ジブリの本棚の作品情報・感想・評価

ジブリの本棚2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

3.6

「ジブリの本棚」に投稿された感想・評価

めちゃくちゃ影響与えてる人が何に影響を与えられたのかってすごい面白い
乙女

乙女の感想・評価

3.7
宮崎駿とは。

本当に彼は、心はずっと少年。

ジブリは彼だからこそ、描ける。
宮崎駿監督が岩波文庫の児童文学書から50冊を選び、推薦文を書いたことを中心として作られた番組。

阿川佐和子さんが宮崎駿監督のアトリエに行って児童文学についてインタビューしたり、様々な本の作者にフォーカスしたり、女優の杏ちゃんが本の一節を朗読したりする内容が主です。

子供の頃から色々な物語を読んで想像力を膨らませることは本当に大切なことだと思う。
だけど駿さんの言っていた「私には大人の小説は厳しい部分が多すぎて、児童文学の方が気質にあっていた。児童文学はやり直しが効く話で自分の脆弱な精神にはあっていた。」という発言にはなんだかハッとした。
そうか、大人になってもそういう気持ちで読書しても良いんだなって安心しました。

そしてそう話していた駿さんが最後に作った長編アニメが「風立ちぬ」なのがちょっと感慨深い。
MOOVIEMANN

MOOVIEMANNの感想・評価

3.7
ジブリ作品の要素を宮崎駿監督厳選50冊の児童文学書から垣間見る事の出来る 教材的ドキュメンタリー
改めて読みたくなる本や新たに読みたくなる本がたくさん出てくるので メモしながら見ると楽しいのではないでしょうか
ebimai

ebimaiの感想・評価

3.5
子供の頃図書館や図書室で読んだ本を思い出した
ミニチュア好きにはたまらないシーンも有り
ふぅた

ふぅたの感想・評価

4.0
ジブリ作品の原作小説を巡るドキュメンタリー。
児童文庫がこんなにジブリ作品のモデルになっているなんて!
そこには宮崎駿監督の深い思いと子どもへの愛情、仕事への熱意を感じられました。
是非。
hiro09

hiro09の感想・評価

5.0
大興奮!児童文学大好きです!
勉強し直したい。

「大人のあなたを支えるのは、子供の頃の「あなた」」