ザ・リッパーの作品情報・感想・評価

「ザ・リッパー」に投稿された感想・評価

  血祭りからの美女達の絶叫…
  切り裂き連続殺人鬼が迫り来る
  ルチオ・フルチ監督による
   エログロ×ジャッロ🇮🇹🎬
  
  🦤グワッグワッグワッ…🦤
 ★アヒルの物真似殺人鬼の登場★

  GEO宅の貸出中が長く続いて
 待ち続けた本作をやっとこさ鑑賞♪
 
グワッグワッとアヒルの物真似をしながら
 女性ばかり狙う『切り裂き殺人鬼』🚨
しかも切り裂く様子をじっくりと見せる、
  なかなかグログロな殺害シーン🗡

 乳◯切り裂き&眼球切り裂きなどなど
  アップで見せてくれる痛々しさ🫣
(フルチ監督は目を痛めるのがお好き♡)

 そしてグロだけではなくエロも充実㊙️
   これはかなりエロエロです♪
 (1人で観る事をオススメします♡)

犯人は誰か⁈色々予想しながら観てたけど
   エログロがあまりに豊富すぎて、
 途中から犯人探しを忘れてしまう程😆

 ホラー&サスペンス要素が両方味わえて
 最後まで楽しく鑑賞できたグワッ♪🦤

※オープニングからテンション上がる~♡
  🐕🤚🐕🤚🐕🤚🐕🤚🐕🤚

   thanks⭐︎⭐︎寅次郎先輩⭐︎⭐︎
昔みたな。セクシーかつグロテスクかつミステリアスで。低予算ながら、良く出来ていました。アヒルの声真似はしましたよ。クエクエ、お前はエジキだぁってね。
hisauk

hisaukの感想・評価

3.6
ルチオ・フルチ監督のサスペンススリラー。

舞台はニューヨーク、アヒルの声を真似た殺人鬼が次々と女性を殺していく。

かなりエロティックなシーンもあり、グロシーンもありです。

アヒルの声で犯人からの電話。
時々「クワッ、クワッ」アフラックのコマーシャルを思い出してしまった😅
おかげで怖さは皆無。

ただ、裸の女性がカミソリで殺害されるシーン、「痛い、痛い」と思わず声に出してしまった💧

犯人には切ない事実があり、それを悲しみ健康的な女性を残虐な手口で殺す。

昔のニューヨークはあんなことショーでやってたのかぁ。
今は違うんだろうなぁ。

イタリアでこの様なホラー色の強いサスペンス映画の事を「ジャッロ」または「ジャーロ」と言うそうな。
めぐ

めぐの感想・評価

3.3
冒頭、おじいさんと犬が散歩中。
草むらから犬が咥えてきたあるモノから恐ろしい殺人事件の幕開けになります。

被害者は全て女性。犯人はアヒルの声で警察を挑発し、被害者で唯一助かった女性・フェイはある点に気付き事件の真相に近づくというサスペンスと、エロスとゴアが混ざったような本作。

描写がこの時代の割には生々しく、斬り付けるシーンをご丁寧に見せてくれますw
そしてやはり目が痛たた…のシーン今作もありました(目を痛めるの好きだなw)

ちょっと切なさもあり、なんとも言えない作品でしたね〜
ルチオ・フルチ監督のサイコサスペンス
舞台はニューヨーク
切り裂き連続殺人事件、犯人は何故かアヒルのモノマネ。

乳首切り裂きや眼球切り裂き等、結構痛々しい人体切り裂きゴア描写あります😱
あとエッチなシーンも多い。
初見だと思っていたが、カミソリで乳首を縦に裂くシーンで昔観たことを思い出した。

