アリゾナ・ドリームの作品情報・感想・評価

「アリゾナ・ドリーム」に投稿された感想・評価

Jose

Joseの感想・評価

-
ヴィンセント・ギャロの『北北西に進路を取れ』のロジャーの真似?等が笑える。
原題はArizona Dream
1993年製作の映画。

サブスク等では無いので、DVDにて。
監督はエミール・クストリッツァ。
本作品で銀熊賞を獲得した。

若き日のジョニー・デップ、アクセル役
何者かに成りたい夢を持つ青年、デップの若き日の演技、良かった。

レオはジェリー・ルイスが演じた。
アクセルの叔父、育ての親で、アリゾナで高級車を売って、財を成した。

エレインはフェイ・ダナウェイが、
グレースはリリー・テイラーが演じた。
二人は母娘だが、義娘の関係。

ポールはヴィンセント・ギャロが演じた。
俳優に成りたい、自信家、だがその実、
演技の真似はできるが、自分の演技ではないという。

皆、人生がうまくいかない、うまくいくって何だ?というのはあるが、
どこか人生を達観し、あきらめ、生きることにも疲れている、
夢にがむしゃらに走っていく成功物語では全然なく、
ある意味ではリアルなアメリカのどこかで起きている物語。
とはいえ、オヒョウが随所で登場したり、空を飛んだりと、
ファンタジーも織り交ぜながらアクセルのイニシエーションを描いている。

デップは勿論、皆演技が素晴らしくて、台詞の掛け合いなんかもさすが、
ありえない演出はクスッとしてしまうが、
要所で締めてくれるので、面白かった。

こんな時だけど、映画館で映画観たいけど、耐え忍びます。

ギルバートグレイブに近いのかなと、思い出した。
同じ年に発表されてた。
samasami74

samasami74の感想・評価

4.0
この時代のジョニーデップすき。リリータイラーとフェイダナウェイもギャロも大好き!この4人たまらん。
poko

pokoの感想・評価

2.5
不思議な映画だった。
途中で何を観てるのかわからなくなる迷子な場面が何箇所か。

知人に勧められて観たが、正直グッとくるものがなく…
「間を空けてみたら良さがわかる」と言われたので時間を置いてもう一度トライしようと思う。
yamanamiks

yamanamiksの感想・評価

4.3
ジョニデが若い!ちゃんと素顔で人の子の役をしている!!!(笑)ストーリーとしてはかなり奇妙だけどこんなジョニデが見られるのも珍しい。かっこよくてかわいい。アクセルがチキンだから濡れ場をやるにあたってオンドリに成長すれば良いってアイデアで鶏演じてたの頭おかしいなと思った。そしてかなりうまい。
テーマはもう『夢』なんだろうな。
それぞれの中にあって忘れたり忘れなかったり、叶ったり叶わなかったりする。
俺たちに明日は無いで惨殺されたフェイダナウェイがちゃんと年取ってるのがなんかすごく嬉しかった…。
ギャロがヒッチコックのモノマネするシーンもその白け具合もめちゃめちゃ良かった。
壮絶な母娘喧嘩がすごい良かった。
細かく伏線と回収が散りばめられてて見応えがあった。一回じゃ広いきれて無いかも。面白かった。地味に犬映画。
意味分かんなさがかなり好みでした。吹替バージョンあればいいのにな。
cov

covの感想・評価

4.5
魚が空を泳ぐ。母は「夢と現実はちがう」という。父は「ひとの心を知りたければ、そのひとの夢を知れ」という。クストリッツァ作品。
レイジングブルのモノマネをするギャロ。
ゴラン×イギーポップの歌。
おちび

おちびの感想・評価

3.5
それぞれ夢を持った人たちがいろんな感情に支配されながらもがくおはなし。

監督がノイローゼになっていたときに撮った作品?らしく、全体的に情緒不安定さが溢れてました。

「え、今なに?これなんのシーン?どういうこと??」とたびたび迷子になりながら、次に何が起こるかわからないことごとく予想を裏切られる不思議な作品。

面白いかどうかでいうとなんとも言えないですが、なぜか惹きつけられる不思議な魅力を持った映画です。

4人で食卓を囲むシーンがお気に入りです🐢
Zealot

Zealotの感想・評価

3.8
☆ コメディ/ ドラマ/ ファンタジー/
  ラブロマンス
Okuraman

Okuramanの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ユーゴ紛争勃発と時期が重なり監督はノイローゼ状態だったそうでその混乱が映画自体に直接反映されている(もう無理だ...ってなりながらやってるのがわかる)のが好ましい。
フェイダナウェイとリリテイラーの狂女対決も見ものだしスラックスの前チャックからバナナ出してくるなどギャロも絶好調。『GO!GO! L.A.』もみたい
AM

AMの感想・評価

-
デニーロ、パチーノ、ジョニーデップと来たか〜っ!
作中でさりげなーく本人の名前使うなんてもはやクストリッツァ映画でしか見られない!
レイジングブルに、北北西に進路を取れに、ゴッドファーザーに、ディ、ディアハンターっ!?
てかもうこれナウシカ!?
で、最後の三角関係構図恐ろしすぎない?全員何しでかすかわからないから冷やっ冷やだわ。
ねえフェイダナウェイがさ、ピーターウェラーに見えてきてさ、顔面半分露出状態ロボコップ想像したら笑けてきたの私だけ?

この人の映画のレビューはたいてい支離滅裂になるけど、皆もわかってくれるだろうから甘んじて好き勝手やってます。
楽し。
>|