ファミリー・プロットの作品情報・感想・評価

「ファミリー・プロット」に投稿された感想・評価

tomひで

tomひでの感想・評価

3.0
巻きこれ型のヒッチコックサスペンス「ファミリープロット」なかなか面白かった。ヒッチコックの作品歴ではこれが最後の作品となるのですが、この作品が最後だとは思えないヒッチコックらしさを感じる良作でした。特に中盤のカーチェイスからラストに向かっての展開はドキドキハラハラ一気に見せられます。

個人的にはあと「パラダイン夫人の恋」と「山羊座のもとに」の二本を観てしまうとアメリカ時代のヒッチコック作品は全部観てしまう事になる…嬉しいけど寂しいこの気持ち…(笑)
本作でも とことんヒッチコックの操り人形になってしまった

ブレーキが効かなくなった車のパニック映像も怖いし、ラストの奪還戦も入り込んでしまった

インチキを貫きとうしたラストも上手いし、こういう終わり方ほんとに好き
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

4.0
晩年のヒッチコック。衰弱してるのかと思ったら、ふつーに傑作だった。カーチェイスのところはすばらしいね。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
ヒチコックの遺作とのこと。派手さはないですが、ユーモラスで良質なサスペンスでしたね。

インチキ霊媒師が老婆を騙して一攫千金を狙うというストーリーに思わせておいて、さらに悪い奴が登場して、逆に彼女が命を狙われる。こいつ悪い女だなぁという最初の印象が、なぜか最後は、人を疑わない無邪気な女性として応援したくなってしまうから不思議。ヒロインのバーバラ・スミス(←全然無名)がコケティッシュで魅力的。憎たらしい悪役を演じているのが「24」のヘラー国務長官だったことも感慨深いですね。
オダ

オダの感想・評価

-
タクシードライバーの男とエセ占い師の女、ふたりの命を左右する肝心な秘密がだらしなく露呈してからどうしようもなくまのびした時間を「ほおっておく」と、伸びきったそれはまるでメジャーのようにふとした瞬間勢いよく戻ったりする。その小気味よい小刻みな運動が繰り返されたのちにかまされるチャーミングなウインクに、僕たちはまるできれいにノックアウトされてしまう。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.7
ヒッチコックって、金髪のインテリをひどい目に合わせるのが好きなのかと思ってたら、この主人公はご機嫌なほどバカですね‼️そしてもう1人のヒロインも全然美人じゃない。見目麗しい人が居ない。でもだからこそなんだか人間味が出た作品になったと思います。
Sou

Souの感想・評価

3.4
ヒッチコックの遺作は終わり方もほっこりして悪くなかったです。
meg

megの感想・評価

4.0
DVDパッケージからは想像しづらいが、コメディ要素がふんだんに盛り込まれている。まずはジョージとブランチの詐欺師カップルにまつわるエピソードが、コントの様で可笑しい。ブランチのインチキ占い師っぷり、ジョージの意外な優秀さも面白い。そんな彼等と対照的にアーサーとフラン、泥棒カップルのシックで落ち着いていること……。2組のカップルがとても分かりやすく対比されている。結末も軽やかで小気味いい。快作。
こもも

こももの感想・評価

4.0
父がヒッチコックの中で1番好きと言っていたので観ました。
山道のシーンは、ヒッチコック映画というような迫力あるカメラ回しでとてもお気に入りシーンになりました。
これがあのヒッチコックの遺作かと思うと、なんとも言えない気持ちになる。
ペテン占い師らが追う謎と、悪党たちの犯罪。巧妙に絡み合い組み立てられたストーリーであるはずなのに、いまいち面白みに欠けるのは、漂う"ヒッチコック"二番煎じ感、か。
>|