ブラッディピエロ 100人連続切り裂きの作品情報・感想・評価

「ブラッディピエロ 100人連続切り裂き」に投稿された感想・評価

KCUFUMI

KCUFUMIの感想・評価

1.3
オープニングまあまあ良かったから期待してたら、本編入って素人が撮ったみたいな安い映像になったからビックリしたわw

40年前くらいの古い映画かと思ったら2007年だしw

つまらな過ぎて半分くらいで限界きたから吹替に変えたら面白くなってビックリ‼︎w

吹替がめちゃくちゃ雑で適当過ぎて、
雑で安物の映像にピッタリハマった‼︎w
なんでもアリの吹替でカオス‼︎

めちゃくちゃ笑っちまったww

学生が遊びで撮ったようなC級スプラッターだねw

ふざけてるw

デブスのハゲピエロと、
ハーレークインもどき出来損ないブスが、
只々理不尽に躊躇なくバッサバサ人を切り刻んでブチ殺していくスプラッター。
グロ描写も安っぽい。
ストーリーも無いね。

こんな笑える糞ゴミ映画がTSUTAYAでレンタルできて字幕も吹替も付いてる事が恐ろしいわw
sakio

sakioの感想・評価

3.0
これdeepredだったのかあ!迷わず吹替を選んだよー。お話は単調な感じでメリハリはないけど気持ちいいくらいナタ?みたいなやつで首跳ねたり四肢ぶったぎったりしてくれるからまぁそれなりに!という感想です。
くらち

くらちの感想・評価

1.0
いくらB級ホラーだからって吹き替えは真面目にやって欲しかった
どすこいって何やねん
茜

茜の感想・評価

1.8
本当に100人連続で切り裂くのか数えながら観てやろうと思ってたのに案の定途中で忘れてました。
まぁ多人数ではあるけど間違いなく100人ではないし連続でもないです。

ひたすらにスプラッター描写を眺める映画。
話の筋も何もあったもんじゃなくて、只々ぶちゃいくなピエロが人を惨殺していくのを観るだけ。
スプラッター好きならそれだけでも意外と楽しめるのではと思ってたけど超つまんなかった(笑)
途中で吹替に変えたらコメディホラーに風変わりしたので少し楽しくなったけど、やはり眠かった。

殺し方も過激ではあるものの目新しさはないので段々飽きてきます。
仮にもピエロならもっとエンタメ性に富んだ見せ方を工夫して頂きたい…。
画面端でカウントしながら邦題通りに100人連続切り裂きでもしてくれた方がまだ楽しめた気がする。
斧を持ったピエロさん大暴れ

最初の犠牲者から顔面をズタズタに切り裂くというJVD節全開の殺害方法でスタート

腹を切り裂いて臓物が溢れる、首がすっ飛ぶ、頭部が真っ二つ

とにかく食傷気味になる人体破壊と血飛沫のオンパレード

ただ人が残酷に殺されるだけの映画

これに携わったスタッフ、キャスト全員検査を受けた方がいいと思う

なかなか悪くないけど物足りなさがある。

確かにバッタバッタと人を殺戮するスプラッターではあるが作り物感が否めない。

100人連続切り裂きとあるが実際は100人斬りは達成していないのでジローラモの足元にも及ばない。

それはさておき、この映画の吹き替えはカオス過ぎてそれだけでも見る価値あり。
どんどん殺っちゃって〜!


何でしょうか、これは!
一体、何を観せられたのでしょう?
これほどガバガバで大味なスプラッターホラーがまだまだ世界にはたくさん眠っているのかと思うと、それが怖いよ!って思ってしまう悪夢のような怪作。
アンドレアス・シュナースとかティモ・ローズのグチャゲロなスプラッターと同様、とにかく人が理不尽に、そして破壊的に殺されるのを見るためだけの映画であり、申し訳なさ程度にとってつけたストーリーはテキトーの極致を誇ります。
しかも天下のJVDブランドということで、伝家の宝刀である吹き替え版を選択したのですが、これがまたもの凄い!
超弩級のいい加減な訳・・・というか、たぶん七割ぐらいはちゃんと訳していないアドリブ具合に腹がよじれて、「脳みそを溶かす気か!」と思いましたよ!
なにせ、何言っているのか会話が成り立っていない箇所があるわ、超訳のおかげでストーリー自体が破綻しているわ、殺されるキャラが「なんくるないさ〜」とか言って何故か沖縄のうみんちゅ化しているわ、刑事が死ぬまで「やらして」だの「脱いで」だのエロ台詞しか言わないわ、ダイナーのウェイトレスがコーヒー持ってきたのに「はい、きつねうどんお待ち〜♪」とかなんとか、あげたらキリがないほど訳が分からないカオスっぷり!
これ、台本からしてこんなんだったのでしょうか?
狂ってますね!好きだけれども、本当に内容がさっぱり分からなくなるので字幕版も観ないといかんのか(汗)?
この地獄をもう一度味わえと?

まぁ、作品自体もおかしいところしかないんですけれどね。
いきなり何の関係もない施設をピエロが襲って、序盤から人がナタで屠殺されまくります。
このピエロのオッサンが豪腕でしてね、一振りで首なんてすっ飛んでいきますからね。要注意どころの騒ぎじゃないですよ!
もう、そこらじゅうが血の海です!
何故か「どすこい、どすこい」とか言っていた車椅子女子も謎でありました。
前世が相撲取りだったのか?

