復讐者に憐れみをの作品情報・感想・評価

「復讐者に憐れみを」に投稿された感想・評価

げそ

げその感想・評価

4.4
観終わってタイトルの意味を深く考えさせられる
思わず目を背けたくなるような誰にとっても悲惨な話なのに、映像の美しさと俳優陣の演技力に魅入られて最後まで目が離せない
tsuku83

tsuku83の感想・評価

4.4
社会の不条理と、それにより起こっていく復讐の連鎖。
救いが一つもない映画だけど、とても好きだ。
なぜ、そんなにすぐ殺すんだよと思いつつも、パク・チャヌク作品だから仕方ないか~とか思ってしまったり。
映像のザラザラした質感がなんとも言えない不気味さと同時にさみしさも感じる。
娘が亡くなったドンジンの悲しみはわかるが、人を追い詰めていう手管はもはや手慣れている犯罪者みたいでそこは少し違和感。
とにかく、リュくんがとても純粋で、本当は全然悪い子じゃなくて、姉のために思ってした行動がどんどん転がって最終的には…となってしまうのが辛くて辛くて。
リュ君とユンミの二人のシーン、ユンミが話していてそれを黙って聞いているリュ君のシーンがとても好きです。
救いがない作品だからこそ、そこに至る過程に描かれる些細な幸せや楽しさが愛しくなる映画。
自分が韓国映画に求めているエグさや救いようのなさが詰まっていて、とても好きな映画だった

見てる間はずっとしんどい展開しかないんだけどそれがしっかり作品の面白さに繋がっているから嫌悪感はあまり感じない
強いて言えば登場人物の相関図が少々ややこしいと思うかな

最後までどう転ぶのか分からないけど、一つだけ分かってるのは誰も救われないこと
パク・チャヌク監督 復讐三部作
不条理なる強襲の一撃!

因果は川の流れのように
 上流(始まり)は美しく
  下流に連れて澱んでいく…

姉は弟のために、弟は姉のために
 [良い誘拐]と[悪い誘拐]
  不幸の連鎖、哀しみの伝播
   拡散する惨劇、流される鮮血
 全員が加害者で被害者
凶行に及びながら なぜこんなことに…
と、誰もが戸惑っている

陰惨なストーリー(惨敗した興行成績)
何一つ良い事が起こらない世界観で、川の流れの美しさ、何気ない星空、子どもと無邪気に遊ぶ誘拐犯の姿が、やけに輝いて胸に残る
木

木の感想・評価

4.0
パクチャヌク復讐三部作の中で、いちばん重たいのはコレ。救いのない話。
すべてのカットの構図・色彩が凝っている。
taki

takiの感想・評価

4.0
若かりしシンハギュンもやっぱり演技の怪物でした。この方本当に好きだ………
そしてあまりにもダメージがでかい。
鉄

鉄の感想・評価

4.2
ソン・ガンホが復讐の巻き添えを喰らったので復讐する映画。

復讐is負の連鎖ということをとっても痛感させられる2時間。被害者と加害者の視点を織り交ぜながらの話運びで、ストーリーだけ追っていくと、ただただ暗くてキツい話であることは間違いないんだけど、意外と笑えるシーンが多い。路上切腹シーンは、本人にとっちゃあそりゃ大変に辛い事態なんだろうけど、余りにもその様がみっともなくて笑ってしまった。ただやっぱりラスト。正直意外ではあったんだけど、負の連鎖(もっというと人殺しという行為の赦されなさみたいなもの)が故のものなのかなぁとか思ってしまった次第。

世の中には良い誘拐と悪い誘拐があるの。
鷲尾翼

鷲尾翼の感想・評価

4.0
【まとめシネマ】#744

【まとめ】
* 互いの復讐がすれ違い、崩れる
* 容赦なく襲う結末に、憐れむ
* 「復讐」の意味と罪を、知る

パク・チャヌク監督の復讐三部作の第1作。

シン・ハギュン演じる主人公・リュウは、聾唖の青年。
姉の腎臓病の治療のために、悪戦苦悩するが、ことごとく失敗。ある日、姉の手術費のためにドンジンの娘を狙い、身代金を要求する。

ソン・ガンホ演じる会社社長・ドンジンは、リュウに娘を誘拐され、身代金を用意したが、ある出来事をきっかけに、彼の復讐が始まる。

互いの復讐は、どんどん激しくなるが、互いにすれ違い、理想と離れていく。その残酷な展開の数々に、感情がグチャグチャになる。

激化する復讐劇の結末まで、容赦ない。
タイトルにある「憐れみ」は、人の苦しみや悲しみに深く同情すること。その言葉を添えたくなるような悲惨な現場は、忘れられない。

本作は「復讐」の意味を教えてくれる。
それは罪となり、罰となり、我に降りかかる。どんなに清き心を持った行動でも、幸福を求めた行動でも、報復として我に返る。
hedonistic

hedonisticの感想・評価

3.5
設定とそれを支える演技のレベルの高さにより全員に感情移入できてしまうがゆえに、カタルシスというか救いを求める先の受け皿がなくてしんどいですしんどいです。
john

johnの感想・評価

3.8
2022年213本目
かなり重くてグロい話だけどシュールなコメディ感があって見やすかった。
まさにタイトルのとおりだと思う。
>|

あなたにおすすめの記事