強奪のトライアングルの作品情報・感想・評価

「強奪のトライアングル」に投稿された感想・評価

アノ

アノの感想・評価

4.1
ツイ・ハークもリンゴ・ラムも抜群に良い(特にリンゴ・ラムのパートのイカれた三角関係の描き方!黒沢清みたいな廃墟と映像が印象深い)がジョニー・トーのコメディ仕立てのアクションパートが図抜けている。
照明が落ちた途端に床の銃を拾おうと駆け寄る男たちで爆笑した。
金に困ってる三人が怪しいハットオヤジから突然宝の地図(WEB版)を貰いグーニーズ並みに宝探しするが、お宝を巡って点灯・消灯だるまさんが転んだ大会が開催される

徐ハーク監督、リンゴラム監督はお互い寄せてきてる感はあったけどJトー監督、作風全く空気読んでなくて宜しかった
G行為

G行為の感想・評価

2.0
香港のベテラン監督3人によるリレー監督作品。
監督別にシーンが判別できるか意識して鑑賞してましたけど、明確にここから区切りというのは分からなかったですね。

終盤にそれまでの登場人物が終結してのドタバタ劇はジョニー・トーぽいと言われればそうなのかな。
でもトー監督のあまり好きではない作風パターンのやつでしたね。

結論としては、面白い試みだけど作品にそれが良い作用をもたらしているとは言い難かった。。。
ツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トーの香港三巨匠がリレー形式で監督していくサスペンス映画。三巨匠が好き勝手やった結果滅茶苦茶面白くなってちゃんとスッキリ終わった。すげぇ。

ツイ・ハークの担当パートは強烈な引きを持つクライムサスペンスになっている。とんとん拍子で泥沼にはまっていく様子が面白いけど完全に無茶ぶりで先行きが不安になる。

リンゴ・ラムはこの泥沼をどうするかと思いきや情事のもつれというさらなる深みへと踏み込んでいった。滅茶苦茶面白いけど明らかにジョニー・トーのことを考えていない。やはり先行きが不安。

ジョニー・トーの出番。二人の無茶ぶりに縛られて何もできないかと思われた次の瞬間、お巡りさんの目の前で車がグルグル回転し、ラム・シューが首を振りながら現れた!マジかジョニー・トー!

まさかあの状況で自身の作家性全開で行くとは。それでいてさらなる泥沼へと歩みを進めて行き、気がついたら綺麗に終わっている。マジかジョニー・トー。面白いのは当然として、すごいものを見たという印象が強い。
CLAY

CLAYの感想・評価

3.5
1つの映画を3人の監督でリレー、はじめの60分あたり(2人)までは重たい内容・空気感だったけど、、その後明らかに作品の雰囲気が変わった、ドタバタで内容も面白いんだけど1本の映画としては成立しているのか??、。

wikiみたら脚本も3人、脚本もリレーしてる?ってくらい登場人物に一貫性がない、、特にリーの奥さんのキャラクターは酷いなと、2人目までだと酷い女でいいんだけど、3人目から、、?

映画として成立してるような気もするし成立していないような気もする、最後にモヤモヤが残った、、。
mz5150

mz5150の感想・評価

3.3
あまり極端な演出は見られず3人の演出の差は感じないしどのパートを担当したのかも分からないが、内容的にジョニートーのチームがキャストも含め中心的役割を担ったように感じる。

前半から中盤はサイモンヤムのサイコな愛情が中心にルイスクー達後に引けない男達の攻防が、後半は決着を付けるための銃撃戦はユーモアさえ感じた。サイモンヤムの嫁が再婚なのか記憶を無くした嫁なのか気になる。
ツッコミどころ多数なんだけどジョニートーターンが面白すぎたので許した
顔夕

顔夕の感想・評価

3.5
3人の監督が30分ずつ担当してるらしいけど、最後のジョニートーのパートが強烈すぎて話ほとんど忘れた。
中本

中本の感想・評価

3.1
3人で作ってるらしい。最後はジョニートー風味だけど、どうなのかしら。
daisuko

daisukoの感想・評価

5.0
3人の監督が30分ずつ90分で1本の作品を作るお祭りムービーなんだそうで、言うが易しですぞ、と身構えながら見たところ
はたして90分間ずっとおもしろかったのであった。。。
一粒で3度おいしい
おみそれしました
>|