コーマの作品情報・感想・評価

「コーマ」に投稿された感想・評価


正統派な70s〜80sのミステリー。
そういう意味では特に目新しくもなく、割とありがちな印象。

ただ扱ってるテーマには先見性があると思う。医療費の膨張や、機械化などは現代にも通じる問題だ。公開から40年、人生100年時代といわれて久しいが、医療現場の実情はどうなっているのだろうか。
konkon

konkonの感想・評価

3.5
マイクル・クライトンが関わってるというだけで期待度大で観ました。
ERが好きな私は医療系ってだけで観ちゃいますが、
コーマ昏睡の謎がこんなミステリーになるとは。
研究所の無機質な雰囲気、女性スタッフの感情の無さが怖さを引き立ててました。

ロビン・クックの原作も読んでみたい。
raga

ragaの感想・評価

3.5
マイケル・ダクラスの役どころがミソ。敵か味方かハラハラします。ビジュアルで "おおお!" と唸らせるネタを用意しているのはマイケル・クライトンの功績でしょう。刑事コロンボを彷彿させる70年代サントラがグッとくる医療サスペンス時々SF。
イワシ

イワシの感想・評価

3.3
殺し屋に付け狙われたジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが逃げ込んだ遺体保管室のビジュアルが完全にホラー。半透明の袋にパックされた全裸の遺体が何十体も食肉のように吊るされてて、どうなるのと見てたらすげー罰当たりなアクションによって殺し屋から逃げるという……。

ジェファーソン研究所が初登場するシーンが上手い。休暇先の港町の長閑な風景のモンタージュから、ふとハイウェイを外れた先に無機質で非人間的な感じのするコンクリートが打ちっぱなし建物がだんだんと見えてくる。
スリリングな医療ミステリー。(ホラー?)

wowowの紹介でパン○ラについて語る某漫画家の印象ばかり残った。解せぬ
りな

りなの感想・評価

3.3
70年代からこういう作品あったんだな〜〜!すごい!病院怖いよ〜〜健康でいようねみんな〜〜
録画していた【アナザーストーリーズ 運命の分岐点「手塚治虫 ブラック・ジャックからの伝言」】視聴で思い出し

医療サスペンスの秀作であり、マイケル・クライトンのマイベストでもある。
病院とある施設がグルになって行われているとんでもない陰謀に立ち向かう女医のお話。
主人公が追っ手から逃げ惑う緊迫のアクションシーンやホラー顔負けのこわ~いカットも見どころ。

本作に出演しているジュヌヴィエーヴ・ビジョルドとマイケル・ダグラス以外の医療関係者並びに職員に告ぐ!
神様の最高傑作「ブラック・ジャック」を読みなさ~い!
以上★

またこの漫画、医療映画以外の洋画・邦画にも命の尊さと不条理というテーマを徹底的に掘り下げているという意味で多大なる影響を与えているように思える。
久し振りに読みたくなった☆彡
bopapa

bopapaの感想・評価

3.6
2017年 108本目

40年前の秀逸な医療系サスペンス。病院内で組織的に、意図的に昏睡状態に出来るのか?みたいな疑惑に女医が立ち向かう設定。

何より、主演のジュヌヴィエール・ビジョルドって女優さんがFilmarks上でも30本くらい映画に出てるのに、ことごとくマーク数が少ないのにビックリ。クリント・イーストウッドやユアン・マクレガー主演の映画に出てたりクローネンバーグ監督の映画に出てたりするのに、めっちゃ知名度が無い!

何より見所は、マイケル・ダグラスが最初は使えねぇ旦那だな〜このオッさん!みたいに思わせといて!ラスト10分で死ぬ程カッコ良いやないかい!サイコーや!みたいな方向性の良いミスリーディング。

真犯人とか犯罪の動機とかは21世紀の今となっては既視感ある展開なのですが、マイケル・ダグラスが最後男前過ぎてそんなのどうでも良くなる映画でした。

あと、原作及び監督はマイケル・クライトン。僕の中の「神映画」の1つ、ジュラシックパークの原作の人。監督もやるんだ〜、とビックリ。

古い映画だから全く期待せずに観たのに、期待以上に面白かった!って点では「パララックスビュー」みたいに楽しめました、良作!
キティ

キティの感想・評価

3.7
なかなか面白かった!

手術受けるのが怖くなる話。

健康第一ですね。
病院にお世話にならないようにします。

最後がどうも‥。
麻酔から覚醒しないっつーのも怖いけど勝手に臓器売買されるのも恐ろしい。リアル、どこかであり得る話。
ほんでまた誰を信じるかも見てる方を惑わす。
マイケルダグラス、エドハリスごっつ若ー。