ソウの作品情報・感想・評価・動画配信

ソウ2004年製作の映画)

Saw

上映日:2004年10月30日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

「ソウ」に投稿された感想・評価

衝撃のラスト。ほんとによく出来ているストーリー。グロい。シリーズの中ではこれが一番好き。
たける

たけるの感想・評価

3.5
グロと聞いてたのでかなり寝かせてから鑑賞。結果、低予算映画ということでグロ演出はほとんど隠されていたので全然大丈夫でした。終盤の畳み掛けは最高でしたね。あいつが立ち上がるとこの見せ方でしびれた!

ところどころの謎の早回し演出は笑えすらするw
堀田

堀田の感想・評価

3.8
グロテスクが苦手という面から観ることを避けていたのですが、友達がみたいということで初めて観させていただきました。想像以上にストーリー性のあるお話で、最後の結末も面白かったです。
続編もこれからみようと思います。
TSUTAYAで借りようとしたが、先客が長期間借りていたせいでなかなか観る事が出来なかった作品。
そのせいで無駄にハードルが上がってしまい「あっこんなもんですか」となってしまった。
別にこの作品は悪くない。
1か月以上借りていたアイツが悪いんや。
さぞかし50回ぐらいご覧になられたのでしょうね。

余談はさておき、明らかにこの映画のパクリの「アンノウン」という映画があるのですが、個人的にソウよりも面白かった。
ソウが好きな人はそちらもどうぞ。

このレビューはネタバレを含みます

非常によくできたサスペンス
知的な殺人鬼はかなり魅力的
ただ、ジグソウは命の大切さを教えるために私刑を与えてるようだけど、それにしては無関係な人を巻き込みすぎのような気がする
信念と行動がはっきりと噛み合っていないのが少し残念
RAM

RAMの感想・評価

3.3
『グロい』というものをみたい人にはちょうどいいんじゃないかなという作品
内容よりも映像のインパクトが強すぎる
じわじわと痛みつけるようなシーンが多いからこの手の感じは苦手な人と大丈夫な人が完全に分かれそう
ソウシリーズは2作品目くらいまででお腹いっぱい
FREDDY

FREDDYの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

密室で足を鎖でつながれた2人の男が直面する究極の選択と苦悩を描いたスリラー作品ということで。

印象としては、アイデア勝ちといったところですかね。密室にただただ監禁されているのではなく、ゲーム要素が含まれ、尚且つ単純に死を与えず、生きる道がわずかながら残してある。その小さな希望があるからこそ、極限に追い込まれた人間に狂気が生まれる。思わず頷かされましたね。この手の作品は多々あるが、この小さな希望があるかないかで展開が全く異なりますし、加減を間違えれば全てが台無しになる。だが本作は丁度良い塩梅で、それでいて"命の大切さ"を謳い、グロさは多少なりにあるがサスペンス要素が次の展開に期待を持たせる。素直に面白い作品ですね。

ただ、やはりグロ系が苦手な人には不向き。そこまで直接的な描写はないが、シチュエーションや演出、俳優陣の演技が良いのでイメージ映像が頭に浮かんでしまうかも。
eatme

eatmeの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ある部屋に2人の男と1体の死体が閉じ込められた。その2人はどちらかを殺さないと出られない。その2人の間に生まれる絆やもともとの関係性、またその周りの人物が大きく関わりながら進んでいく。この犯罪で主犯者は自分の手では殺さずに人にやらせる。その中で、主犯者は残りの短い寿命で、健康体でいられることへの感謝の気持ちがない人へ復習していく。

生きることの大切さを考えさせられた。
おーち

おーちの感想・評価

3.2
サスペンスの要素
最後がどんでん返し系

もっとホラー要素あればと思うけど
ジェームズワン様天才と思える作品の1つ

このレビューはネタバレを含みます

当時高校一年生の頃に初めて鑑賞(年齢がバレる笑)して、サスペンスの世界へと誘ってくれた作品。
ジェームズ・ワンの初長編監督作品、低予算映画とは思えない完成度。
やはり、ラストの伏線回収(あえて回収しなかった?伏線も)が素晴らしく、ソリッドシチュエーションスリラーという新たなジャンルを開拓したのも納得の出来。
これ以降続編が作られ続けたが、トラップの内容やスプラッター描写ばかり注目され、内容的にはこの一作目には及ばない。
生きているうちに、これ以上の衝撃的なサスペンス映画に出会えるだろうか?
>|