V.I.P. 修羅の獣たちの作品情報・感想・評価

V.I.P. 修羅の獣たち2017年製作の映画)

브이아이피

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

「V.I.P. 修羅の獣たち」に投稿された感想・評価

みや

みやの感想・評価

3.9
「このクズが…クズが…」と心の中で何度も唱えてしまう作品。
それぞれの思惑が国の立ち位置と絡んで見応えあった。

かなりの虐げと血塗られ具合。
まさかのあんな場所にボカシ。
初めましてな俳優ばかりだったので、途中まで顔の区別がつかず。
ラストで話を思い出した。忘れてたよ、その場面(^_^;)
健一

健一の感想・評価

3.9
これまたエゲツなく胸糞悪い韓国ノワール。前半グダグダだが中盤からラストに向かって一気に面白くなる。久々のチャンドンゴンと🇺🇸からピーターストーメアまで呼んできてあとは知らない俳優さん達が緊迫の演技合戦を見せてくれる。思わぬ拾い物をした。傑作!
スタ

スタの感想・評価

-
首締シーンにモザイクがあってガン萎えしてたら、気付いたときには4章が始まってました(1~3は爆睡)。というわけでほぼノーコメントで。
とえ

とえの感想・評価

4.0
面白かったなぁ

最後までドキドキのサスペンス映画だった

ソウル南部で、若い女性ばかりを狙った連続殺人事件が発生
容疑者として浮かび上がったのは、北朝鮮最高幹部の息子だった

そのVIP を逮捕したい韓国警察と、
その事実を明るみにしたくない国家情報院、
そして、彼をうまいこと利用したいと考えるアメリカCIA

誰も手をつけられないVIPを巡って、彼らの三つ巴の縄張り争いが繰り広げられる

この映画で、面白かったのは、そのVIPを通して見えてくる
韓国、北朝鮮、アメリカの関係だった。

国際情勢などお構いなしで、好き勝手に暴れまわる北朝鮮と、
まるで腫れ物に触るみたいに手がつけられない韓国。
そして、美味しいところだけを利用して、後は韓国に丸投げのアメリカ

アメリカから球を投げられた韓国は、なんだかんだ文句を言いながらも、言われた通りにしか動くことができない
その韓国の煮え切らなさが、ますます事態を悪化させてしまう

そこでこの映画では、
そろそろアメリカの言いなりになるのはやめて、自分の手で決着をつけようじゃないかという希望を描く

それはそれで、アメリカに対する韓国の意思表示みたいなものが見えて面白かったのだけれど
北朝鮮に対しては、どんな関係でありたいのかが見えなかったのが、少し残念だった

二国の関係が時々刻々と変化していて、先が見えないのは分かるけど、
北朝鮮に対して国民はどう思っているのか
その本音が見えたら、もっと面白かっただろうなと思うと、残念だった

そして、VIPを演じたイ・ジョンソクは、私は今回、彼目当てで観たのだけど、期待通りで、お見事な演技を見せてくれた

イ・ジョンソクは韓国映画界の期待の星で、これからの作品が楽しみな俳優である
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.3
き、鬼畜…
前半はやや眠くなってましたが、パク・ヒスンが再登場してからは俄然面白くなった。
キム・ミョンミン…
「新しき世界」大好きなんです。その監督の新作。期待値は否が応でも上がってしまう。

結論から言うと期待程には至らなかったですが、見応えありました。

北と南とアメリカ。さらに南の中でも警察と国家情報院。三つ巴とも四つ巴とも言える複雑さ。それに時代背景も絡んでくるので、この辺りある程度知らないと辛いかも?ちょっと詰め込み過ぎたかな。面白いんだけどね。

韓国では残酷シーンに批判が多かったらしいですが、確かにグロいシーンありました。年若い少女へのいたぶりは嫌悪感半端ないです。ある部分にボカシが入るのですが、エッて感じ。ボカシって普通あの部分に入ると思うのですが、あんなとこに入るなんて初めて観た^^;

