幸せになる彼氏の選び方 〜負け犬な私の恋愛日記〜の作品情報・感想・評価

「幸せになる彼氏の選び方 〜負け犬な私の恋愛日記〜」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ルーシーは美人な雑誌記者。
欠点は悪酔いするところ、音痴で頑固で理屈っぽいところ。
誰にでもベタベタするわけではないがイケメンにはすぐ体を許してしまう。
男運のないルーシーは一時間後に結婚する。誰と結婚するのか?というお話。

まず、出てくる男性陣が個性的!
他人もいるエレベーターでセックスが物足りないと別れを告げる元彼ピーターはクソすぎる😠💢

ダグは真面目で優しい昆虫学者。
離婚したばかりで包容力ある大人で知的な読書家。
ルーシーが酔っ払ったせいでレストランを追い出されても責めずに寄り添ってくれる。むしろ慎重で臆病な自分が、ルーシーと破天荒な行動をしたことで新しい自分を見つけたと感謝してくれる。
しかし、大人なダンにはルーシーは子供すぎた。

ガブリエルはかなりイケメンの脚本家。
手が早くてチャラい。完全にヤリモク。
ルーシーは簡単に彼と寝たことを後悔する。

ボビーは女好きのおじさん。
不遇な元野球選手だった。
初回のデートで手料理をリクエストする男。しかも手が早い。
しかし肉食男子なだけで、人柄が悪いヤツではなかった。ルーシーとは恋に落ちないが、結婚式に呼ばれる程度の良い関係を築く。

バリーは皮肉屋のパソコン店経営者で初デートで元カノや仕事の愚痴を連発。
ファッションセンスがない。
ここまでだと、ダメな人間に見えるかもしれない。
ただ、少し不器用なだけなのだ。
ルーシーはもちろん、ルーシーの親を大事にしてくれる。絵画や海外旅行が好きでルーシーと趣味が合う。
しかもルーシーがずっと探していた薬を見つけてプレゼントしてくれる。
しかも嫌がると身体の関係は待ってくれる。
だが、真面目すぎて交際7週目でプロポーズしてしまう。
プロポーズに微妙な反応をされてもルーシーを諦め切れず、素敵な写真のスライドショーをプレゼントする。

ルークはオシャレなパリピでお金持ちの整形外科医。
女の子にモテそうなタイプ。
しかし、皆に優しいタイプで女性を不安にさせがち。さらに、プライドの高い彼は理屈っぽいルーシーとは性格が合わない。
店員さんにも冷たい。

「理想の人と必要な人は違うのよ」というルーシーのセリフが印象的。
最初は肩書きの良いルークが理想と考えていたが、結局一緒にいて居心地の良い人が必要だと考えた。

テンポが早くて飽きないし、すごく楽しい映画で、ラストは感動した。
ユイ

ユイの感想・評価

1.7
それぞれの良さがあるって事なのかな
理想と必要なものは違うっていうのは分かったけど、私はしっくりこなかったかも…
幸せな恋がしたいな
ばやし

ばやしの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

パッケージを見たときにこの5人の中で…どれもピンとこないかも…と思ったけど良かった。

ガブリエル役の人がすごくセクシーで可愛かった。
体の相性はもちろん大事だけど、行為後にルーシーが話したことはすごくわかる。
ステキな彼氏の見つけ方なら、ガブリエルかルークにくらっときちゃうな。恋に恋してる時期にはもってこいの男性像だなと思いました。
でも求めてるのは自分が生きていく上で必要としている人。そうなると2人はないなーって。

各々の初対面のシーンとデートとで、一番ありのまま(着飾っていない)ルーシーの姿がみれたダグとバリー。
バリーにはたくさんきゅんきゅんさせられた。薬もスケートもビデオレターも堪らん… 。バリーが会社のパーティーで中西圭三のA.C.E.歌ってるの、歌詞検索して聞いたけど、ユーモアあふれるバリーの行動と気持ちを思い出してまたきゅんとしました。
ダグは性格もあるがバツ1が相まってグイグイ行けない慎重な感じとか、ルーシーしっかりデートしてあげてよ!とか、最後の別れ際のシーンには切なくなりながらも、ダグの優しさに幸せになってほしいと思う素敵な男性でした。

ボビーも一発目ないなと思ったけど、少年心と大人の大きさを見せていくスタイルになかなかグッときました。
最後ボビーにハッピーが訪れましたが、あの場にダグもいて彼にもハッピーになって欲しかった笑 予想以上にダグにもっていかれていたようです笑

理想にとらわれ過ぎずに、沢山の人と出会って、本当に自分にとって必要な人は誰なのか。きちんと見極められる人にならなきゃなと思いました。
にこ

にこの感想・評価

3.0
他の人と比べて初めて気づく事もある。
お店の従業員に怒鳴る男はないわー。
セフレっぽい人、イケメンだった!
あちゃ

あちゃの感想・評価

2.0
第一印象で決めてしまうのは良くないのかもしれない、、、
それにしてもあのビデオのプレゼント、あそこだけ泣けた( ; ; )
87分という短い時間だからか展開が早くて少し追い付けない所が多かった。5人も相手が出てくるので誰が誰だっけ?と途中わからなくなりそうだった。
でも、主人公ルーシーの5者5様というか、色んな彼女の一面が見れて面白かった。最後の「理想の人と必要な人は違う」の言葉がすごく心に刺さった。
めーめ

めーめの感想・評価

1.5
男の人が5人も出てきて、誰が誰だっけ?ってなっちゃった。
個人的には、川がある部屋に住んでる子がかっこよかった。と思ってたら、ジュリエットからの手紙のイタリア料理人の人だった。
全然違うー。若い時のほうがかっこいいパターンか。この人の他の作品も見てみたい。
サリー

サリーの感想・評価

2.0
ひどい振られ方をした女性が、1年間の5回のブラインドデートをして、本当の彼氏を見つける。

5人とのデートの様子が、断片的に淡々と描かれる。主人公も5人も、キャラがぼんやり。コメディとも感動ともつかない。シーンをなぜ分割しているのか。色々と中途半端。
目的のガエル・ガルシア・ベルナルは素敵だったけど、脇役だった〜。
主人公モニカ・ポッターは、若い頃のジュリア・ロバーツに似てる。
〈15〉
ガエル ガルシア ベルナルさんを初めて見た映画☆
内容は記憶にない…
えーっ 、5股 〜 !
5人の男性をふるいにかけて 自分に合うひとを探すなんて すごー 。
5人の男性が それぞれ個性的で 当たり外れがあるのが おもしろかったよ 。
最終的に誰とうまくいくんやろー って思って わくわくした 。
たくましいぜ 、ルーシー 。
>|