと雪兎。雪兎に関しては、「とてもは言ってない」というツンデレコメントが乙。
そしてどれだけ仲良くなったとしても苺鈴は「大道寺さん」「木之本さん」呼びを変えないのがまたいいね。
あと小狼はさくらの返事を決して焦らせずイライラもせずきちんと待ってくれるのがよいね。あんな気の長い良い子いないよ…

さくらの電話最中にケロちゃんがお菓子を貪り食うシーンや、挿入歌を挟んだ劇の準備シーン・黄昏シーン、さくら視点でチラッと小狼と目が合って照れるあの感じ、ともよのビデオカメラ越しにともよと苺鈴が会話するカットとか…いいシーンを挙げだしたらきりがない。全てのシーンに無駄がないし、細部にまで拘りが感じられる。遊園地のジェットコースターに乗るシーン一つとってもそう。それぞれのキャラの特徴がさりげなく描写されている(ともよはビデオカメラを持ったままさくらしか見ていないし、小狼は首がぐねぐね…)。

劇の小狼がとても大人っぽい。お姫様役だったあの小狼とは大違いである。

夜の遊園地の雰囲気がいい。ライトアップされている感じといい、戦闘シーンにもってこいのシチュエーション。
ドーム型に切り取られる攻撃が何ともくすぐられる。
個人的にはさくらと小狼の最後のコスチュームがとても好き。さくらと小狼で対照色でありながらそれぞれ落ち着きのある色合い、ベレー帽とブーツ、手袋という小物の合わせ方が秀逸。

封印し終わった後の小狼の真顔がどちらなのかわからなくてよい(笑)

「いっくよーっ!」
思いっきりジャンプするさくらと、待ってればもとに戻るからと止めようとしながらも照れる小狼がめちゃくちゃ可愛い。クリアカード編に入ってからは、焦ったり照れたりする小狼があまり見られなくなったのでありがたい。


どうでもよいですが、エリオルの家は遊園地建設により取り壊されていた…!?クリアカード編では復活している…
Mina

Minaの感想・評価

3.3
テレビアニメから桜ちゃんの成長を見守ってきた私としてはとても胸アツ!
もー早く告白して!と何度もうずうずしたけど最高にハッピーな終わり方に大満足!
本当に純粋で可愛くて頑張り屋さんな永遠に私のNo. 1魔法少女🌸💓
>|