男vs男の意地のぶつかり合いと非情さと友情、そこはやはり熱くなります。

チャン・ドンゴン久しぶりに観たなぁ。胸糞最悪なサイコパスを演じるイ・ジョンソク、、若くてつるんとした美青年だけど憎たらしさMAXで醸し出してた。敵役はこうでないと盛り上がらない。

「新しき世界」ほどではないですが、やっぱりこの監督にはついて行きます!^_^
Erika

Erikaの感想・評価

3.6
ノワール映画か!あの男たちの義理や裏切りを描く映画ね!と思って観に行くと拍子抜けするかも。

監督も語っているように、登場人物の感情に沿って物語が展開するのではなく、ある残忍な企画亡命者を軸に国家情報院要員と警官、工作員、CIAの出来事が淡々と描かれている。
登場人物たちの行動のもとになる感情が描かれていないためか、登場人物に共感性は皆無だった。
そしてこの映画の登場人物を動かす要因となるのが、VIPすなわち企画亡命者の殺人のみであり、企画亡命者の残忍さが如何に表現できるかが重要だったと思う。

このキーパーソンを、いわゆる二枚目な役を多く演じてきた、イケメン次世代俳優のイ・ジョンソクが担った。
彼は「クリミナルマインド」の共感性ゼロのサイコのように、狂気と残忍さを表出させた悪役演技を見せたと思う。彼が「殺人」について嬉々として語る場面に注目してほしい。この映画で演技者として一皮剥けたと感じるはずだ。
ただ、次にノワール映画に出ることがあるのならば、善に揺れる悪役、思わず感情移入してしまうような悪役の姿もいつか見てみたい。

残忍すぎる殺人場面には、特に女性から賛否両論あるだろうが、メロドラマ的なノワール映画とは一線を画したという点では評価すべき映画だと思った。
Aya

Ayaの感想・評価

3.8
なんでパク・ソンウンさんは裸にならない上、すぐ退散なの?!

ちょっと憤りが・・・。

「新世界」で見事俺たちのハートを鷲掴みにしたパク・フンジョン監督の新作。

本国では「タクシー運転手」と公開が近かったこともあり興行そこまでいかなかったような・・・。

文句なしに面白い!
これぞ韓国クライムノワール!!

しっかしすげえ話なんだよ・・・。
イ・ジョンソク演じるサイコパスで北朝鮮の有力者の息子と、その取り巻きが繰り広げる事件の数々の酷さ、おぞましさがちょっとハンパないんですよ・・・。

ちょっと私は口に出して説明できないです・・・暴力大好きな私ですら目を覆うほど酷すぎて。
お前らメキシコ麻薬カルテル以下だよ・・・。

その見せ方もギリギリのライン攻めてると思います。
ボカシ入ってましたからね。
劇場であんなの見たことないよ・・・。

で、そいつが韓国で国家情報院の監視下にはあるんですけど、それがそもそもザルで、北朝鮮でも酷いのにソウルでも7件の連続婦女暴行殺害事件を起こすんですよ。

で、警察は担当の責任者が重荷に耐えかねて自殺しちゃって、謹慎中の敏腕暴力警視キム・ミョンミンに白羽の矢が立ち、検察に手を回し、部下を焚きつけて必死に捜査するんです。

しかし、イ・ジョンソクの親父の中国の隠し口座の情報を聞き出そうとアメリカのCIAが国家情報院のチャン・ドンゴンに身柄をよこせ!って言ってきたり、なんやったら北朝鮮での事件を調査していた軍人が追いかけてきて三つ巴ならぬ四つ巴でイ・ジョンソクの取り合いになるんですね。

ちょっとここ個人的にややこしかったです・・・。
元々、国家情報院(国情院)自体が1999年に出来た組織ですし、その前までKCIAと呼ばれており、10年ほど前までは国情院を日本語にするときにそのままKCIAと訳されていたので、CIAって出てきたときに大変混乱してしまいました・・・。

この映画内において国家情報院とアメリカのCIAは全く別の組織です。

それぞれが目的があるんですよ。

警察は連続殺人犯を逮捕したい!

