劇場版ラーゼフォン 多元変奏曲の作品情報・感想・評価

劇場版ラーゼフォン 多元変奏曲2003年製作の映画)

Rahxephon - The Motion Picture

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

「劇場版ラーゼフォン 多元変奏曲」に投稿された感想・評価

タオ

タオの感想・評価

3.0
設定のオリジナリティと作画のクオリティが高い。だからこそこれはTV版で観たかった…。みんな劇場版の方がいいって言うから見たけど、そうでもないじゃないか…むしろTV版でじっくり味わうべきだと思うぞ…。まぁそれはともかく、坂本真綾の歌う主題歌がとても良い。とても良い。
マサミ

マサミの感想・評価

3.6
26話あってもわかりにくかったテレビアニメのストーリーを、整理して120分で簡潔に説明してくれた優れた総集編。
ラーゼフォンという作品は「小説の映像化」だと感じます。
映像を目に入れるだけではダメ。観客の想像力で完成する作品。
どちらかと言えばTV版の方が好きですが劇場版はTV版とはフォーカスするポイントが違っており、それもまた味わい深いです。
さえき

さえきの感想・評価

3.5
テレビ版リアタイからのファンとしてはテレビとは全く別物として楽しめた。
テレビ版は多様な人物の群像劇。劇場版は綾人と遥の恋愛にフォーカスが当たっているので分かりやすく簡潔になっている。
ロボット物ではなく恋愛物として観れば満足できるつくり。
だりあ

だりあの感想・評価

3.4
舞台が2015年、もう追い越してしまったな
と思うことしきり。
まさかのベッドシーンに加え、時間の
ズレてしまった二人のラブストーリーが
主軸なのだな、という感想。

エヴァQにも影響を与えていそうである。
キよ4

キよ4の感想・評価

-
TVアニメを再編集した劇場版らしい
TVアニメを見ていないからなんとも言えない 一見さんの俺には感情移入しにくい
人類と侵略者ムーとの戦い
翼を持つ巨人ロボット ラーゼフォン
トーキョー・ジュピターと呼ばれ東京が障壁で覆われた世界 東京内部と外部との時間のズレ
時の狭間に生きる時の観測者
世界の調律
ラーゼフォンの戦闘シーンだけ見ていたい
ロボットアニメかと思ったら綾人と遥のラブストーリーものでした
原作・総監督に出渕裕 キャラクター・デザインに山田章博 メカニック・デザインに佐山善則
Kiwamu

Kiwamuの感想・評価

3.5
隠れた名作。

世界観は独特だけれどもただひたすらに恋物語。

これが00年代初期の作品なんだから凄い。
PIXY

PIXYの感想・評価

3.5
今観るとうーん、内容忘れちゃってたな、いろんな意味で懐かしさしかない。
TVの再編集から新作カット追加で別のものにする先駆け的な作品ですね。
hideharu

hideharuの感想・評価

2.0
2017.9.25 DVDで鑑賞。

イギリス版のラーゼフォンBoxセットに映画版も特典として付いてたのに気がついて見てみた。でもセットを買ったのは何年も前なんですよね。ソフトを買う時は特典がたくさん付いていればいるほど嬉しいですが実は特典はほとんど見ない。と言うか特典を見ている間に他の映画とか見てた方が時間の有効利用かなって思って。

単なる総集編かと思ったら設定も少し変わってて、新規に作成されたシーンもありTVシリーズとはまた違った感じで見ることができた。まあほとんど同じなんですが。

あとシリーズを見ているからなんとなく分かりますが映画版だけ見た人は全てを理解できるんでしょうか?

またシリーズを通して見てみたくなりました。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.9
出渕ぶっちゃん初監督作品。テレビシリーズは鳴り物入りで作られたが、正直まとまりの無い作品だったんだよな。
エヴァ風味のライディーンだったが、キャラが多い割りに各々の話に繋がりが無くて、見ててシンドイ内容だったわ。

その意味では映画用に再編集してだいぶわかり易くはなった。
基本的に主人公神名とヒロイン遙の二人のラブストーリーを中心に話を組んだ。
もう1人のヒロインのクオンも大幅に役目を減らした「らら」とか言わない。
TERRAの軍隊も描写がだいぶ減った。内海賢二声のお土産を配る長官も無くした。映画化に際しだいぶ省略したが、ぶっちゃけ遙の妹の出番も無くしても良かったのにな。

しかしテレビシリーズの頃から言われていたが、主役の神名綾人がトリ頭すぎる。深刻に悩んでいても次の場面でケロッとしてる。これは映画の尺だとさらに感じるな。エヴァのシンちゃんみたいに常に悩んでいたら性格付けに一貫性がでるのにね。
紫東遙は、相変わらずの乙女おばさんっぷり。まぁ東京ジュピター内外で時間の進み方が違くて神名より先に大人になった、という設定が映画では活きているので、テレビシリーズより必然性が明確になったかな。

しかしロボットアクションやメカ・軍事描写についてはモロにエヴァの影響が出てるなぁ。デュアル!ぱられルンルン物語 並に脱エヴェ出来てないよ。もっとライディーンの色合いをぶっちゃん風に出して欲しかったな。

だいぶ判り易く編集したが、もっと省略出来たのかもしれない。
>|