ゴア・ゴア・ガールズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴア・ゴア・ガールズ」に投稿された感想・評価

NYARGO

NYARGOの感想・評価

3.3
百歩譲って殺したい気持ちは汲むとして何でそうやって殺さなあかんかが1ミリも分からんくて好き
人体破壊のグロ描写は確かにあるが、個人的にはどうでもよく、それよりトラッシュムービーならではのシュールなユーモア感覚に魅了された。
真っ先に連想したのはジョン・ウォーターズの『ピンク・フラミンゴ』で、ほぼ同時期の作品である。
監督の他の作品はまだ観ていないから何とも言えないところで、本作の『ストリップ劇場』という舞台設定が、個人的にツボだったのかも?
とにかく現場に蠢くスレっからしな女たちに与えられた台詞や演出が、素人役者陣の適当な演技にピッタリとマッチしていて、たまらない(字幕もグッジョブ)。
また助平オヤジや急進派フェミニストをおちょくる演出はイチイチ気が利いており、終始笑いが止まらなかった。
保守的なエンターテイメントに辟易としているインテリが、悪ノリを暴走させている感じが小気味よいのだ。
事実、脚本はまともなので、撮り方さえ変えれば一般作としても充分にリメイク可能。
ぜひ石井輝男に撮って欲しかった。
ストリッパーばかりを狙った連続殺人事件が発生
彼女達の顔面や身体がは大きく損なわれいた。
女性記者のナンシーは私立探偵のジェントリーと共にこの犯人を追う。
顔の損壊についてはちゃちい感じ…目玉はやたらクローズアップされるけど。
連続殺人に関してジェントリーは冷静って言うより他人事みたいに振る舞うからなんか入り込めん…
1箇所めっちゃカメラ目線でセリフ言ってたし。コメディかよ。
あんな身内の殺人で分かりやすいのになかなか捕まらないの不思議やね。
面白いとも面白くないとも言えん感じの内容だった。
花梨

花梨の感想・評価

3.7
ストーリー的には大したことないけどゴア描写とか殺され方とか叫びまくる女性とか色々と面白くて良かった。チープさを感じさせないくらいありえんだろ!というところが多くて楽しかったです。ハーシェルゴードンルイス最高
かの有名な『レインメーカー・ショック』に勝るとも劣らない『ハーシェル・ゴードン・ルイス・ショック』を文字通り味わった私は、その余韻を堪能すべくもう1本見ることにしたのであった…

何でもいいやということで名前と絵面とジャケ写とサムネイルのインパクトで選んだわけですが、ストーリーや全体的な面白さはともかく絵面だけは『2000人の狂人』以上でした
もちろん撮影技法が飛躍的に向上しているわけではないので、人形は人形、つくりものはつくりもの、チープなところはチープなままですが、特筆すべきはそのやる気、顔を執拗に鏡に叩きつけるところから始まるしつこいくらいに続く人体破壊活動!どこからどう見ても作りものなのに、それでも気分が悪くなるのだからたいしたものです
登場人物やストーリーも存外にしっかりしていて、欠点らしい欠点が見当たらないいい作品です、好みだから贔屓目でみていますけどね
Abby

Abbyの感想・評価

-
ストリップ・シーンは全然だったけどグロ・シーンは最高(*≧∀≦*)

こだわりがあるのかないのか分からない眼球を出して戻したりが笑える(゜∇^d)!!

グチャグチャがたまらない( ̄ー ̄)

お尻ガンガン叩かれて抉れて死にはしないよ〜(* ̄∇ ̄*)

全編のギャグが何とも言えない(^◇^)

犯人の最期がもう爆笑( ̄∇ ̄*)ゞ

こんな間抜けな殺人者の最期の映画あるかな〜。
スプラッター映画界の始祖!
ハーシェル・ゴードン・ルイス!!!



今更ながら、この監督の世界観に触れる!
タイトルやジャケ写から分かる通り“ゴアゴア”な映画となっています(笑)
とにかく顔をぶっ叩いたり、引き裂いたり、グロリンチョ♪

肉たたきでお尻ペンペン!
血だらけになったお尻に塩をふりかけるww
眼球もグリグリ引っこ抜きますよ♪

乳首の先端を切り取って母乳がブシャ~!
新鮮なミルクいただきま~す♪

あとは無意味なストリップショーw
たっぷり見せてくれる。



死体を見つけて叫ぶおばさん。
「あぁぁぁああああ!!!」

周りの人は「何があったの!?」と聞く。
「ぁぁぁあああぁあ!!!」
答えることはなく、ただ叫び続けるおばさんww

「何なのよ?答えなさい!」
「あぁぁぁぁあああああ!!!」

もうええわwww
ここが一番の爆笑シーンだったw



ストリッパーが殺害される事件が相次ぎ、主人公の探偵が調査する話。
…なんだけど、物語とかどうでもいい(笑)
基本グダグダだし、終盤になって唐突に犯人が分かる。
強引にまとめて終わっちゃうしねw


心ゆくまでゴアゴアを堪能したい人にオススメ♪
出来の悪いダリオアルジェントのジャーロ映画みたい。
でも殺人シーンは完全にゴアしてます。
これで1972年の映画なんだからすごいね。
目玉くりぬいたり乳首切って乳しぼりしたり
古い映画なのでしょうがないですがちゃっちいけどゴア。
犯人の動機など最期の5分くらいで一気に説明するのは
ちょっとねぇ。これもうすこし推理シーンをちょこちょこ
入れたりして観客にミスリードさせたりしたら傑作になったかもしれないのに。
犯人の意外性も後付けみたいだし。
だいたいストリップシーンとか二人の男女主人公のつまらん会話
が長いんですよ。
でもオバカな警部とかカメラに向かって話しかける主人公とか
笑えるところもあるし
カルト的には名作だと思いました。
ゴアゴアガールズ。
すごいゴアが見れるに違いない!

探偵の主人公がストリッパー連続殺人事件を追うお話。

ゴアはスゴイしかなりキモいんですけどストーリーが長ったらしいし、上映時間の半分くらいはおもしろくもエロくもないストリッパー達のダンス。
探偵モノとしては結構面白いと思います。
誰が犯人なのかさっぱり分かりませんでした。

ゴアはすごいですね。
とにかく目ン玉を引っ張り出して握りつぶしてからまた戻すというキモ技。
ミートスマッシャーでケツを叩かれただけで死ぬ人もいます。
たしかに痛いとは思うんですけどものの数発で死んじゃいます。

あと倍は人が死んで欲しかったですね。

まぁ昔の作品ですしこんなもんとも思います!

2020年323本目
顔面図画工作映画。
あの手この手でぐっちゃぐっちゃを追求してて面白い。
時代が時代だから作り物感が全面に出てるけど、むしろリアルにやられてたら発禁になるだろうな。
最後犯人の死ぬ音が。
ペチョって。
>|