悪人伝の作品情報・感想・評価・動画配信

「悪人伝」に投稿された感想・評価

平手で流血させられるマドンソク最強すぎて笑った😄刑事さんは武井壮と塩見康隆を足して2で割った顔だと思う
りえ

りえの感想・評価

5.0
ケーセッキガー!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!
raga

ragaの感想・評価

3.0
登場人物全員キレやすいので、用意周到やトンチ効かすような痛快感よりもオラオラ暴力でねじ伏せるパターンの応酬が展開する。いわば全てが直球勝負なので終盤変化球が欲しくなっても最後まで力技で突き通す。ある意味ブレてない。狭小道路でのカーチェイスにもうひと工夫、凡庸な人物キャラもひと捻りお願いします。あまり注文すると殴られるかな。
林林檎

林林檎の感想・評価

4.4
これがホントの全員悪人。

ヤクザと刑事が手を組んで殺人鬼を追う、という枠の中にヤクザの抗争や警察の不正や内輪揉めやらとてんこ盛りで、楽しい血みどろの110分。

マ・ドンソクはじめ、主演三人が最高です。
直接的な賄賂は受け取らず、ヤクザと共闘するクリーンな熱血漢刑事像。韓国映画ってシリアルキラーを美しい顔にしがち?
雑種

雑種の感想・評価

3.5
刑事さん登場した瞬間から最後の最後まで武井壮にしか見えなかったナ…。マブリー普通に良い人(そこに意外性もないし)だったからいつかマジで人情のかけらもない極悪非道な超悪人を演じてほしい。
arakan

arakanの感想・評価

5.0
ヤクザと刑事が悪魔を捕まえるという、実に面白い設定に、ぐいぐい引き込まれた。
実話に基づいた創作とのことだが、冒頭からラストまで一切隙がない脚本、マ・ドンソクを始めとする俳優たちの迫真の演技に舌を巻いた。特に、終盤の“どんでん返し”に継ぐ“どんでん返し”の展開は、この作品の通奏低音となっている「善と悪」という重厚なテーマが露わになるとともに、単なる娯楽作品に終わらせない深い読後感を覚えさせた。
韓国の映画界の力量を改めて痛感させられる。脱帽!
最後までテンポ良く進んでいて飽きずに楽しめた、配役も良く合ってる
はみ出し者の刑事チョン・テソク(キム・ムヨル)は、立て続けに起きている殺人事件を無差別連続殺人だと考えるが、上司は見向きもしない。そんな中、暴力団の組長チャン・ドンス(マ・ドンソク)が何者か襲われる。ドンスを襲った犯人が無差別連続殺人犯だと睨んだテソクは、ドンスから情報を得るため、ドンスと共闘し、犯人を追う。

ストーリーはまず、テソクが刑事の中でも異質の存在であることが描かれる。優秀だけどワンマンな刑事でありがちな設定だった。しかし、組長のドンスが出てきて、観ていてテンションが上がってくる。存在するだけで画面からあふれ出る威圧感。さすがマ・ドンソクと思わせてくれます。
殺人犯に襲われ、組長としての面子が潰されたドンスがテソクと手を組むようになって犯人を追い始めてから、ストーリーが加速し、ラストまで一気に駆け抜けてくれます。また、警察の中でははみ出し者のテソクが暴力団員の中で馴染み始めるところも面白いです。

本作はドンスとテソクの共闘が見どころであるため、連続殺人犯について、生い立ちや嗜好など細かく描かれていません。そのため、犯人の正体が本作で全て分かるようになっていないと思います。それでも、所々に連続殺人犯の異常性が分かるようになっているので、ドンスやテソクと対峙する敵として相応しい人物だと思います。

最後は少し強引な気がしましたが、とても面白かったと思います。
k

kの感想・評価

-
こういう役以外のマドンソクの役も見てみたいなあ

誰かがTwitterで言ってたけど、見た目マ・ドンソクになりたいなあ、そしたら痴漢されることも、セクハラ発言されることも、舐められることもないんだろうなあ〜
>|

あなたにおすすめの記事