ホワイト・バレットの作品情報・感想・評価

ホワイト・バレット2016年製作の映画)

三人行Saam Yan Hang/THREE

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:88分

3.4

あらすじ

ある救急病院に、警察との銃撃戦で頭に銃弾を受けた凶悪強盗団一味のチョン(ウォレス・チョン)が運ばれてきた。病院にはチャン警部(ルイス・クー)たちが厳重にチョンを見張り、一味の情報を聞き出そうとしていた。病院の女医師トン(ヴィッキー・チャオ)は、至急手術をしようとしたが、手術室でチョンが暴れ、人権を主張して断固として手術を拒否する。そんな状況の中、チャン警部はチョンから一本の電話番号を聞き出す。チ…

ある救急病院に、警察との銃撃戦で頭に銃弾を受けた凶悪強盗団一味のチョン(ウォレス・チョン)が運ばれてきた。病院にはチャン警部(ルイス・クー)たちが厳重にチョンを見張り、一味の情報を聞き出そうとしていた。病院の女医師トン(ヴィッキー・チャオ)は、至急手術をしようとしたが、手術室でチョンが暴れ、人権を主張して断固として手術を拒否する。そんな状況の中、チャン警部はチョンから一本の電話番号を聞き出す。チャンが電話すると正真正銘の強盗団へつながる電話番号だったが、一味は新たなターゲットに押し入るところで、警察はあわてて緊急配備する。一方、トンはなんとか手術の同意を得ようとチョンを説得し、それを受け入れるかに見えたが、逆にチョンはそれを利用して仲間に連絡を取るための手段を謀ったのだった。チョンを取り戻すために一味の魔の手が病院に迫る。三人の命をかけた戦いの火蓋が切って落とされた…

「ホワイト・バレット」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.7
ジョニー・トー監督のメディカルサスペンス!

病院内だけを舞台にした、入院中のマフィアを巡る抗争を描いたノワール作品。
相変わらずジョニー・トーらしい、変な映画と言うか、まさか病院の中での大殺戮を描くなんて、なかなか見ごたえがある場面。

正直ストーリーは、前振りにしか過ぎないので、ラストの常軌を逸した銃撃戦が凄すぎて、全てはクライマックスの為にある映画。

あの立体的な構図と言うか、画面を360度駆使した撮影ってどうやって撮ってるんだろう....。

ルイス・クーは相変わらずの貫禄だし、ヴィッキー・チャオ可愛いし、存在感抜群!
決して万人ウケする作品では無いけど、ノワールやサスペンス好きな方には、是非オススメしたい作品ですね。

このレビューはネタバレを含みます

DVD字幕 おもしろかった 中盤ぐらいまでは退屈な感じですすんでいくが、クライマックスの銃撃シーンで、あの病室にいる人たちのことを全部描く必要があったんだなあと納得。

執拗なビンタとか人物が立っているだけの超カッコイイショットとかジョニー・トー映画を見た!!というおみやげもきちんと持たせてくれたうえに90分だし全く良作。ラスト主役三人が全然上手くいってないのがなんともいえない気持ちになる。
いやいやいや笑
流石に笑ってしまいます^^;
てか雪ちゃんが元気なの微笑ましいけど出る映画出る映画全部キャスト名がデブみたいな名前なのちょっとかわいそうw
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
警察との銃撃戦中に凶悪強盗団一味のチョン(ウォレス・チョン)が頭に被弾し、救急病院に搬送されてくる。チャン警部(ルイス・クー)らはチョンを厳重に見張り情報を聞き出そうとする。一方、医師トン(ヴィッキー・チャオ)は手術の準備をするものの、チョンは人権を主張し、断固拒否。チョンからある電話番号を聞き出したチャン警部がその番号にかけると強盗団につながるが、新たなターゲットに押し入るところであり、警察は慌てて急行する。手術を受けさせようと説得するトンの言葉を受け入れるチョン。しかし彼はこの状況を利用し、仲間に連絡を取るチャンスを伺っていた。そして、チョンを奪還しようとする一味の魔の手が病院に迫る。
チョンを尋問し仲間の居所を自白させようとするチャン刑事、手術を続けて失敗し脳手術が必要なチョンを救おうとする医師トン、手術を引き延ばしながら仲間の救出を待つチョンのそれぞれの思惑と医師と刑事の対立が交錯しながら駆け引きするサスペンス、病院内を徘徊する患者が集めた鍵など伏線が集まるクライマックスでの銃撃戦、硬派な刑事を演じるルイス・クーや仕事熱心な医師を演じるヴィッキー・チャオの演技、香港ノワールの佳作。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.5
前情報が病院と銃撃戦だけで、は?って感じだったけどそうなるのねーでした。

