悪魔を見たのネタバレレビュー・内容・結末

「悪魔を見た」に投稿されたネタバレ・内容・結末

他の映画でミンシクを見るたびにまたこれを観たくなる。
ツッコミどころはいくつもあるけど飽きずにまた観たくなるのは、インパクトのある画がとにかく盛り沢山だから。
静止画で脳裏に焼きついてる画を再生したくなる。

だけど何度観ても最大のツッコミどころに毎回腹がたつ。
簡単に殺したくない気持ちは分かる。こっちだって、しぶといミンシクをたっぷり見ていたい。
だけどまた身内やられてどうする!いくらなんでも舐めすぎ。
そうなっちゃったら復讐を肯定してあげたくても出来なくなる。
あの展開だけは止めて欲しかったなぁ。
悪魔と悪魔、夢の競演。胸糞に次ぐ胸糞。エロでグロ。何度観ても「この先どうなるの!?」って緊張してしまう。ミンシクさんは怪物。
いったい誰が悪魔なのか。体調と精神状態の良い時に観てください。
201905067
すっかりこの映画の存在を忘れててやっと見れた!

序盤は残忍で顔を背けたくなるレベルです。が、段々ヤバイ奴のオンパレードでシリアスさがなくなって吹き出すぐらいのレベルに💦

所々意図的に笑わせようとしてますね😅

チェ・ミンシクの演技力!
イ・ビョンホンが素晴らしい。婚約者の頭を見てしまった時の、「え?え?…え?」となっているところから、情け容赦ない復讐の鬼となっていくところ、全部終わったのにもかかわらず何らカタルシスのない、もはや泣いているのか笑っているのか狂っているのかわからない最後の顔まで、本当によかった。そしてそれに対抗する、ザ・人間の屑チェ・ミンシクが物凄い悪魔っぷり。この復讐が虚しいのは、こういう人間は本人の言う通り、苦しみも恐怖も知らず、もちろん反省なんかしないからだ。じゃあ殺された側はどうすればいいのだろう。めちゃくちゃ痛めつけてやったのにこれなら、じゃあどうすればいいのだろう。もう絶望しか見えないラストまで真っ黒な傑作だ。
イ・ビョンホンはそろそろ1回くらい幸せになってもいいと思う。知らないだけでどこかでなっていればいいな。
イ・ビョンホンの顔芸がすごい。
無表情でよくここまで感情を表現できるな〜って感心してたら最後の最後に溜めてたものを全部吐き出しやがった…ズルイよ…

私の中で唯一無二のホラーです。これを超える作品はもう無いと思う。

便利すぎる盗聴カプセルとかアキレス腱切ってるのに歩いてたりとか色々設定、考証が甘いところは残念。
これほどカタルシスの無い復讐劇は滅多にお目にかかれません。生々しい暴力描写やストレートに見せる汚物等々、韓国ならではのやりすぎ感には引いてしまうこともしばしばですが、この映画はそのやりすぎ感が作品の雰囲気に上手い具合に合っていました。見せるところは見せつつ、1を見せて10解らせるような演出。イ・ビョンホンとチェ・ミンシクの演技にも引き込まれるものがありました。
斬首直後には思考や感覚は多少あるらしいから母親の悲しむ声をギョンチョルは耳元で聞くことになった。
結婚したばかりの妻を殺された警察官が犯人に復讐する話。犯人は連続強姦殺人犯で、罪悪感なんてものは持たないクソ野郎なので、観てて「良いぞもっとやれ!!!」ってなる。

40分くらいで犯人特定してボコボコにしてるんだけど、そのまま殺さず発信機をつけて泳がし、犯人が再び殺人を犯そうとするたびに現れてはボコボコにする。それで2時間半…長い…

あと、ここでちゃんと犯人の行動を制御して、犯人が罪を犯す前に止めに入るんならいいけど、主人公が間に合わず被害者が増えていくので見ててとてもイライラした。

・殺人(被害者はタクシー運転手。これは乗り合わせた別の殺人鬼がいたけど、いなくても殺してたのでは)
・強姦(音聞いてたんなら被害者がフェラさせられる前に止めに入れや、これも強制性交罪やぞ)
・殺人(よりによって主人公の義妹、殺された妻の娘。「奴は殺す前に『楽しむ』んだ」って仲間が言ってたし強姦殺人かもしれない)
・重症の傷害(主人公の義父)


主人公が犯人をいたぶっては解き放ち、いたぶっては解き放ちしてるうちに被害者が増えてく!!!!
ここでの犯罪の責任は遊んでた主人公にも大いにあるでしょ。特に殺された妻の家族が被害を受けたのは完璧に主人公のせいだし。復讐するならもっとうまくやってくれーーーー

とはいえ、タイトル「悪魔を見た」での「悪魔」は復讐に狂っていく主人公のことだろうし、そう思うと、被害が拡大していくにもかかわらず、犯人をいたぶるのに夢中になっていく主人公が真の悪魔である…って言うのは納得感ある。
あまりにもエグい。
復讐者に憐れみを以来のアキレス腱カットは思わず目を伏せたくなる。
序盤で犯人と対峙したときに、これこんな早いタイミングで大丈夫か?と思ったが、それは杞憂に終わった。
ラストのギロチンチョークも相当にエグい。
主人公の復讐は失敗に終わったのだと思った。
邦画では観ることのない映像の連続
実に下品でエロくて残酷な映画。

2時間24分もあるのに失速せず、
見たくなくても最後まで
見させてくるあたりいい映画だと思う。

1番良いなと思ったシーンは
最後のチェミンシクが笑っていて
イビョンホンが泣いてる所。
人間ってこういう生き物だなと
考えさせられた本質的描写。

個人的には2時間24分の尺があるなら、
猟奇的殺人者の背景をもう少し
掘って欲しかった。
両親健在で、息子がいて、友達が居るって
のは突っこみたくて仕方ない。

それから、ラストは凌遅刑しながら
口でロープを加える力を残しておいて
家族に斬首されるが良かったなぁ…

映像、銃ではなくナイフでの殴り合い、
そして俳優たちの演技力が凄まじい。
良い作品であるのは間違いない。

もう二度と見たくないけど
ふと思い出した時に見てしまいそう。
>|