リターン・トゥ・パラダイスの作品情報・感想・評価

「リターン・トゥ・パラダイス」に投稿された感想・評価

のんchan

のんchanの感想・評価

4.1
ほぼ4半世紀前の作品。日本未公開でMark数が少ないけど、見応え十分で面白かった🌟
2転3転するので予測は裏切られ、不透明な結末でもあるが、社会派サスペンスであり、男の友情、恋愛、命の尊さ、他国の法廷劇...様々な重要なテーマが絡み合っている。
若き俳優たちの演技がとても良く、しかもそれぞれが活躍を維持しているのが凄いこと👏


2年前のマレーシア🇲🇾から始まる。その地で出会ったアメリカ人の若者3人。とにかく、若さありきで羽目を外して豪遊する。酒、女、そして大麻をイタズラに吸って、5週間後に別れる日が来る。何気に大麻の残りをゴミ箱へ🗑
ルイス(ホアキン・フェニックス、当時24歳)は環境保護活動をする為に現地に残り、2人は帰国して会うこともなくそれぞれ仕事をしていた。
ある日、運転手をしているシェリフ(ヴィンス・ヴォーン、28歳)の前に弁護士と名乗るベス(アン・ヘッシュ、29歳)が現れ、ルイスの現況を知らせる。それが2年間服役していて、8日後には絞首刑になると言うではないか?
それはシェリフがゴミ箱に捨てたあの大麻のせいだった。
トニー(デヴィッド・コンラッド、31歳)はハーバード大卒で仕事も順調、そしてケリー(ヴェラ・ファーミガ、25歳)と婚約中。
さて2年後に再会した2人は、ルイスを救えるのか?どうするべきなのか相談するが...

刑法は国によって様々だということを良く理解していないと、外国で軽はずみな行動をしたことで、命に関わることになる。
因みにマレーシアでは、大麻所持量が100gを超えると売人と見做され罪状が密輸になる。

売人の嫌疑を晴らす為には3人で責任を分担する必要があり、2人がマレーシアに戻って服役すれば全員が刑期3年に。1人だけ戻れば6年。2人とも戻らなければルイスは死刑‼️


この時のホアキンはジョーカー🃏並みに痩せていて、演技が素晴らしい✨👏

主役のヴィンス・ヴォーン(196cm)が超デカい😮優柔不断の遊び人だけど、微妙な心の動きの表現が上手い👌
新聞記者役でジェイダ・ピンケット・スミス(27歳、152cm、関係ないけどウィル・スミスは188cm)と並ぶとまるで大人と子供😵そんなことより、この記者のせいで事件が動いてしまう😱

他国での判決は納得行かないし、それぞれの後悔は生涯付き纏うだろう。かなり辛口だけど、ラストは希望が見える未来を感じさせる💟

心から観て良かった⭐️


※ジャケのヴィンス・ヴォーンがなぜかヒース・レジャーに見えません?
panpanmam

panpanmamの感想・評価

3.5
マレーシアで知り合った男性3人。
2人は帰国するが、1人はマレーシアに残るが麻薬所持で逮捕される。
2人が戻れば絞首刑から救うことができるが…
韓国ドラマの私の解放日誌
会話の中で出ていたので懐かしく
TSUTAYAで借りてしまった。
やっぱり後味悪い作品。
ブロークダウンパレス
マルティニークからの祈り
ミッドナイトエクスプレス
この三作品は実話
海外の刑務所に入った作品。
軽い気持ちで羽目を外したばかりに重い刑に課せられる。

1人が死刑になるか、3人で懲役刑を分かち合うかの選択。
その国の政府や裁判官の感情でコロコロ状況が変わるし、登場人物の心理もわかるから怖い😱
海外旅行に行った際、軽い気持ちで羽目を外さないように🙏
この映画意外と有名な俳優女優出てます。
ヴィンスヴォーン
ホアキンフェニックス
デヴィッドコンラッド
アンヘッシュ
ヴェラファーミガ
ジェイダピンケットスミス
友人3人組、1人が死刑になるか、3人で懲役刑を分かち合うかの選択。後味悪かったが見ごたえあり。
なんてこった😱

ホアキン・フェニックスの演技はこの頃すでに完成されてたんだな。今観るとあの獄中や法廷での演技は「ジョーカー」を思い出す。

麻薬に対する厳しい司法制度を持つ国でバカをやらかし自業自得な悲惨な投獄、そういう意味で「ミッドナイト・エクスプレス」を思い出す。
マレーシアはある程度の量の麻薬保持で死刑になるらしい。厳しすぎるが、マレーシアにはマレーシアの言い分がある。欧米とは考え方が違う。

