機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-の作品情報・感想・評価

機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-1998年製作の映画)

Martian Successor Nadesico - The Motion Picture: Prince of Darkness

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.8

「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」に投稿された感想・評価

なつき

なつきの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

あのハッピーなテレビシリーズの中であとになんであんな悲しい出来事設定して続編作ったのオチも幸せじゃないから蛇足にもほどがあると未だに心に刺さった棘が抜けない。
TV版からは想像もつかないような凄惨な展開と救いようのない結末に度肝を抜かれました。
でもナデシコは人の汚い部分もきちんと描く作品なのでここまでシリアスになるのも仕方ないのでしょう。

熱く盛り上がる最終決戦はテレビ版同様に見応えがある演出なので良作でした。

確かにTV版ファンからすれば納得出来ない点はあるとは思います。
しかしアニメ映画としては間違いなく名作の部類に入る作品です。
誰もが少しずつ変わってしまう。
それは当たり前で、それが切ない。
アキトがダークになり過ぎて悲しくなる…(´-ω-`)

ブラックサレナはめちゃめちゃかっこよくて好き(о´∀`о)

もう君に、ラーメンを作ってあげることはできない…
kjkmo

kjkmoの感想・評価

4.0
なんでアキトはここまでの境遇に落とされたのか。
ナデシコBのデザインと、内部のUIがナデシコ感バリバリで好き。
ひらた

ひらたの感想・評価

4.1
こんなに幸せになってほしい主人公はなかなかいないと思う。
本編の初めからは予測できないようなシリアスさ。
ブラックサレナかっこよすぎ。個人的に好きなアニメ。
コメディの皮をかぶったシリアスアニメ

しかしなんとも魅力のある絵のタッチとそれに似合っているストーリー
随所随所に見られるかっこよさ、
ルリルリのかわいさ。
大人になってみると更に良さがわかる作品
ドタバタテンションと強烈キャラが戦争という笑えない現実とゲキガンガーという虚構の中で葛藤する奇妙な作りの良作テレビアニメの劇場版

シリアスマシマシだけど らしさは失っていない にしても救い用がないくらいな悲劇や

ブラックサレナはハゲるほどカッコイイ
u

uの感想・評価

3.5
散々コメディ要素がない鬱作品と言われているが、テレビシリーズでお馴染みのギャグを要所々々で入れてくれるので、そこまで暗い印象は受けなかった。むしろハッピーエンドだと思う。

テレビシリーズのキャラも総登場し、ストーリーがしっかりしているという秀逸な出来栄えだったと思う。
Ts

Tsの感想・評価

4.0
テレビシリーズの明るい展開とは一転して、アキトが復讐を果たそうとする所と、そんなことが起きていたことに気付かなかった仲間たちの平和な生活のギャップ。

ナデシコの集大成。素晴らしい劇場映画。
>|