家族にサルーテ!イスキア島は大騒動の作品情報・感想・評価・動画配信

「家族にサルーテ!イスキア島は大騒動」に投稿された感想・評価

金婚式を祝うためにイタリアのイスキア島へやって来た大勢の親族たちによるヒューマンドラマ。
大しけで島から出られない中、親戚それぞれの本性・本音や不純がバレてめちゃくちゃになってくのは面白い。そんな中の綺麗な風景や音楽が対照的で良い。
長回しの会話劇が続くが人物像の見せ方は上手い。相関図を書かなくとも何となくキャラクターが分かってくるのは脚本も勿論だけど役者陣に下手な人がいないからかな。ルナとエドアルドの2人も霞まない良い演技をしていた。
一番タチの悪いリッカルドの演奏と歌が何気に上手い。ピアノ演奏でお金稼げば良いのに笑。
ピエトロのぶっちゃけが一番効いたなぁ。
イザベッラ役のエレナ・クッチがキュート。
相変わらずダサいノーセンス邦題だけど中々楽しめるイタリア映画。やっぱ金婚・銀婚式はやらない方がいいよ。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.3
まともな人はいないのか?
母親だけがまともだったのかな。
それにしてもすっごい色々ある家族だった。
犬

犬の感想・評価

3.2
再出発

美しい景観の避暑地として知られるイタリアのイスキア島に、結婚50周年の金婚式を迎えたピエトロ&アルバ夫妻を祝うため、親戚一同が集まる
ファミリーたちの楽しい食事会が終わる頃、嵐のためにフェリーが欠航となり、家族たちは2晩を同じ屋根の下で過ごすことになるが……

名匠ガブリエレ・ムッチーノ監督が、イタリアの風光明媚な島を舞台に、一見すると幸せそうな一族の問題や秘密が徐々に明らかになっていくさまを描いたコメディドラマ

スゴい人たち

老若男女が
男女のあれこれ
会話劇でした

ホテル
ベッドシーンも多数

歌あり
景色も楽しめる

雰囲気ありました
メル

メルの感想・評価

3.5
金婚式を迎える老夫婦のために親戚19人がイスキア島に集まった。
因みにイスキア島はナポリ湾に浮かぶ島で、あの「太陽がいっぱい」のラストシーンの舞台になった場所らしい。

ひと時の祝宴のはずが嵐のためフェリー欠航となり予定外に長居をする事になる。

設定はコメディなのだけど蓋を開けてみれば浮気、嫉妬、介護、無職、罵り合いと全然笑えない問題が次々に発覚。

逃げられない空間と時間の中で日常の不満、怒りが爆発してこちらでも悪口雑言の嵐。

原題の直訳は「家では皆んな良い感じ」となるらしいのですが、ファミリーを大切にするイタリアらしく家族の前では良い人で居ようとするけどその本心は「とにかく自由でいたい!」の人達なので、人間の嫌な部分がどんどん出てくる。
そして金婚式を迎えた老夫婦にも危機はあったのです。

全編通して怒涛の如くイタリア語が流れます、男も女もよく喋る。
イタリア語の響きは好きですがヒステリックに叫ばれるとちょっと…となります。笑
Bobbin

Bobbinの感想・評価

4.0
イタリアの離島に集まった親族を巡る群像劇。それぞれに問題を抱えていて、それが次第に明らかになってくる。その内容はシリアスかつ普遍的で、問題に向き合っている人、逃げている人、これから向き合おうとする人、これから未来を迎える人、すでに乗り越えてきた人…などなど。物語が進むにつれ、皆精一杯になんとか日々をやり過ごしているのだと感じ、登場人物それぞれが愛おしく思えてくる。表面に見えているものが全てではないし、人に対する評価もいかに曖昧なものかが良くわかる。自分もこれでいいのだとどこか安心させてくれる良い作品。
WOWOW.

結婚50周年を祝うため家族や親戚一同が島に集結。無事、祝宴は終わるが悪天候でフェリーが欠航。島に取り残される。大家族のドタバタ騒動を描いた群像劇。
イタリアでは観客動員が大ヒットを記録したらしいが、さっぱり良さが分かりませんでした。わがままな女ばかりでイタリア人あるあるだったのかも分からなかった。ロケーションは最高でした。
「普通の人生なんて存在しないわ」🙅‍♂️

サルーテはイタリア弁で乾杯の意味。🍻金婚式で一族が集結してドタバタする話。👨‍👩‍👧金婚式が終わった辺りから面白くなります。💐

ちゃんと観てないとダメ系の映画。👀イタリアの血が騒いだので観ました。🇮🇹イタリアの価値観を知りたかったから勉強になりました!🗒人生の失敗を詰め込んだような話だけど、とりあえず色恋多いな!💔

ラストが良いですね。🤔人生を俯瞰出来た気持ちになれます!😑生きてるだけで幸せよー!🙄
おじいちゃんおばあちゃん、子、孫、3世代で島!! もっと短い時間の滞在だったらすべてよかったんだろうにな。それじゃ映画にならんか。
どこか調子っぱずれのピアノで弾き語りされる曲、歌詞がむりやりメロディにのっかったところも熱唱するも往年のサンレモ音楽祭っぽくて、親族みんなでクレッシェンド大合唱してそこまでは楽しそうだった。''Una carezza in un pugno'' って歌、メモメモ。そのあとはカオスだった。
Kantoku

Kantokuの感想・評価

3.5
イタリアが得意そうな家族のバタバタコメディだが、広げた風呂敷を上手く畳めずに終わった印象を受けた。家族それぞれの問題が噴出した結果、全員の関係が停滞して終了したので、問題がないor問題を気にしない牽引力があるキャラがいれば良かったのかなと思った。
mellow

mellowの感想・評価

2.0
とにかくうるさい。疲れた。
とにかく人が多くて名前もわからん。
ウディ・アレン系かと思ったらおもしろ要素は1つもなく、ただ発狂してばかりの家族の話。
みんな自分勝手すぎる。
罵るだけ罵って、自分に都合の悪いことが起きたら殴りかかる。
喧嘩となったら割れんばかりの声で叫ぶ。
コメディドラマと思ったら大間違いです。

認知症の男性が1番まともでした。
>|