トップをねらえ2! 劇場版の作品情報・感想・評価

トップをねらえ2! 劇場版2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.7

「トップをねらえ2! 劇場版」に投稿された感想・評価

OVAで見た。自分にとっての好きが詰まってる。泣ける。ラストシーン鳥肌立った。
神OVA『トップをねらえ!』の続編(劇場版はオススメしません)。
当時は何か違うなと思ったのと、アニメに全く興味が無くなったので見なかったが、ネトフリに合体版というのがあったので見てみた。
地球ぶつけるとか相変わらずスケールでか過ぎ。
最後の前作とシンクロするシーン(服破くとこ)、地球側から見た前作ラストシーンは良かった。
『トップをねらえ3』も製作するらしい。
marie

marieの感想・評価

-
ガイナだなー、、鶴巻さんだなー、、
壮大そして愛
ラスト鳥肌立った
ノノとラルクに焦点を絞ったため2,3話はバッサリカット。チコの件がなかったのは残念だけど、結構うまく編集していたと思う。(OVAの方観れば良いじゃんとか言わないの!その通りだけど)

演出がいちいち最高。全編カッコいいから眼だけで楽しめる。なのでOVAの本編カットつなぎ合わせOPも好き。

あの『トップ』の続編を尖ったアレンジしつつも成功させてるのがすごい。前作と打って変わって、だいぶリリカルな内容になったがガイナ特有の勢いで感動してしまう。
そういう意味でも『フリクリ オルタナ』はオリジナル版『フリクリ』より本作に影響を受けている感じ。というか隠す気もないオマージュシーンもあった。
伝説アニメの続編として本作くらい『オルタナ』もできてたらな…と思うのは酷か。
トップをねらえ!、フリクリ、グレンラガンみたいな面白さを期待していたら、うーむとなりました。
1の素晴らしさは語るまでもなく、2のラストに収束する前作との繋がりは、何度見ても素晴らしく数少ない完璧な続編のひとつかと思います。
ごし

ごしの感想・評価

4.1
激アツの極みすぎて最高だった。ラストのアレはもう鳥肌立つに決まってるやろ…😭
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
太陽系に侵攻を続ける宇宙怪獣軍団。「トップレス」と呼ばれる超能力少年少女たちの駆る「バスターマシン」が人類防衛の要となっていた。宇宙パイロットを夢見て街に出てきた少女、「ノノ」は宇宙港に程近いダイナー(レストラン)で、ドジっ子 ウェイトレスとして働いていた。そんなある日、卓越した「トップレス」能力を持つバスターマシンパイロット「ラルク」に出会う。偶然の出来事からノノはラルクを慕い、追い掛け回す。その時、巨大宇宙怪獣が地上に出現した…! 
「トップを狙え!」第2作。
原案、監督が、鶴巻和哉だけに、バスターマシンと宇宙怪獣の躍動感のある壮絶な戦闘シーン、ノノに隠された秘密や黙示録的な世界観が「エヴァンゲリオン新劇場版」ぽいし、ノノとラルクの女の友情と愛憎劇が軸になった新たな切り口の「トップを狙え!」として楽しめるアニメ映画でした。
T

Tの感想・評価

5.0
映画でなく、シリーズ全体を見ました、
ノノのプール掃除からの覚醒。
そして、別れ。永遠の別れ。
悠久の年月を超えた前作とのリンク‼️
今でも、心に芯としてのこる、パワフルな
最高作。

号泣、ひたすらに号泣いたしました。

私の日常的にかかるストレスを、涙でリセットする。大事な一本。
こればかりは、何度見ても涙腺崩壊。

内緒だが。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
ova vol.1 2011/11/28 トップ1とのつながりがイマイチわからず
ova vol.2 2011/11/28 ロボットとは!
ova vol.3 2011/11/28 エヴァに似ているような
ova vol.4 2011/12/05 バスターマシン7号
ova vol.5 2011/12/05 敵前逃亡
ova vol.6 2011/12/06 最後に 1と2が繋がった気がした
>|