ホワイト・バレットの作品情報・感想・評価・動画配信

「ホワイト・バレット」に投稿された感想・評価

えー意外とおもしろかった笑

高所恐怖症な私にとって最後のあれは、、、やめて、、、
手汗かいたわ、、、
土偶

土偶の感想・評価

3.5
ヴィッキー・チャオの出演作、最近のものは珍しい。

隣りベッドの手癖ワルイじいさんが抜け出したのに、ナースステーションの看護師が気付くの遅いやろ。この爺様含め脳外科病室の入院患者たちのキャラクターの豊かさと、お尻にナイフの林雪…。
宝石強盗団が仲間奪還するというか、もはやテロリストが病院襲撃する狭い舞台のトーさんノワール的。

にしても2010年代後半以降の作品は、ちょっと…な印象が拭えない。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.6
何だか久しぶりの名匠ジョニー・トー監督のサスペンスフルなアクションは、何と舞台は救急病院。

原題は“三人行”で、搬送された賢い犯人、女医、警部の三人の駆け引きを楽しみつつ・・・終盤にはパノラマで見せるこの監督らしい銃撃戦が炸裂。

まぁ、ラストも思わずツッコミたくはなるが・・・この独特のノワール感にはやはりニンマリしちまう。

うん、ヴィッキー・チャオ嬢にウォレス・チョンがトー組でも違和感なく活躍し・・・ルイス・クーにラム・シューらのお馴染みのくせ者の面々にニヤリ。
YutaSaito

YutaSaitoの感想・評価

3.3
次々に降りかかる災難のせいでヴィッキーチャオの顔からだんだん「ああ…うぜぇー」って気持ちが漏れてる感じが良かった。
異次元銃撃戦はやっぱり得意技。
Hagieen

Hagieenの感想・評価

3.3
ジョニー・トー監督、ルイス・クー、ヴィッキー・チャオ、 ウォレス・チョン主演。

強盗団の一人チョンが頭に銃弾をうけ入院。摘出を拒むチョンは怪しい言動を繰り返す。なんとか救いたいスランプ気味の女医トンと、何が何でも証拠をつかみたいチャン警部。病院内での3人の駆け引き。

舞台はほぼ病院内なので全体的に地味。このプロットは難しい。
そしてまたしても警部なのに正義の為なら違法行為も厭わない闇落ちルイス・クーと、中国四大アイドルの一人だったヴィッキーも歳をとって疲れた感じ(そういう役だけどさ・・)だし、イケメン枠だけど銃弾受けてイカれてしまっているウォレス・チョンと、キャラはそれぞれ起っているけれど、主要キャラどれもに感情移入できん。
さすがのジョニー・トーもうまく消化できていない気がする。
銃撃戦の見せ方も凝って入るんだけど、挿入歌のセンスも悪い。

毎度チャレンジには敬服するが、本作はちょっとしんどかった。

このレビューはネタバレを含みます

202106116
医療現場と捜査の融合ムービー。シチュエーション限定のジョニー・トーらしい変わり種作品です。

癖の強すぎるキャラ多め😂

ラストの銃撃シーンは敢えてのダサさが秀逸✨シリアスな中にも笑わせる演出多々あり😂
Tk

Tkの感想・評価

3.2
引き続き知らぬ間のルイスクー祭りですが、ヴィッキーチャオやウォレスチョンも出ているのでこちらの作品観てみましたが、すごく謎が多すぎで理解できないまま終わってしまった感がすごいあります。けど、銃撃戦のシーンは不思議な感じがして新しいなぁなんて思いながら観れたのでよかったです。

No.99
fkr

fkrの感想・評価

4.0
@CS/BS 面白い。久しぶりのジョニートーだと思ったら、これまた変かり種映画で良かった。水面下の攻防が画面に出ている。クライマックスのスロー(疑似的)ワンカット長回しが特に変なのだが、素晴らしい。ここでこのトーンのBGMなのかと。
〇緊張の持続、謎の引っ張りなどサスペンスとしてはさすがに上級。
〇超スローの銃撃戦は微妙でした。
〇ユーモアなど弛緩部分がいまいちで、メリハリはなし。菅野美穂似の外科医の立場もはっきりしなかったし、手術ミスで死んだおっさんの意味も不明。要は、脚本の不備?
@U-NEXT
とし

としの感想・評価

3.7
厳重体制で強盗団の一味の被疑者を守るとは思えない杜撰な警察だとか、医療ミスを頻繁する医者だったりと突っ込みどころはあるけど、ワンカットの長回しだったりラストのスローモーションの銃撃戦は圧巻の一言。
>|

あなたにおすすめの記事