V.I.P. 修羅の獣たちの作品情報・感想・評価

V.I.P. 修羅の獣たち2017年製作の映画)

브이아이피

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

韓国国家情報院と米CIAの企てにより、北から亡命させられたエリート高官の息子キム・グァンイルが連続殺人事件の有力な容疑者として浮上する。彼が犯人であることを本能的に確信した警視のチェ・イドはグァンイルを追うが、国家情報院の要員パク・ジェヒョクの保護により捜査網を潜っていくのだった。さらには保安省所属の工作員リ・デボムまでが介入し、事態は思いもよらない方向へと進んでいく。

「V.I.P. 修羅の獣たち」に投稿された感想・評価

みの

みのの感想・評価

-
イジョンソク目当てで見ました。
大画面で見るには少々辛いシーンもいくつかありましたが、ジョンソクさんのさまざまな表情を見るにはもってこいの映画です。サイコパスイジョンソクという怖さあり、ジョンソクさんのかわいさあり、新たな一面です。
20180711シネマート
勢いは感じるが、期待していたほどではなかった。女性を虐殺するシーンは本当にいらない。
「新しき世界」ですっかり韓国ノワールに魅了されてしまい、既に1日1回の上映かつ朝9時半スタートのたっかいたっかいハードルを乗り越えてまで観る価値のある映画でした!

北朝鮮のVIPであり韓国に企画亡命してきたサイコシリアルキラーのイジョンソク、保安省を左遷された元工作員のパクヒスン、韓国の国家情報院のチャンドンゴン、暴力刑事キムミョンミン、四者それぞれの思惑を最大限魅せる為にハンパな感情とか思惑を全てカットしあくまでドライに進む…進むんだけど冒頭のシーンは流石に残虐すぎて朝からヒィヒィ言うハメに…韓国で酷評されたのはこの冒頭のシーンだけ抜き出したらそりゃさもありなんです。
おかげさまで普段は爽やかイケメン王子であるはずのイジョンソクに対して良かろう全力で潰せと思えるけど_:(´ཀ`」 ∠):

この映画はとにかく観て欲しいのでネタバレは絶対にしないけど胸糞映画大好きな人なら海上のシーンは最高にシビレますと言っておきます!!
MASTIX

MASTIXの感想・評価

3.6
北朝鮮と韓国、警察とCIA、アメリカ中国ロシア、サイコパスシリアルキラー、暴力刑事、正義と悪、時代背景などなど、複雑すぎる設定をあまりに上手くまとめすぎてちょっコンパクトに感じてしまった、しかし個性派揃いの俳優達の演技は極上で好みの映画には違いない
主要の四者、CIA的情報院のチャンドンゴン、暴力刑事のキムミョンミン、北朝鮮の元警官パクヒスン、偉い人の息子でサイコキラーのイジョンソク、みんな個性的で漫画みたいだった 特にキムミョンミンのいかつさが最高で一発でファンになった
今作でのヴィラン、イジョンソクのサイコ野郎っぷりは雰囲気も出てて良かったんだけど残虐な描写が長くて単純にキツいのと趣味で女性を殺すのみってのが幅を狭めちゃったかなー、みんなで取り合うにはちょっと小さい
mats5050

mats5050の感想・評価

3.7
映画館まで行って 見て良かった!キムミョンミンは やっぱりいい俳優だと思った
あっこ

あっこの感想・評価

3.8
残酷描写に力が入っており観ていて若干鬱気味になるが合間に一進一退の捜査の様子が繰り広げられるので緊迫感もありつつ楽しめる。最後にちゃんと勝負は着くのでよかった。
毛皮のコートで再登場は笑う
中途半端に恋愛やオンナ要素を絡めてこないところが前作同様、清々しい✨
キャッチコピー
4つの狂気が交錯する—。

配給:クロックワークス
mikazuki44

mikazuki44の感想・評価

3.4
久々に無条件にひどい韓国映画観たかんじ。憂鬱、疲労
首モザイクがなんか一番グロく感じたあれはしびれる。本気や

それぞれの機関のツメの甘さとかチャンドンゴン基本ぼーっとしてるだけ?なのとかはまあ置いとこうかな

でもあのメンツだと弱いんだよなチャンドンゴン

カタルシスのカケラもないな

このレビューはネタバレを含みます

描写半端ないっ…‼︎‼︎‼︎
サイコパスシーンに些か具合が悪くなりつつ…。特にプロローグ部分はトラウマレベルで泣きそうに。劇中数回、目を伏せてしまいました。
しかしそれを除くと、スピーディー且つ思わぬ展開に様々な攻防と、見応えありました。特に韓国の刑事と国家情報院(ウロ覚え)の立場や駆け引きが面白かったですね。ただ結構皆さんツメが甘い箇所とやり過ぎ感があるように感じましたが。まぁいいか、サイコ野郎は始末できたし。
でも容姿端麗なサイコパスて、不気味さ割増でいいよな…て何が何だか。そしてやっぱりお前がおいしいとこ持っていくんかいチャン・ドンゴン!と心の中でつっこんだのは私だけじゃないはず。
>|