SLC(ソルト・レイク・シティ) PUNK!!!の作品情報・感想・評価

「SLC(ソルト・レイク・シティ) PUNK!!!」に投稿された感想・評価

すっごく面白そうな題材をすっごくつまらなく仕上げてしまった残念な作品。メディアが再販されないのも仕方がない🙄

舞台は1985年のアメリカはユタ州ソルトレイクシティ。モルモン教の総本山。その影響でビールのアルコール度数が4%未満に規制されている州です。パンクどころかロックンロールも似合わない場所です。そして1985年といえばパンクもすっかり下火になって冷え切った頃。ニューウェーブの時代。LAメタルの時代です。そんなパンク不遇の時代にパンク不毛の地でパンクをやる若者たちの話です。ね?面白そうでしょ?

日本だと『SR サイタマノラッパー』とか面白かったじゃないですか。埼玉でラッパーを目指す話。舞台設定としてはかなり近いんですよ。埼玉がソルトレイクシティになって、ラップがパンクになっただけ。面白そうでしょ?

ところが、全然おもしろくない!!!なんか、全てが中途半端なんですよ。そりゃ、ユタ州だし1985年だし、中途半端な時代ですよ。それをそのまま中途半端に描くことないじゃない😳 スティーボ、ボブ、マークのパンクキッズたちも単なる中二病の集まりにしか見えないんですよね。まあ、かわいらしくはある。でも、おもしろくない。

ちなみに、1985年は日本のパンクシーンはラフィンノーズとかウィラードとか、あぶらだこの時代ですね。アメリカだとマイナー・スレットとかデッド・ケネディーズとか。その音楽は使われるんだけど、もっと話の中にも食い込んで欲しかったなあ。結構、頑張っていた人たちはいるんですよ、パンク不遇の時代にも。それをソルトレイクシティというさらに不毛な地でやってんだぜ!みたいな。そんな感じの映画だったらよかったのに。
ノー・フューチャーを気取りながら結局ズ〜ッと生き続けるハメになったクソガキ共に捧ぐ!!
アメリカ版トレインスポッティング。
アホがアホする映画。
パンクとロック。
Ikumi

Ikumiの感想・評価

4.0
Who cares who started it?
It's music.
Kei

Keiの感想・評価

3.0
宗教色強めのユタ州ソルトレイクシティで生きるパンクキッズの話。いわばアメリカ版トレインスポッティング。内容的にはトレスポ2に出てくるような話(パンクであることへの疑問、青春の終わり)などにも踏み込んでいる。
主人公たちがいつでもワーワー騒いでるのでなんか元気出てしまう。
サントラもMinor ThreatやSpecials、Ramonesなどパンクオールスターズ。ちょっとグランジに行きかけてるファッションセンスよいね。
よした

よしたの感想・評価

3.0
1985年というパンクスとしては微妙な時期に、ユタ州ソルトレイクシティという微妙な場所に住んでいるパンクスを描いた青春映画。ファッションがゴリゴリのパンクスというよりは、若干グランジっぽいテイストも入っていてなんともおしゃれ。そして劇中、Punks、Mods、Rednecks、Neo-Nazis、The Heavy metal Guys、New waversというクラスタ別に分けたヒエラルキーのようなものが解説されているのも面白い。サントラは、The Exploited、The Stooges、The Specials、Generation X、The Velvet Underground、Dead Kennedys、Minor Threatなどなどとても豪華なラインナップ。
k

kの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりの鑑賞とは思っていたがもうちょっとで20年ぶりという事実に驚いた。
当時も青臭さを感じたが20年経ったらますます青臭さかった。
結構ベタな音楽を使っているところが好き。
久々に観たけどやっぱり好き。
フィクションのパンク映画で好きなのにあまり出会わないけどこれはまだ好き。
ラストはやっぱり泣きそうになる。
tomoco

tomocoの感想・評価

-
スコア保留。

アメリカユタ州ソルトレイクシティの2人のパンクス男子の友情やら何やら。
厨二っぽいw

音楽好きでパンクが好きじゃないと、ほぼおもしろくないかもしれない。
トレインスポッティング的な描写もあり。
世間から見放された反社会的で、日々フラストレーション気味なパンクス…よくありがち。
若気の至りですね〜!
モヒカン族っぽい、もろモヒカンが出てきますw

反社会体制・反政府のスタイルはわたしも根付いてるかもしれない。
孤立しがちだけど。
そういう声を訴えるために、音楽は生まれたわけで…。
"政治を持ち込むな"と先日話題になったフジロックに久々に行くのが楽しみ!!
もうずっと見たかったのにTSUTAYAにも置いてないので買った。