国情院は監視下にある重要な脱北朝鮮人なので責任は取らなければならない。

で、CIAはこいつから情報を聞き出すために生かしとかなければならない。

北朝鮮軍人は北朝鮮ではキム・ジョンイル政権下ではあいつを罰することができるから連れて帰って殺してやる!

それぞれが自分の仕事をしようとするんですけど、ちょっと、いやちょっとじゃねえよ!

このイ・ジョンソクのやってることがもう髪の毛の先から爪の先まで下種野郎なんです!
いや、こんなん人間じゃないよ・・・。

国情院の監視下・でホテルに監禁にされてるときですら女性職員を殺そうとしたり、終始ニヤニヤしててもうやりたい放題なんですよ。

こんな欲望のみで胸糞悪いやつ久々に見た・・・。
もうほんと出来るだけ!出来るだけ!!苦しんで嬲りごろそうよ・・・セメント飲ませるとかじゃ軽いよ・・・。

CIAは保護しようとするけどキム・ミョンミンやチャン・ドンゴンはなんとかイ・ジョンソクに鉄槌を下そうと、CCTVを必死で漁ったり、殴る蹴る、車でドーン!とかもういろんなことがあったりして、それぞれの力関係がどんどん転がっていくんです。

特に終盤に向かっての警察やったー!!からの展開はもう怒涛のようでハラハラしまくりでとにかくイ・ジョンソクには出来るだけ苦しんで死んで欲しかったです。

※あまりにもイ・ジョンソクが憎いのでちょっと「ハナ」とか「僕らの青春白書」とか可愛いの見ないと、本気で彼を憎んでしまいそうになります

チャン・ドンゴンのメガネのおじさまセクシーだったし、キム・ミョンミンはわりとこんな暴力的なイメージなかったので新しいし、なんと言ってもパク・ソンウンさん・・・なんであんなにちょっとしか出てこないのお!!
と思ったら友情出演だそうだ。

後、あの出前係の国情院スパイはなんと「男子取扱説明書」「尚衣院」の監督のイ・ウォンソクかよ!!
例えば、"北の指導者の交代"というインパクトの強すぎる背景が、このストーリーを思うように展開させるためだけのダシに使われていて、本筋と関わる深い意味があるのかと思ったら何もないという、やり方がそれじゃなくても良かったような、それだけかいっというような、アイデアは良いのだけど必要性が感じられないみたいなところが多々あった。

それから、日本が舞台の映画に、CIAだFBIだといったものが絡んでくると、物語がチープで胡散臭く感じてしまうけど、韓国人から見たこの映画はどうなんだろう。

ピーター・ストーメアは太った?
あな

あなの感想・評価

3.5
会社の同期と鑑賞。隣でイビキ掛かれました…。面白かったのに、。
そう、面白かったのです。さすがノワール大国韓国!今作の軸となる殺人鬼を演じたイ・ジョンソクさんのどうにも腹立たしい佇まいが気に触って最高!立派な大人たちがああだこうだ頑張っているのに、自分は関係ないですよと言った一つ上から見下げたような感じがいい!だからこそ、奴らを応援できたし、ラストはとてもスカッとさせられる。もっと長くてもよかったぐらいだ。
僕は人の顔とか名前とか覚えるのが苦手なほうだから、全部は理解できなかったところがあって、もう一回ぐらいは観ておきたいところだけど、やはり魅せる演出に魅力されてしまった。やはり韓国はいいねぇ。それにしても、韓国の刑事映画は汚職とか隠蔽とかが多いけど、本当にそうなのかと少し疑ってしまう…。とりあえず、良作!