劇場版カードキャプターさくら 封印されたカードの作品情報・感想・評価

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード2000年製作の映画)

Cardcaptor Sakura - The Movie 2 - The Sealed Card

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

4.0

主題歌/挿入歌

「劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード」に投稿された感想・評価

リバイバル上映で観ました。
懐かしい気持ちになりました!
さくらちゃんと小狼くんがかわいいです😊
kor

korの感想・評価

4.0
3歳と7歳の息子たちがクリアカード編にハマっていて一緒に鑑賞。
CLAMPさんに育てられたことを思い出した。エンディングへの入り方が絶妙!!
unico

unicoの感想・評価

4.2
小狼とさくらちゃんの恋模様が大好きな私にとってこの映画は最高
昔に見たけど、今でもたまに見たくなる
クロウカード編最終回後、6年生のさくらのお話。
最近のクリアカード編でたまに話題に出されてる「お姫様役をやった劇」はこの劇場版のこと。

さくらと小狼がラブコメしてる90分。
さくら可愛いなあ~の90分。

それにしてもともえだの子供たちはみんな育ちがよすぎて…。
こんなアニメを見てたんだから私ももう少しお上品に育つべきだった…。

劇をやってるシーンで、観劇してるさくらのお父さんがフィルム(らしき)カメラでフラッシュを焚くと、ともよちゃんのお母さんがクソァ…という顔をするのがとても…わかる…!

いま見ても全く色褪せない不朽の名アニメだと思う。
心がきれいになった。
あられ

あられの感想・評価

4.5
これまたリバイバル上映で鑑賞。
前回に引き続き映画館で観れると思ってなかったので、大分幸せでした。
小狼くんとさくらちゃんの劇のシーンはいつ見てもうっとりしてしまう…
私にとって今も昔も変わらない目線で見られる作品です。
うゆ

うゆの感想・評価

3.6
普通に可愛かった!昔好きでたくさんアニメ見てた気がするけどあんま覚えてないや
うみち

うみちの感想・評価

4.0
人気テレビアニメの劇場版。
なんだこの対象年齢をはみ出した切なさと感動は。

主にさくらちゃんの「嫌だもん」「大好きィ」にやられた。
あんなにいい子のさくらちゃんが
やだもん
っていう瞬間はみんなが恋をする
Ts

Tsの感想・評価

3.5
さくらちゃんが告白するまで、ずっと乙女チックでした。

少女ではなく、乙女。
AtoZ

AtoZの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

私がまだ10代だった頃に、単行本も買ったしクロウカード編は欠かさずみてた。桜ちゃんの目線は自分の目線。ああ、こうだったらいいのに。こんな事が起こったら素敵なのに。という空想を彼女に成って体験していた。
CCさくらは私の青春。それくらい大好きだったのに、時が経つにつれ、自分が成長するにつれて、自然と興味を失っていった。夢を見るのは終わりと言わんばかりに。

けれど、封印されたカードの再放送をNHKで視聴して、まぁなんというか、こんなにも「好き」って気持ちが素敵な事だったかと、頬を叩かれて目が覚めたよう。
歳を重ねすぎて擦れすぎて歪んじゃった自分が、なにやら歳を巻き戻すような不思議な感覚。
「好き」って気持ちの大事さと、その「好き」の中に包んだ、複雑なたくさんの気持ちをもう一度思い出してた。
浅香監督とさくら制作チームの皆さんには足を向けて寝られない素晴らしいセンスだと思う。

いやぁしかし、桜ちゃんと小狼くんの
少女漫画の王道って感じもいいんだなぁ~。
最初はいがみあって、張り合って、印象最悪だったのに。
あの子達がああなってこうなって、最終的に好き同士……ああ~…っ、かわいいなぁあ~………と、なってしまい、勢い余って新シリーズのクリアカード編を見始めてしまった。
これがまた良いのなんの。思春期真っ只中の二人をこれからも見守っていこうかな。今度はおかんの目線で!!
>|