タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密の作品情報・感想・評価

「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」に投稿された感想・評価

絵本で知っているタンタンのCGアニメ。スピルバーグ作品らしく、まさにジェットコースタームービー。息つく間もなくハラハラドキドキが進んでいくので、あっという間に物語が進んでいった。楽しかった。テンポのいい動きが秀逸。
すみ

すみの感想・評価

5.0
魅力あるストーリーに登場人物たちの表現が豊かで、ハドック船長の語りに引き込まれる。タンタンとスノーウィとまったくいいコンビ。息ぴったりの警部たちも。
メイキングも重厚で楽しんだ。
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

3.0
ベルギーの漫画タンタンの冒険をスピルバーグがフルCGで映画化。製作にはピーター・ジャクソンという豪華布陣。
テンポ、ストーリーといい飽きずに見れてそこそこ面白いんだけどあくまで子供向け、軽く見れる暇つぶし映画としての出来。

スピルバーグも軽い気持ちで作ったのだろうか、タンタンに対しての深い愛もあまり感じる事ができなかった。
海外では本来タンタンはTin tinと表記される本作。タンタンの冒険ではなくTin tinの冒険なのです。
vivakomo

vivakomoの感想・評価

1.5
完全子供向け仕様のスピルバーグアニメ
インディと違ってアニメだから派手なアクションもいまいち
タンタン好きなら楽しめるのかなぁ
びっくりフジツボっつうのもタンタン世界では当たり前?
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

2.5
中一のときにクラスメイトの男の子と2人で見に行った映画。映画は面白かったけど、そんなに仲がよかったわけでもない彼となぜ2人で行ったのだろう。そのあと彼はいつのまにか転校してしまっていた。
イリエ

イリエの感想・評価

4.5
「ヤング・インディジョーンズ」と「パイレーツオブカリビアン」を足して割った上澄み液って感じです。どうして爆発的な人気作にならないのか不思議です。
元からのファンも大満足な出来だと思いますが、そもそも原作はスピルバーグの世界とは程遠いです。漫画は絵としての面白さがシャープに示されるのに対し、スピルバーグはいつも通り暗闇と光を使ってねちっこく驚かせてくれます。なのに、スッキリ入ってきます(食感が同じなんです)。しかもオシャレです。冒頭、似顔絵からのはいり、最高に楽しい。ただ、ストーリーと主人公が単調に見えてしまいます(船長の魅力が前面に)。あとビーカー教授、出してほしかったぁ〜! 今回は船長の成長を描いたのだから、続編は教授かも。でも無駄にややこしくなるかなぁ、続編観たいなぁ。
金柑

金柑の感想・評価

-
レンタルしたDVDが大事なシーンばっか飛ばしまくるのであんまり観た気がしない


公開時に映画館で観ている。初めて映画館でリピートした映画。
小学生の時に図書室に置いてあって歯抜けだけど全巻読んだりしていたので思い入れはあり、オープニングからテンションが上がる。
3Dでもう一回観たい。

今思うとこの映画でニッペガーの3人に出会っているわけで、後にコルネット3部作にハマることになるとは恐ろしい

スノーウィがいい子すぎる
りっく

りっくの感想・評価

2.9
洒落たオープニングから始まる本作は、冒頭からスピルバーグの『タンタン愛』を感じ取ることができる。オープニングのシークエンスで、作り手は決してタンタンの顔を映そうとしない。似顔絵を描いてもらっているタンタンを映すときも同様だ。その後出来上がった絵は、まさに誰もが知っている漫画の「タンタン」である。そこからカメラがパンし、初めて本作の「タンタン」の顔を捉える。この2Dから3Dへの新旧の「タンタン像」が継承されるオープニングは、いかにスピルバーグが『タンタン』に敬意を払い、愛情を注いでいるかが分かる。

本作で特筆すべきなのは、やはりアクション場面のダイナミズムだろう。陸・空・海を舞台に、ひとつのアクションが連鎖的に働いていく。仕掛けの畳みかけが連続しているからこそ、3D効果もあって空間の奥へ奥へとノンストップで突き進んでいく。スピルバーグ初の3Dという期待を裏切らない場面が次々と現れるのだ。

けれども、『タンタン』を全く読んだことがない人間から観て、本作の主人公であるタンタンがあまり魅力的なキャラクターではない点は気になってしまう。少年というよりはやや大人びすぎているために、謎解きや冒険による成長の跡がほとんど感じられない。周囲のカリカチュアされたキャラクターに比べ存在自体が弱いため、主人公としての物語の推進力と成り得ていない感じを受けてしまう。逆に、スノーウィという犬が際立っている印象がある。
 けれども、そんな細かいことは気にせずに、観客=「タンタン」の視点で冒険に同行する見方が、本作で最も正しい鑑賞法だろう。「それこそが映画だ!」とスピルバーグは伝えたかったような気がする。
WOWOW 録画.

S・スピルバーグ監督がアニメを手掛けてるとは、知らなかった。初作品だそうです。リアルにできていて、わかりやすい話、それぞれのキャラに愛着がわき、子供から大人まで楽しめると思います。
繭

繭の感想・評価

4.0
改めて鑑賞~。
相変わらずテンポよしコメディよし
映像よしゼメキス節炸裂です。
スノーウィ可愛い。
あと破壊しすぎ。
原作読んでみたくなります。
続編やらないんでしょうかね…?🤔
>|