なんだあの銃撃戦は。一癖も二癖もあると思ってたけどこれは…!もう笑っちゃったよ。アーティスティックガンアクション!
mz5150

mz5150の感想・評価

2.2
名作になり損ねた駄作と言うかクソ映画、最初から銃撃戦までは良かったのに、ラストがねトホホ、広げた風呂敷畳み方忘れたみたいやね。

後演出やCGが安ぽっくてVシネ並どうしたジョニートー?いい役者揃えて悦に入ってる中国の製作会社の社長が目に浮かぶ。
plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.9
独特の感じのある作品ですが、
普通に面白かったです。

いき過ぎた正義がこの映画の事件につながる。
理念や理想を追うがあまり、周囲を巻き添えにしていないか。
考えさせられました。

後半部の歌詞も印象的で、
「耳を塞げば幸せ。
あなたも私もただ傍観するだけ」。
日頃いき過ぎた個人主義というか、他人のことはあまり悪い意味で考えなくなってるときあるなあと。
自分の良心には嘘をつかず実行できる自分でいたいと思いました。
ジョニー・トーって、世界一才能ある監督なんじゃないかしら?と思う時と、単に滅茶苦茶なのでは…と思う時がありますが、今作はその境界線を行き来しながら、あー残念、滅茶苦茶の方にキリモミで墜落です。

バタバタっと救急病院に運び込まれた重症を負った犯人、それを見張る刑事たち、患者を助けたい医者、変なおじさんなどが、病室の中で繰り広げるノワール風味サスペンスといった感じなんですが、登場人物の内面が一切語られず、全員いわくありげで、『ははーん、みんな容疑者で、推理を楽しめと?』とか思ったんですが、よく考えるとジョニー・トー映画はいつもそうですね。心の内は突飛な行動や風景描写から読み取れと…。しかしなにしろお話の舞台が病室と廊下だけなものですから、もうずっといわくありげな演技の乱反射が起こってます。誰と誰がグルなの?この人の病状は演技?変なおじさんは黒幕?いろいろ推理したのですけどね、なんであんなファミコンみたいなクライマックス迎えるの…。ジョニーさん、現場で脚本をばんばん変えていくのだそうですけど、そりゃあ時にはこんなになっちゃうよ。
賛否あるようですけど、延々続くスローモーション銃撃戦は自分は楽しかったです。ラム・シューも元気そうでよかったよかった♪

DVDの映像特典でジョニーさんが「そんなところどうせ見えない!用意、アクション」って叫ぶシーンがあって、そこが一番面白かったです。巨匠にあるまじき発言!
sachjp

sachjpの感想・評価

-
え…暇つぶしに見たんだが

久しぶりに見た
こんなつまらない映画
1年ぶりのジョニー・トーでふっかーつ!!

2016年の11月12日にジョニー・トーのMAD探偵のレビュー上げてからまるっと1年たちました
( ´ ▽ ` )ノイェア

元気でした、えぇえぇ

色んな事はそんなに無く1年歳をとりました

ただ書く気力がなかっただけです(´・ω・`)スマン

ルイス・クーが若き日の松平健に見えて仕方がなかった、かっこいい

ジョニー・トーの得意技
銃撃戦も割と見どころなので観てほしい
スローモーションはそんなに好きではないけどこれはこれでよかった
ストーリーはどうでもいいからこのシーンが撮りたかったんじゃないの?ジョニやんは

医者×刑事×凶悪強盗犯

これだけでもう面白そうやんか
医者は誰であろうと救いたいし、刑事は強盗団ごと潰したいし、強盗犯は怪我なんてどうでもいいから逃げたい

思いは三者三様…

できればもう少し伏線はって回収して欲しかったなぁ、銃撃戦とかすごい好きやのにもったいない!もったいないお化けでる!

メイキングでルイス・クーが亀柄のトレーナー着てたのが忘れられないのでそこが+0.2かな

ラム・シューも忘れてはいけません、ジョニー・トー作品にはかかせませんから
ずっと見てるとゆるキャラに見えるラム・シュー
可愛いぞラム・シュー

でもオラやっぱりMAD探偵が好きだ
>|