ソウの作品情報・感想・評価・動画配信

ソウ2004年製作の映画)

Saw

上映日:2004年10月30日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

「ソウ」に投稿された感想・評価

後に『死霊館』や『アクアマン』
を手掛けていくジェームズ・ワン監督
の作品という事もあって、
今更ながらシリーズの第一作を初鑑賞。
サイコ・スリラーとして申し分なく、
シリーズ化していった事も納得のいく
秀作だと思った。

老朽化したバスルームに鎖で繋がれた
二人の男が、異常な殺人鬼である
ジグソウのゲームに参加させられ、
脱出を目指していく物語だが、
単純な脱出ゲームではなく、
犯人の正体を紐解く内容になっている事が良かった。
限られた登場人物の複雑な関係性を
サスペンス的に描いていき、
見事な伏線回収を最後まで繰り広げていると思った。
そして、エンディングへの入り方は、
BGMとも相まって素晴らしかった。
基本的にバスルームで進行していく
物語には、低予算なりの創意工夫を
感じられるが、
伏線となる回想場面が挿入され、
決して飽きる事のない展開を造り出していると思った。

只、どんでん返しと言える結末に関しては、
流石に無理があるのではないかと
少し思わない訳ではなかった。

続編が進むにつれて、
グロテスクな仕掛けやシーンが
過激になっていくシリーズだが、
少なくとも本作に関しては、
そこまで直接的なグロテスクシーンが
描かれる訳でもないので、
その点は意外に安心できる内容だと思った。
ただのデスゲーム系映画ではなく、
登場人物達の歪んだ人間模様や驚きの
サスペンスに惚れ惚れする作品だった。
ソイ

ソイの感想・評価

4.0
あまりグロくないので見やすかった。
最後の展開は予想できなかった。
Rufice

Ruficeの感想・評価

3.2
ああ痛い。絶対ひとりじゃ見れなかった。
有名な衝撃のラスト。
ぼい

ぼいの感想・評価

3.1
とりあえず見とかなきゃってなってビビりながら見た。
想像出来る痛さのゲームが多くて、ずっとゾワゾワしてた。
standfield

standfieldの感想・評価

3.8
インシディアス、死霊館など有名なホラー作品を手がけたジェームズ・ワン監督の代表作!

ひたすら痛々しく恐ろしい作品だったというのが正直な感想。
SAWが一体何者なのか、なぜ閉じ込められたのか、訳の分からない状況から次々と緊迫感が生まれてきて、最後はあまりの衝撃に心がズドンとなった。

足を切り落とすところはマジで震えが止まらなかった。

ラストは衝撃です。本当に衝撃すぎて叫んでしまいました笑
kanao

kanaoの感想・評価

3.5
羊たちの沈黙ばりのサイコスリラーだったとは…心理戦だらけのデスゲーム映画かと思ってましたよ…。

ジグソウは殺人鬼キャラの中でも大好きです。ワガママクソジジイなところが良い。

逆トラバサミは恐過ぎる。
二人鑑賞。

俺 73点 sawシリーズの最高傑作(最初ですが...)
妻 72点 あの登場人物だけでアレは凄い
Tag

Tagの感想・評価

3.5
昔兄貴がすごい推してたけど、そりゃ公開当初に観たら最高だと思うわなぁ。
人生で初めて見たどんでん返し映画。
定期的に見たくなります。
2以降はグロが強すぎてあまり見てないですw
Mayu

Mayuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

勝手にただの拷問系だと思って敬遠してたけど、ちゃんとストーリーあって最後まで見れちゃった。

ラストは衝撃すぎ、見えてるものが真実とは限らないのねこわいこわい笑
>|