コーマの作品情報・感想・評価

「コーマ」に投稿された感想・評価

本日2018年6月23日、鑑賞。
ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド主演の映画なので観てみたら、医療サスペンス映画で、なかなか面白かった!
個人的に、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドという女優の名前は、映画を観始めた頃に知ったので、なんか思い入れあり。デ・パルマ監督作品『愛のメモリー』の試写会の際に憶えたのだから、だいぶ前…(笑)

さて、この映画、とっても面白くて、ボストンにある大病院を舞台にしたサスペンスであり、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドは女医の役。

物語は、スーザン(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)の執刀シーンなど含めて普通の外科医療から始まり、スーザンには恋人マーク(マイケル・ダグラス…若い!)が居た。
ある時、スーザンの親友女性が不倫で妊娠してしまったため堕胎手術を受けることになった。通常は危険度は低い手術のはずなのに、堕胎手術を受けた親友女性は植物人間になってしまった。
このことに疑念を抱いたスーザンはカルテから病理検査結果などを調べて行くうちに、執刀医や病名などに関係なく「第8手術室だけで手術失敗、植物人間になる人が発生しており、それらの人々がジェファーソン研究所なる所に送られていること」を知る。
また第8手術室の秘密を探り、無線によって一酸化炭素が送られることが出来ることも知り、「知り過ぎた女」として狙われたりして……
という流れの物語になっていく。

テンポ良く見せてくれるドラマなので飽きることなく、ハラハラしながら観られる映画であった。

こういう映画も良い。
ツっかえないで漸く口にできたとしても次に口にする時には私自信がない名前の女優、ジュヌビィエーヴ・ビジョルド。
彼女が扮する女医が病院で起きた不可解なコーマ(昏睡)が絡む事件の謎を追うサスぺンス。
正統派の医療サスぺンスでなかなか楽しめました。
昏睡状態の人間を天井から何十体も糸で吊ってぶら下げているシーンが美術の見物でした。
「こうしとけば床ズレはできないのよ」とその病院の偉そうな看護師が見学者に話してましたが、その代わりに吊っている糸が当たっている所には相当なダメージが在りそうですが…

リチャード・ウイドマークを久しぶりに観ました。
やはり悪役が似合いますねぇ、いいですねぇ。
彼についてWikiで見ていたらトリビアを見つけました。
彼の一人娘はかつてドジャースに在籍していた伝説のピッチャーのサンデイー・コーマァックス……ん、いや間違えましたコーファックスと結婚したそうな。笑
テーマはすごく面白いのに、主人公の行動力が強引過ぎて、どこか空回りしている気がします。トム・セレックの登場シーンは驚きました。

正統派な70s〜80sのミステリー。
そういう意味では特に目新しくもなく、割とありがちな印象。

ただ扱ってるテーマには先見性があると思う。医療費の膨張や、機械化などは現代にも通じる問題だ。公開から40年、人生100年時代といわれて久しいが、医療現場の実情はどうなっているのだろうか。
konkon

konkonの感想・評価

3.5
マイクル・クライトンが関わってるというだけで期待度大で観ました。
ERが好きな私は医療系ってだけで観ちゃいますが、
コーマ昏睡の謎がこんなミステリーになるとは。
研究所の無機質な雰囲気、女性スタッフの感情の無さが怖さを引き立ててました。

ロビン・クックの原作も読んでみたい。
raga

ragaの感想・評価

3.5
マイケル・ダクラスの役どころがミソ。敵か味方かハラハラします。ビジュアルで "おおお!" と唸らせるネタを用意しているのはマイケル・クライトンの功績でしょう。刑事コロンボを彷彿させる70年代サントラがグッとくる医療サスペンス時々SF。
イワシ

イワシの感想・評価

3.3
殺し屋に付け狙われたジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが逃げ込んだ遺体保管室のビジュアルが完全にホラー。半透明の袋にパックされた全裸の遺体が何十体も食肉のように吊るされてて、どうなるのと見てたらすげー罰当たりなアクションによって殺し屋から逃げるという……。

ジェファーソン研究所が初登場するシーンが上手い。休暇先の港町の長閑な風景のモンタージュから、ふとハイウェイを外れた先に無機質で非人間的な感じのするコンクリートが打ちっぱなし建物がだんだんと見えてくる。
スリリングな医療ミステリー。(ホラー?)

wowowの紹介でパン○ラについて語る某漫画家の印象ばかり残った。解せぬ
りな

りなの感想・評価

3.3
70年代からこういう作品あったんだな〜〜!すごい!病院怖いよ〜〜健康でいようねみんな〜〜
録画していた【アナザーストーリーズ 運命の分岐点「手塚治虫 ブラック・ジャックからの伝言」】視聴で思い出し

医療サスペンスの秀作であり、マイケル・クライトンのマイベストでもある。
病院とある施設がグルになって行われているとんでもない陰謀に立ち向かう女医のお話。
主人公が追っ手から逃げ惑う緊迫のアクションシーンやホラー顔負けのこわ~いカットも見どころ。

本作に出演しているジュヌヴィエーヴ・ビジョルドとマイケル・ダグラス以外の医療関係者並びに職員に告ぐ!
神様の最高傑作「ブラック・ジャック」を読みなさ~い!
以上★

またこの漫画、医療映画以外の洋画・邦画にも命の尊さと不条理というテーマを徹底的に掘り下げているという意味で多大なる影響を与えているように思える。
久し振りに読みたくなった☆彡
>|