月の輝く夜にの作品情報・感想・評価・動画配信

「月の輝く夜に」に投稿された感想・評価

最後の食卓のシーン、ププって笑える
笑えて最高に幸せに感じる

愛とロマンと可愛さとおかしさのバランスが良い。
お気に入り。

胸キュン映画

ニコラス・ケイジの男臭さめっちやかっこいい!わたしも夢中!
kka

kkaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

あの口論で白熱するのはわかるが
なぜそこから突然恋愛感情になるのかが理解出来ん

満月に魅せられる皆さんてのは素敵。
25歳にみえるとかそれで
久しぶりに愛し合っちゃう夫婦って。

出ていったのに戻ってきて
歌劇場どこ?って聞いたあとの回す目が印象的。

なんだよなんだよー
オペラ行くためにしっかりおめかししちゃってんじゃん〜
そっかオペラってちゃんとした格好で行かなきゃか

それにしてもやっぱドレスのチョイスにはびっくりするわ
そりゃ、
Wow… Thank you てなるわw


おばちゃん、
お父さんの不倫相手、
谷間に影描いてるのも印象的。
そうか、歳なんか関係ないか、恋したら。

ラ・ボエーム、見返さなきゃな…
ぜんぜん理解していないから…


なんだかんだみんな浮気とかするけど、
人と愛し合うって素敵だよね
みたいな感覚にはなった


エンドロール前最後の最後で家族写真映るのは謎(笑)

エンドロールの家族写真は
立ち位置謎で微笑ましい(笑)
myco

mycoの感想・評価

-
映画友達に薦められて鑑賞!
観て良かった!!!!!!

ニューヨークのリトルイタリーに住む住むイタリア系の3世帯家族。
その娘ロレッタの結婚が決まってからのてんやわんや劇!

ニコラスケイジの若さと、シェールの変身後の美しさ!!!
観賞後、いい眠りにつけるようなほっこり映画。
アメリカ版イタリア風喜劇なのか。イタリア人の国民性を垣間見たようだ。家族のありようも。
じえり

じえりの感想・評価

3.0
テンポよく軽い
浮気娘と浮気パパ

ニコラスケイジが若い

アダムの肋骨でイブを作った
男の胸に穴が開いているから女を追い求める
きき

ききの感想・評価

2.7
シェールがオスカーを受賞した作品。
他にもシェールの母親役のオリンピア・デュカキスが助演女優賞、脚本賞も受賞。

ニューヨークに住むイタリア系一家の一人娘、ロレッタ(シェール)は、数年前に夫を亡くした未亡人だった。
そんな彼女に、昔馴染みのジョニー(ダニー・アイエロ)が求婚し、乗り気ではないものの承諾する。
しかし、ジョニーの母親が危篤となり、彼は急遽母の元に向かう為、ロレッタに仲違いしている弟ロニー(ニコラス・ケイジ)に自分たちの結婚式に出てもらうよう言伝を頼む。
ロニーに会いに言ったロレッタだったが、彼の無愛想な態度や仲違いの理由を聞き、次第に放っておけなくなってしまう。
そして二人は関係を持ってしまい…

というお話。

うーん、想像していた内容とは全然違ったんだけども…
これは恋愛もの、というよりコメディなのかも?
あらすじだけ見ると、ドロッドロな展開になりそうなのに、そんなこともなく、意外に笑える感じに仕上がっているのがポイントかも。

ただ、オスカー獲得作品ってことで、ちょっと期待しすぎちゃったかなぁ( ˙꒳​˙)
ラブストーリーとして観ると、あまりに薄っぺらく、コメディとして観るなら、そのテンポや演出、ウィットに富んだやり取りがなかなか良き◎

シェールも若いけど、彼女はなんかもう色々超越してる感あるから、今と変わらない気もする。笑
ニコラス・ケイジが若くて、やっぱりオーバーな演技が本作の雰囲気には合ってるのかも。

印象的だったのは、オペラを観に行く時、バッチバチにキメたシェールがスーパー美しい…!
めちゃくちゃハッキリして濃いお顔だけど、役柄がもう着飾ることもない未亡人だったから、久々のお洒落!みたいな感じの演出に可愛さすら感じる♡!

ツッコミどころ満載で古臭いセリフや演出なのだけど、月のマジックなのか、それすらも少し愛しくなる作品。

ちなみに監督は『オンリー・ユー』のノーマン・ジュイソン。
わたしは『オンリー・ユー』の方が断然好みなのだけど、コメディタッチで運命の恋、みたいな部分は通ずるものがあるので、もしかしたらそういうお話が好きな方なのかしら。

記録 : 2020年230本目。
happy

happyの感想・評価

-
メモ
久々に観たくなった映画
Taiga

Taigaの感想・評価

3.2
なんでこれアカデミー賞取れたんやろ
>|