ザ・ベイビー/呪われた密室の恐怖の作品情報・感想・評価

ザ・ベイビー/呪われた密室の恐怖1972年製作の映画)

THE BABY

製作国:

上映時間:102分

3.1

「ザ・ベイビー/呪われた密室の恐怖」に投稿された感想・評価

見ました 日本のゴーゴー時代の映画でした はっきり言ったら面白く無い 20歳すぎた僕ちゃんがベイビー 障害❓違うんです
興味を持ったらごめんなさい

つまらない
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.2
歪んだ家族愛溢れるサスペンスドラマ。

ホラーコーナーにあったので、どこで絶叫させてくれるのかと思いきや、意外にも社会派サスペンスな内容。

クレイジーな親姉妹がベイビーにする調教やセクシャルなシーンが後味悪く残る印象的なシーン。服を脱いだ姉がベッドに入り最後まで見せない所も逆に怖い。
妹の指炙りゲームもナイスクレイジー。この辺は監督の性癖なんじゃないか…?

ラストのオチを中心に作り込んでいて、伏線もわかりやすく出しているので、丁寧に作りすぎてしまった印象。脱出劇など目を散らす為の演出が少し雑だったのが残念。
あと邦題が雑すぎる笑

B級かと思いきや実はしっかりしたお話、普通に面白かった。

とりあえずお姉さん方、ナイスエロ!

このレビューはネタバレを含みます

面白かったけど、まさかの結末。
後味悪いって話じゃない。

赤ちゃんプレイとかそんな生易しいもんじゃない「ずっとかわいいままでいて欲しい」そんな思いがものすごく歪んだ形で現れた家族と、そのさらに上を行くカウンセラー。
赤ちゃんとして育てられた男を救いだすサスペンスかと思いきや、行き着いた先はさらにとんでもないところだった。でも、よく考えれば最初から伏線はあったんだな。
観たよ


1972年作の風変わりすぎるベイビーを巡る異色ホラー?

超絶雑なあらすじ

ワズワーズ家のベイビーのソーシャルワーカーとして雇われたアン
だが、夫人とその娘達が「ベイビー」と呼ぶ男はなんと、成人男性だったのだ
自分達の自由にする為にベイビーとして育てられ、オムツをし四つん這いになり言葉さえ話せない男
アンはそんなベイビーを救う為に夫人たちと戦う事を決意するが、、、


まず取り寄せ3週間目にしてやっと手元に届き満を侍しての鑑賞やで!

結果、とんでもねぇ映画だったぜヽ(´▽`)/←歓喜

先ず原本そのままらしく音飛びに吹き替えのちぐはぐさ、画像が若干飛んでいたり…しかしそれすらも味に変えるぶっ飛んだ作風には驚かされた!とにかく粋なセンスで溢れてる、なんかお洒落だし

女達は自分達のエゴでベイビーを奪い合うんやけどそのオチが最高に糞で大好きすぎる♡こういうの私大好き😘
ずっと笑って観てた気がする←

ちなみにベイビーは成人男性でまぁまぁキモい、声のアテレコが謎に本物の赤ちゃんなのは吹いたw

本当これ観てる人が少ないのが残念過ぎますな😤

ポップにホラーで狂ってる♡でも何となくハッピーな映画♡
そして最後にはベイビーが可愛く見える不思議🤗


とにかく凄く好きな映画!最高に楽しかったー!
Cem

Cemの感想・評価

3.8
赤ちゃんプレイをずっと見てる気分で変な気持ちになったけど面白かった!!
あれは最後ハッピーエンドなのかな\(^o^)/
まずこれはホラーではない。(倫理破壊度においては数段上回るが)
登場人物全てが鈍臭くかつ無計画・純粋な悪は誰もいない、愛すべき憐れな者たちの物語。
だからスコアは終始悲しげ(暴れん坊将軍風)
まあ、狂ってる設定を除けばクライマックスのキャットファイト以外は普通にしょうもなかったのだが、ラストカットのこっち見んな度は異常。
Kaya

Kayaの感想・評価

4.0
傑作。見た目は大人だけど、精神は赤ん坊でオムツをして四つん這いで歩くベイビーを巡る、サイコパスな女達の争い。アホすぎて最高。