みんなのしらないセンダックの作品情報・感想・評価

みんなのしらないセンダック2009年製作の映画)

TELL THEM ANYTHING YOU WANT: A PORTRAIT OF MAURICE SENDAK

製作国:

上映時間:44分

4.0

「みんなのしらないセンダック」に投稿された感想・評価

しにたがりじじいwww

とにかく死についてセンダック考えていました。
話も死についてばかりです。なんで人は死ぬかじゃなくて、生まれる方に疑問をもつじじい。
死について話すんだけど、激落ち込むわけじゃないです。
センダックの絵本読むとときの気持ち?になりました。
良い車にのって、すごいと思われたいって言えるじじい。

センダックはもちろんだけど、スパイクジョーンズの感じもみれるので好きな人はみたら良いです。
スパイクジョーンズがちょい怒ってた?シーンがあるんだけど、中盤になってはじめてセンダック大人だなと思いました。
そこ以外は、ずっとスパイクジョーンズがお兄さんって感じ。
なんとなくセンダックさんの絵本には突き抜けるような明るさはなく、影がある感じがする。だけどチャーミングで優しさ溢れるものがある。
そして彼の作品がどうしてそうなのか、よく分かるドキュメンタリーだった。

スパイクジョーンズ監督はこんなにセンダックさんと交流を深めてたんだと驚いた。なのでセンダックさんの色々な面が見られて、とても興味深かったです。
2017 03 ものづくりにおいて、大切に思える言葉や感覚にあふれていてうれしかった
Aykm

Aykmの感想・評価

4.0
無邪気な人が無邪気な人に惹かれて作った映画。2人の掛け合いも素敵👼🏻♡
彼ら2人のもってる人の心のどこかをくすっとくすぐるようなかわいい感覚とってもすきだなぁ🌈✨
VARELSER

VARELSERの感想・評価

4.4
どことなくジャックニコルソンに似てないか。そしてKaren O
今まで観たドキュメンタリーの中でも5本の指には確実に入る。
センダックは最高に最高に最高に人間らしくて子供みたいで本当に最高のおじいちゃん。
少しアクが強いけど。

ジャッカスのイメージが強いスパイクジョーンズが、まともなドキュメンタリーやってるの、めちゃくちゃ違和感あって笑っちゃう。
影山

影山の感想・評価

4.1
「かいじゅうたちのいるところ」の作者センダックのドキュメンタリー。
偏屈なセンダックじいさんの個人的な話を聞いているだけなのに、記憶のなかの残酷さや哀しさ嬉しさいろんな感情と光景が思い出される。
子供の頃って、すごく嬉しくなったしすごく悲しくもなった。
ひとつ映画を見ただけで一週間そのことしか考えられなくなったり、
ひと夏野良猫が家に住み着いただけで世界が変わったことを思い出した。
 
自己実現の喜びと、日々の喜びは違う。彼は満足していないけど、幸せだといっていた。
永遠に満足できない、芸術を志すすべての人にみてほしいなと思った。

監督スパイクジョーンズの思いも伝わってくる。じいさんが死ぬ前にこれを撮ってくれたことに感謝。
何でかセンダックのしぬしぬ詐欺なら笑って受け入れられる。まるで嫌な感じがしないナイスな人柄とスパイクジョーンズの掛け合いが更にナイス。

いくら有名になっても、読者を魅了しても、満足することがない偏屈じじいだからこそ創ることを止められないのね。
Leon

Leonの感想・評価

3.7
素敵なドキュメント

見る前はスパイクジョーンズである必要あるのかな?なんて思ってたけど。ちゃんと端々に彼らしい匂いがあって良かった。

時間は短いながらセンダックさんの世界観の秘密や、人間らしい部分がずばずば伝わってくる。
pupu

pupuの感想・評価

3.7
2歳にして「死」を意識した人。

生きていることを実感しているからこそ、こんなにも素敵な作品を作り続けられるのだろうな、と思った。
>|