アンビュランス/地獄の殺人救急車 狙われた金髪の美女の作品情報・感想・評価

「アンビュランス/地獄の殺人救急車 狙われた金髪の美女」に投稿された感想・評価

tukukake

tukukakeの感想・評価

3.0
格好いい俳優がでてると思ったらエリックロバーツ、ジュリア・ロバーツの兄。

一目ぼれした女が救急車で病院に運ばれたのにお見舞いに行ったら行方不明。これは何かある!
入院患者で元新聞記者のイライアス狂っちゃいない。序盤唯一の理解者。

謎に近づく中刑事もやられ、どうする???イケメンエリック?
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.8
「地獄の殺人救急車/狙われた金髪の美女」

冒頭、とある平日の夜。男の1人称、人ごみの多い街のショット、不可解な日常連続失踪事件が発生。おぞましい陰謀、鍵に潜む何か、漫画家の男、救急車、聖フランシス病院、ルームメイト、。今、消えてしまった女性を探すべく1人の男が翻弄される…本作はサスペンスの名手ラリー・コーエンの隠れた傑作で、昔に購入したBDを久々に再鑑賞したが面白い。主人公がジュリア・ロバーツの兄貴のエリックロバーツで、俺はこの作品で彼女のお兄ちゃんが俳優だってことを知った。監督自体はカルトホラーの「悪魔の赤ちゃん」シリーズを手がけた人で、脚本家としても知られている。特に06年に公開された「フォーンブース」の脚本も確か彼だった。この作品はスリリングなストーリー展開があり、深夜枠で地上波とかで流れたらかなりざわつく映画だ。

この映画のスタッフにはなかなか素晴らしい人材がいて、撮影には「エルム街の悪夢」や「ヒドゥン」のJ.ヘイトキンが勤めている。さらにファンにとっては嬉しいことに「スターウォーズ」のダースベーダーの声優で、ジェームズ・アール・ジョーンズが出演しているほかコミック出版社の編集者役で「スパイダーマン」「アベンジャーズ」「アイアンマン」といったコミックの原作者であるスタン・リーがカメオ的に参加しているの見所である。

ちなみにBDには木曜洋画劇場の吹き替えも入っている。

さて、物語はジョシュアが臓器売買に関わる秘密組織がドナー調達のため、ニセ救急車を使って糖尿病患者を誘拐しているという、戦慄の事実を掴む迄を描いたサスペンスドラマだ。


冒頭、主人公である男ジョシュアの1人称で始まり、人混みの多い街の描写へと変わる。その男は日昼から女性を尾行しナンパしようとしている。それを長回しで撮影する。そして彼女はめまいがしてその場で倒れてしまう。救急車に運ばれ彼女は入院。男は友達が倒れたと言い仕事を休むと上司に伝える。続いてカメラは、病室に怪しげなスーツ姿の男が来る。男は女の口を塞ぎ脅しめいたことをする。カメラは変わり、警視署の中へ。先ほどナンパした男が警部補に消えてしまった女性を探してくれるか頼んでいる。

そして主人公の男は気分が悪くなり救急車を呼ばれて、狼狽し必死に慌てふためく…。そうした中、少しずつ女性を誘拐した人たちのに近づいていく彼の翻弄が映されていく…と簡単に説明するとこんな感じで、VHSの時は邦題が変わっていて原作のまんまだった確かアンビュランス。

コーエン監督はNYを舞台にした作品が目立つが、珍映画と言えば「空の大怪獣Q」だろう。数年前にBD化された。

都市伝説めいた作品を撮るのが好きな監督なんだと思うが、そこら辺は同じく郊外を中心に恐怖を描くキング原作のホラーとは違うところなのかもしれない。先程言ったNYを舞台にしたホラーだとやはり「マニアック・コップ」が浮かぶ。都市伝説を具現化した作品ではエンタメに満ちた1本だと感じる。ところで拐われる女性が黒髪なのに対しては突っ込まない方がいいのかな…笑。サブタイトルが…。

最後に、この作品の面白い所はやはり主人公がコミックアーティストで、マーベルスタジオが垣間見れる、というか登場する所だろう。
oI

oIの感想・評価

3.0
昔、深夜放送で見たんですが、思いっきりB級だと分かりつつ、なんか記憶にばっちり残った作品。
B級すぎるネーミングがついているけど内容は面白かった!ツッコミながら楽しく見られる!設定が上手い。あとスタンリーが出てる。

評価別点数
3オススメ
3オモロー
4ナンジャコリャ
2スゴイ
5スタンリー
marm25

marm25の感想・評価

2.7
ナンパした女性が突然倒れて救急車で誘拐される。ニューヨーク中を探しながら出会う糖尿病を患う人々も救急車で誘拐されて行く。でも初っ端から救急車で誘拐される理由がわかってしまっているし、「ムカデ人間」のような見応えもない。しかも最後のオチ、主人公の男性に心から同情した。笑
良い女性に出会えてよかったね。
あすか

あすかの感想・評価

3.2
ナンパをした彼女が救急車に連れ去られた、、、。

なかなかインパクトがあって面白かったです。テンポも良くアクションも良くて最後まで飽きずに見られました!

もう少し犯人の謎が描かれていたら、もっと面白かったかな?

見終わる頃には救急車が怖くなること間違いなし!

2020#6
本当によく出来たサスペンススリラー

ラリーコーエン監督の最高傑作だと思ってます

"謎の救急車による連続誘拐事件が発生していたある日、ナンパをしていた女性を目の前で連れ去られた漫画家が一癖も二癖もあるガム好き黒人刑事と美人警官と共に捜査を開始する"というストーリー(ちなみにガム好き黒人刑事役はダースベイダーの声でお馴染みのジェームズアールジョーンズ)

"開始10分で犯人が正体を現す"というこの手の映画のお約束を完全無視したオープニングが衝撃的でした

なのにそこから全く先の読めないストーリー展開が進んでゆく

会話劇もテンポも絶妙でグイグイ引き込まれる

カーアクションもそれなりに登場

何と言っても最大の見所は"ガム好き黒人刑事が跳ね飛ばされた後もガムをクチャクチャ噛み続けそのまま絶命する"という珍死亡シーンです

ちゃっかりマーベルコミックの帝王スタン・リー氏もカメオ出演

とにかくオススメ
ナンパから始まるサスペンス。
エリック・ロバーツ演じる主人公がアメコミ作家という設定で、スタン・リーが編集者として出演している。
殺人をするのは人間だし金髪の美女はターゲットじゃない。
悪趣味なホラーみたいな邦題だけどアクションは多くて何度も盛り上がるし、どうでもいいキャラまで個性が強めで退屈しなかった。チックショー!って感じのオチも良い。
一瞬で駆けつける救急車の頼もしさが恐怖に変わる瞬間が良すぎる。
なんだこれめたくそ面白かったんですけどー!
雰囲気ロボコップを楽しくした感じ!!笑
マーベルスタジオで働くイラストレーターが街角で美女をナンパしている最中に女性が突然倒れて救急車で搬送され、行方不明になるスリラー映画。主役が警察から狂言を疑われるノワール風の展開だが、ドロドロした所はなく、軽みのあるホラーの仕掛けになっている。脚本の映画。チャラ男が見ず知らずの女性を見返りもなく助けようと奮闘するシチュエーションは後年の「セルラー」に近い。本物のスタン・リーが編集長役で出演している。最初に狙われたの金髪美女じゃないんだけど。
2019.12.29 FOXムービー(録画)(字幕)
>|