ゴア・ゴア・ガールズの作品情報・感想・評価

「ゴア・ゴア・ガールズ」に投稿された感想・評価

昔の映画だなって感じ。作り物感が強い。もう少しリアリティがあったら良かったなぁ。ストーリーも先が読める展開だったし、犯人についてもちょっと無理がある。ダンスは面白かった。
リメイクあるなら観たいかも。
MIQADDAMS

MIQADDAMSの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

お尻ミンチに塩コショウ🥩
顔面フライ🍟
チューイングガムが血で赤くなるの良かった〜
みんなでギャーギャー騒ぎながら観ました。

久しぶりに観たら、主役のアイツがめっちゃウザいキャラで、やり取りや価値観も昭和感満載(洋画だけど)。

とはいえ、明らかに作り物にもかかわらず、あんなにグロい描写はやっぱサイコー!

あのゴア描写だけで、この映画は大いに価値がある!
ハーシェル・ゴードン・ルイス監督作品
ストリッパー連続殺人事件

次々と殺されるストリップガールズ。
殺され方は残酷極まりない。
肉叩きでお尻ペンペン…あれは絶対に痛いわ…
作り物感は満載ですが、結構なグロ・ゴア描写。

個人的には、ストリッパーにエロさや美しさを感じられなかったのが残念すぎる。
その点、同年代のイタリアホラーの巨匠達は美人を上手く使う。
まあ好みの問題やけど。
  ストリッパーばかりを狙った
  残忍な連続殺人事件が発生⚠︎
 主人公の探偵は捜査を開始するが
 その間にも美女が次々惨殺される…

 ハーシェル・ゴードン・ルイス監督
  によるスプラッターホラー🎬

 🚨惨殺シーンがいちいちグロい🚨
  👙美女が次々脱いでいく~👙
 
 ストリッパーが狙われる物語です♪
 美女のエロエロダンスも堪能できるし
 美女のグロゴア惨殺も楽しめる作品🤗

ノリノリの音楽の中でおしりフリフリして
  踊りながら脱いでいく美女達に
 女の私でも気付けばガン見状態🧐エロー

  そんな美女達が何者かに襲われて
  次々と惨殺されていくのですが、
 その惨殺方法がなかなかのグロさ◎💮
 
 顔面潰し・お尻ペンペン肉潰しなど…
 バリエーション豊かに見せてくれるので
 次はどんなパターンで惨殺されるのか⁈
 と、何だかワクワクしてしまう程🤫笑

 犯人が誰なのか考えながら観てたのに
 “いちいちグロい” 人体破壊が勝って
犯人当てが頭から飛んでしまいました😂

 ノリノリの音楽×ストリップショー♪
  そしてグロゴアがSETで観れる…
まさにゴアゴアガールズな作品でした💃
ちゃき

ちゃきの感想・評価

2.4
2022年248本目
尻肉剥いでる時のBGMが運動会の入場する時のやつって……笑
スプラッター系それほど見てるわけじゃないけど、今まで見た中で一番直接的なグロだったかも🤮🤮🤮
一部の性癖の人とかにはとんでもなく刺さりそう。
一人旅

一人旅の感想・評価

3.0
ハーシェル・ゴードン・ルイス監督作。

スプラッター映画の元祖:ハーシェル・ゴードン・ルイスが監督を務めたスプラッターミステリーで、ストリッパーを標的とした連続殺人事件の捜査に乗り出した硬派な私立探偵:ジェントリーと女性記者:ナンシーの奮闘を描いています。

殺人事件を巡る探偵ミステリーという形で物語は進んでいきますが、当然のことながら最大の見せ場は血みどろゴア描写の数々にあります。殺害したストリッパーの頭部を激しく損壊するグロテスクなシーンを、クロースアップ&長々と見せつけてくる悪趣味全開のゴア映画となっていて、くり抜いた目玉を潰してから元に戻す、顔面をミンチ状になるまで潰す、肉たたきでお尻を挽き肉にする…と猟奇性満載の殺人スプラッターが目白押しとなっています。

ストリッパーが被害者なので、前述の強烈なゴア描写に加えてお色気ショットも豊富に盛り込まれています。舞台上で踊り子達が踊りながら脱衣していくストリップダンスショーは脈絡なく挿入される男性客向けサービスカットとなっていますが、一番の美人である女性記者のヌードは最後まで見せてくれません。

蛇足)
乳首の先っぽをハサミで切って母乳を強制噴射させるという発想は相当狂っていると思う…。
mia

miaの感想・評価

3.7

✔️ ストリッパ~連続殺人事件🩸
被害者がストリッパーのせいなのか、いちゃ²からの殺害とかじゃなくて、自主的に脱いで刺されにいくスタイル。
殺害方法はレパートリーが多くて凄い良かった。
特に油に顔突っ込まれたり、眼球を抉って潰して元に戻すのが意味分からんくて好きです(笑)

✔️ 探偵・エイビー
潔癖症らしくて所作が割とあった。あと助手の女性が良いアクセントになってたし、出来レースには何とも言えないです🤫 金で情報聞き出したり、警部が官能的な話に興味津々だったり、煽てられて調子に乗っちゃうのが面白かった。肉叩きのやつも色々インパクト強めでした。

✔️ 雰囲気
ラデッキー行進曲がひたすら流れたのがしんどい😂
アップテンポなのがやけに耳に残っちゃうし、思い返せば話の半分くらいストリップ劇場にいて観させられる‼️

✔️ 総括
ある意味、内容はダラダラしてますね。
でも私はこの雰囲気が好きですし、チープさはありましたがゴアにはしっかり力を入れています。
まさに『ゴアゴアガールズ』です。
ずっと気になってたハーシェル・ゴードン・ルイス監督‼️
想像とは少し異なったけどゴア求めてたので、ちゃんと年代物ぽくてコメディアリで楽しかった😊
HI

HIの感想・評価

1.3
女性ストリッパーの連続殺人が発生。記者のナンシーは探偵のジェントリーに調査を依頼する。

1963年の『血の祝祭日』で世界初のスプラッター映画を誕生させたH・G・ルイスの1作品。ストーリーなど取って付けたようなもので、殺人の合間に安い芝居やストリップが続く。
サーカスの入場曲のような軽快な音楽をバックに、明らかに人形と分かる女性の顔をグッチャグチャにする。作り物丸出しだが、血糊やゼラチン等を駆使して頑張ってはいる。

ネットサーフィンしながら片手間に観たがそれでも全く問題ない
ooooo

oooooの感想・評価

3.5
夏です
ストリップ

陽気な音楽、血、裸!エログロが
基本。大好きです
>|

あなたにおすすめの記事