ソウ2の作品情報・感想・評価・動画配信

ソウ22005年製作の映画)

Saw II

上映日:2005年10月29日

製作国:

上映時間:100分

3.5

あらすじ

『ソウ2』に投稿された感想・評価

猫背

猫背の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ゲーム内容が眼球の中にある鍵を取りだすだったり注射器大量の穴に落とされるのだったり痛々しくて観るのを辞められなかったです
Sara

Saraの感想・評価

4.0
2作目突入。ジグソウのゲームのルールは常にシンプル。あえてひねらせるような言い回しをしてるだけで、言葉はありのままなのに。そこを考えればジグソウってひねくれ者のように見えて、実はめっちゃ素直な奴だよなぁ。頭脳の裏側なんてただただ物理的な問題だったのに。最初から謎かけなんてしてないのに観客もろとも惑わせちゃうジグソウさすがっす。見てる側をいつの間にか参加者にしちゃうこのsawマジックたまりません。ほんで毎回騙されます。次は負けません。ストーリーの中身自体はまだまだ謎多き2作目です。
komi

komiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

1と比べて殺し方がちょっと雑に感じたのは自分だけかな?スプラッター要素もそこまで無かった。
それに首の番号と虹の彼方?とか言ってた事が結局分からないまま終わったのも残念。ラストのタネあかしは良かった。3に期待!
1作目の大ヒットを経てもの凄いプレッシャーだったろうに、このレベルの物語でアンサーできるのは凄いです。
映画シリーズとしてはこれ以降からダレていくという評価ですが、これをドラマや漫画として捉えれば普通にずっと面白いと思います。
前作よりもキャラクターの行動に違和感を感じますが、まあ気にしないこともできる範囲です。
相変わらず映像表現は気になりますが、それもまぁソウならではのお約束という事で。
Leon

Leonの感想・評価

2.9
ガバガバの仕掛けをいとも簡単に引っ掛かってくれてジグソウもさぞニッコリでしょう。人間描写にリアリティが無いためグロシーンの悲壮感も無いわけだが、緩急のない構成に鬱陶しい編集。作ってる時は楽しかったんだろうなぁ。生きていることに感謝感謝またいっぱい救いたいな。
み

みの感想・評価

-
面白かったーーー最後ネタバラシする前に自分で気付けたから余計面白かった!!!
1よりグロ要素多かった気がしてちょっとお菓子食べながら見るとかできなかったけど、相変わらずドキドキハラハラしたーー

刑事と麻薬の密輸の人がくそすぎてムカムカしたけどそういう人がいないと成り立たないしなあー

1の部屋に着いた時うわああーってなった、ジグソウが最前線で見届けたいタイプって言ってて今回は違うのかなって思ってたけどまさかアマンダがね!なるほど!!!
3も楽しみ
紗希

紗希の感想・評価

4.0
こういう映画めっちゃ好きです…。今まで見てなかったことを後悔するレベルで好きになっちゃいました…。グロシーンについては、実際に役者さんが痛めつけられてるわけじゃ無いしな〜って考えたら、痛そうにする演出どうやってるんだろ〜?ってまじまじと見る方向に変わりました。もう耐性ついたってことで良いかな☺️笑

1も2も最後のシーンだけループさせて永遠に見てたい。伏線の回収でダイジェスト的に場面が移り変わっていく演出大好きなんだよな〜。まあただ1と2は同じような展開だったから3はもっと大枠のストーリーが進んでいってほしいところ。

"ルール"を守ればいいだけ。
名前アマンダかぁ…アマンダ?!
ってなって最後のピッグは興奮した。

自分の首の数字を教えてもらうライアーゲーム的な騙し合いは始まらんかった。

FBI達で扉普通に開くやん!と思ったら
なるほどのどんでん返し
やお

やおの感想・評価

3.6
前作と比べて人数が増えていたりグロさが増していたりしたが安定の面白さがありました。
どんでん返しと伏線と言う面白さ、見た後に「なるほどな」なる展開が最高でした。
毎回絶対に答えがあったり生きれることをちゃんと教えているところもジグソウの良さでもありいつも一枚上手でした。
カメラワークやあのBGMなど良いところもありますが最後のすっきりした感じと絶望感が堪らなく好きです。

このレビューはネタバレを含みます

登場人物が一気に増えてなんとなく館モノのミステリを見てるような気分になった。
開始してすぐジグゾウの正体がわかった時はえ、そんなあっさりバラしちゃっていいの?と思った。動機など理解できる部分もあるが、決して人を殺して良い理由には全くならない。そして、いくら極悪犯と言えど病気を持ってるおじいさんに暴力を振るうシーンは見ていられなかった。
ラストは、少しどんでん返しもあり前作同様絶望感溢れるラストだった。
>|

あなたにおすすめの記事