それにしても、アルジェントが同年に撮った『シャドー』に比べて残酷美もクソもあったもんじゃないが、ありったけの悪趣味ゴアのつるべ撃ちには圧倒される。
散歩中の犬が腐敗した腕を咥えてくる・割れた瓶で女性器を刺す・眼球を切り裂く…
眼球裂きのシーンで、目玉が割れる時にぐぼっと血と涙が溢れる特殊メイクが『サンゲリア』時代より凝っていて大分グロい。

一応、犯人探しのミステリーなど用意されているが、判明して早々に犯人の頬が銃撃で大破壊されたショックで謎解きが印象に残らない。
500

500の感想・評価

2.9
人間の手首を咥えたワンコが登場→ババーン!とタイトル出るの最高(BGMも無駄に格好良い)。

剃刀で乳首切り裂かれる女の子可愛いな、と思っていたら、『地獄の門』で内臓嘔吐していたダニエラ・ドリアだった。身体張ってるな〜。
グワッ!グワッ!グワッ!


ルチオ・フルチがお送りするドナルドダックジャッロです。脚本には「食人族」なんかでお馴染みのジャン・フランコ・クレリチも関わっています。グワッ!グワッ!グワッ!

若い女性ばかりを狙うアヒル声の連続殺人鬼を、ちょいちょい娼婦に抜いて貰っている中年刑事と一人チェスが好きな心理学者が追うお話。グワッ!グワッ!グワッ!

「サンゲリア」や「ビヨンド」と言ったガチゴアとまでは言わずとも、じわじわと肉体を切り刻んでいく描写は中々印象的でした。相変わらず目玉も攻めていますね。グワッ!グワッ!グワッ!

そして無駄に性描写も濃い。
欲求不満の人妻がひたすら興奮する様をじっくり丁寧に描き、セックスを生鑑賞出来る謎の風俗シーンも結構しっかり映す所を映しております。と言うか生で見れても殆どの人は皆座って見ているだけで、逆に生殺しじゃね?とか思いました。グワッ!グワッ!グワッ!

刑事と学者コンビの活躍なんかも見所かなー、とか思っていましたがかなりギリギリまで犯人に翻弄させられていてちょっと残念でした。
あと動機も強引というか、予想外の角度によるものだったんですがまぁ他のフルチ映画に比べれば全然腑に落ちるかなと。地味に悲しいんだけど、犯人のアヒル声がそんな雰囲気も吹き飛ばすある意味爽快なジャッロでした。グワッ!グワッ!グワッ!
山本1987

山本1987の感想・評価

2.7
スプラッターシーンは最高
犯人の動機が唐突すぎ

ストーリー 10
映像 14
演技 9
また見たい度 10
その他 10

計53
乳首も眼球も真っ二つ♪

ルチオ・フルチ監督によるエログロジャッロ!

アヒル声=ドナルドダックボイスなのが面白過ぎて、つい物真似しながら観てしまった(笑)

喋りだけでなく、グワッグワッてとこまでやるのww

いやいやこれネズミさんから苦情とか来ないん?



ニューヨーク。

美女が切り裂かれる連続殺人事件が起きる。

フレッド・ウィリアムズ警部補が捜査にあたると、アヒル声の犯人から挑発電話が。

そんな時、4人目の被害者が奇跡的に助かり、犯人は右指2本が欠けていると判明する。

警部補は逆探知等から徐々に犯人を追い詰めていくのだが……



怪しげな人物を数人配置し、エログロな殺害シーンもたっぷり撮す☆

ナイフやカミソリでザリザリじっくりと切るシーンは、血糊はペンキながらなかなかのモノでした!

流石フルチだなぁ~

冒頭、ワンコが手首咥えてくる
→てってれー!
→タイトルばばん!
からしてもう最高(* ̄∇ ̄)ノ

が、ドナルドダックボイスはどうなんだww?!
普通のボイスチェンジャーとかヘリウムガスとか使えば良いのに、何故アヒルwww

短尺でサクサク殺人、サクサク犯人捜査♪
これはフルチでもかなり好きな作品となりました!
>|

あなたにおすすめの記事