主人公は地方タブロイド紙の記者であるジェニファーとマイクの男女2人組なんですけれど、この方々の会話も噛み合っていたり、合っていなかったりと忙しい(苦笑)
ジェニファーはそれなりに美人さんなのですが、腹筋運動をするのを真正面から撮って、「なにか」を想像させるショットとか、エロそうなのに気付いてみればエロい場面は殆どないのであしからず。
しかしこの2人、一緒に住んでいる風なんですけれど、実際はどういう関係なのでしょう。
やはり恋人同士ではあるのかな?
そういう相関図みたいなのも、こちらの想像で補わないといけないのも本作の特徴。
つまり、脚本からして下手くそ(汗)
ついでに(吹き替え限定の問題ではありますが)声優さんもあまり上手な方の参加がございません。
米倉涼子や次長課長の井上ぐらいの力量。
山ちゃん連れてきてー(悲痛)!

でもまぁ、細かいことは言いっこナシ!
残酷なのを観て楽しめってことなのでしょう。
その開き直りもバカっぽくて宜しい。
バカといえば、途中のコメディ風な追いかけっことか、中途半端なハーレイクインもどきのナンパとか必要?
どうして明日の食事の約束になるの?
しかも沖縄料理って、いくらなんでも意味もなく沖縄に拘りすぎなんですけれど、これの訳者さんは琉球王国のご出身か何かってことなのかな(汗)
ハーレイクインもどきも「実はトチ狂ってます」の描写がリスカならぬ腹カットとか誰得な場面。
というか、色々と編集がおかしいので理解が追いつきません。
でも大丈夫。
頭が混乱してくると、それを見通したようにゴアゴアタイムがやってきますからね。
とりあえず、意外な(?)ピエロとハーレイクインもどきの関係とかが明らかになったところでまたまた大残虐大会が催されますよ!ヒュー、ヒュー!
無関係なパリピたちが真っ二つにされたり、はらわたを引きずり出されたり、ボコボコのボコにされたりと、げんなりするほど悪趣味な人体破壊がこちらの満腹中枢までをもブレイク!
この映画、ただ死ぬためだけに出てくるモブが多すぎ!
100人は言い過ぎですけれど、30人以上はお亡くなりになられているのでは?
不動産屋と客とか、とばっちりもよいところですよ。無駄に可哀想!

いよいよクライマックスになると、ついにピエロのアジトを突き止めた主人公たち&刑事たちのスーパーコンボがメタボ気味のピエロ(+1)と対決!
グダグダやっているうちに意味不明な展開になだれ込み、「結局薬局、ワタシが最強よ〜♪」と意気Yo-Yo!となったところでホラー映画あるあるなバカエンド!
呆気なく終了DEATH!

そういえば、これだけブッタ斬りマンセー!な映画なのに珍しくチェーンソーは使っていませんでした。
ナタに対して異常な愛があるナタフェチなのかもしれませんね。
それと、最後まで謎だったのが「涙の殺人鬼」という異名。
殺害現場に涙のしずくの形をしたサインを残してゆくから名付けられたのですが、あのピエロのオッサンには全然似合わない。
もしかして、ピエロメイクの目の下によく描かれるしずくマークが元ネタなのかな?
どうでも良いけれど!


思い返せば雑な映画の決定版みたいなウンコ映画でしたが、「とにかく頭と四肢は胴体から切り離さないといかん!」とか常日頃から決めつけて生きているスプラッタージャンキーな方々にはこれ以上ないであろう、映画の神様からの贈り物に違いありませんので遠慮なくご堪能ください!
観賞後のトイレタイムでは、きっとこの映画のDVDが貴方のオケツから生まれ出てくることでしょう。


ゲオ宅配レンタルにて
メタボなピエロとハーレイクインもどきのブスによる狂宴♪

JVD吹替が無かったので、海外版をポチったよ!

Extended Director's Cut 版にしたら、メイキングやNG集の他、監督によるショートフィルム集まで収録されてました。
なかなか良いセンス☆

監督、モヒカンライダースジャケといういかつい格好ながら、丸眼鏡と優しい笑顔が素敵だったなぁ~

だがしかし、これはJVD案件だった…
絶対吹替が楽しいヤツ(。>д<)

ピエロはデカくて怖かったです☆

英語鑑賞
字幕なし



タブロイド記者ジェニファーとマーク。

連続殺人鬼 Teardrop Killer の取材を始めることに。

ピエロの格好をしたその殺人鬼は、あちこちで殺戮しまくっている。

一方、ハーレイクインもどきのブスことトレイシーも、あちこちで男をひっかけては殺しを重ねていて…



ラストはどーーーーん(* ̄∇ ̄)ノ

警察が無能過ぎて微塵も役に立たず、死人が出まくる良作スプラッタでした♪

グロゴア描写も凝っていて、血糊の質もイイ!
内臓はちょっとおかしかったけど(笑)

カメラマンのマークの部屋に『ショーン・オブ・ザ・デッド』のサイモン・ペグ人形があったのが嬉しかった~

そんなマークはメタボなのですが、ラストにメタボピエロと闘います!
それがもう、もちもちグダグダでww
流石JVD案件( ´∀`)

その後の展開は…なんかもう取って付けたような血祭りでしたね、好きだけど(笑)

本編もなかなかですが、特典のショートフィルムがホームメイド感むんむんながら、かなり面白かったですよ~

素人芝居ながら、やってることは今作に並ぶショッキングなグロ!

アホさ全開で楽しかった(〃∇〃)
N0SE

N0SEの感想・評価

1.0
これは良かった、つまらなくて(笑)

吹き替えの悪ふざけ、ただでさえな内容を台無しに。

全然気にしないけど、自分が作った映画だったらふざけた吹き替えしやがって( ・᷄c・᷅ )
ってなるね、エセ沖縄弁。


殺人女のスタイルが悪くて悪の魅力が激減。
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.8
しまんちゅの味サァ〜

最高すぎました。

サーターアンダギー食べたいし、からあげクンも食べたいよね。

あと工藤まさるって誰や?