ルイスはそれを知ってたのか知らなかったのか。あの感じだと知らなかったんじゃなかろうか。
それにしても自業自得だ。だからギリギリまで何も言わなかったんだろうね。

シェリフとトニーが迫られる究極の選択の決断も酷だな……
自分だったらどうするかねぇ。

どっちの選択がいい悪いという話ではない。

見終わってからどんよりするわ……

ヴェラ・ファーミガがトニーの婚約者役で出てた。これが映画デビュー作。

リターン・トゥ・パラダイスってダブルミーニングでしょこれ😱

コメント欄にメモあり👇
マレーシアで知り合った男性3人。
2人は帰国するが、残ったひとりが麻薬所持で逮捕される。
2人が戻れば絞首刑から救うことができる。
ヴェラ・ファーミガの映画デビュー作。
ホアキンの表情が心に残る。
RH2017

RH2017の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

うーん、何とも言えない作品だった。
面白いかと聞かれれば、面白くはない。笑
でも、つまらなくはないし、最後まで飽きずに見れる。

相変わらず冒頭では可愛くないのに、途中から可愛く見えて仕方ないアン・ヘッシュが魅力的。
仮にメディアが騒ぎ立てなければ、弟は死刑を免れる代わりに、好きな男は懲役6年。
メディアが騒いだことで、弟の死刑は執行。その代わり好きな男は半年で出られそう。
どちらが彼女にとって良かったのかな。
もちろん人道的には前者なんだろうけど、なんか彼女の葛藤みたいな部分を考えさせられるな。

それにしても、海外で逮捕されるって本当に怖い。自分も海外旅行は好きだから気を付けなきゃなって改めて思った。
記録。
それぞれの8日間。

異国の司法によって処刑されようとしている男、彼を救いたいが故に罪の折半を打診する女、女の打診に葛藤する男たちの姿を描く社会派ドラマ。

マレーシアで知り合い、ドラッグを伴う豪遊の限りを尽くしたシェリフ、ルイス、トニー。環境保護活動のために滞在を継続したルイス以外の2人はアメリカに帰国して2年経ったある日、弁護士を名乗るベスからルイスの過酷な近況を知らされる…。

日本では未公開だけど本作は1998年の作品。ヴィンス・ヴォーンもホアキン・フェニックスもアン・ヘッシユも20代で若い。

さて本作、何気に怖いお話。
いつぞやのニュースで聞いたことのあるようなシチュエーションなんだけど、罪に対する重み付けは万国共通では無い。

自国基準で考える尺度とは異なる尺度で裁かれる怖さ。「知りませんでした」は通用しない。裁く側からしたら極刑に値する重罪なのだ。

やり切れないのはメディアの節操無さが引き起こす急転直下。個人を裁くための裁判でメディアの報道を国の総意と捉え判決に反映させる裁判官に納得し難いってのもあるけど、とにかくあまりに残酷。

一見作品にとっての不純物になりかねない恋愛要素は本作の場合必要だ。それ無しでは救いが無さすぎるから。
jill

jillの感想・評価

2.5
ホアキン俳優論用。
マレーシアで悪事を働いた若者のうち一人が捕まり二人はアメリカ。戻らなければ一人が死刑になる究極の選択でプロットは面白いのにラストガンガンBGM流してガンガン雨降らせる通俗的な演出なのがマイナスすぎる。
遥か昔、ヴィンス・ヴォーンにはまってた時代に観た。
マレーシアの法律本当にああなの?
ホアキン・フェニックスがかわいそうだった。
怖くなった。後味が悪かった。
No.2528.
まさかの「後味悪い系」映画でした。でも、だからといって低評価にできない、なんとも言えない不思議な余韻のある映画でした。

アメリカの若者3人シェリフ、ルイス、トニーがマレーシアのペナン島へ遊びに行きます。

そこで軽い気持ちで麻薬に手を出します。

それからしばらくして、3人のうちの一人ルイス(ホアキン・フェニックス)はそのまま現地に残り、残り二人は帰国。

さらにしばらくして、ルイスの弁護士と名乗る女性がシェリフの元を訪れ、次のように言います。

「ルイスがあの時の麻薬所持で現地で捕まった。しかもマレーシアの司法制度により、死刑宣告を受けてしまった。だが、あなたたち二人(シェリフとトニー)が現地へ戻って服役すれば、ルイスの死刑はまぬかれる」

と。

さぁ、困った、シェリフとトニー。
ルイスとの友情を取れば異国の地で服役生活、
取らなければ自分たちは自由の身だが、ルイスは死刑・・・。

ストーリーは上手い具合に転がっていって、最初のうちはヒューマンドラマとサスペンス半々ぐらいの感じが、

途中から完全にサスペンスになり、最後はちょっとホラーみたいな怖すぎる展開に。(※ただし、ほんとに裁判長はあんなことが独断でできるのか、そこは鵜呑みにしていいのかしら・・)。
QUENZE

QUENZEの感想・評価

2.5
海外を旅行中、麻薬所持で当局に拘束された若者の話。
軽い気持ちで羽目を外したばかりに重い刑に課せられる映画は『ブロークダウン・パレス』とかもあったなぁ、なんて思いながら。
その国の政府とか裁判官の感情で処遇がコロコロ変わるとかほんと酷い。
<後味映画>
>|

あなたにおすすめの記事