タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密の作品情報・感想・評価

「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」に投稿された感想・評価

manami

manamiの感想・評価

-
映像がきれいで、現実の中にアニメーションの人物がいるような、不思議な感覚。でもでもでも!タンタンの顔はちゃんと元の絵のとおりにしてほしかったなぁ。どうしてもあの顔になじめない。
スノーウィー可愛い賢いすごい。タンタンスノーウィー船長がハヤブサを追いかけるところが楽しい。
涼風

涼風の感想・評価

3.8
最初は違和感があったけど、
慣れれば正真正銘のタンタン。

物語もうまく編集されていて、
アクションも映像ならではで楽しく。

クレーンでちゃんばらとか、吃驚。

原作とは良い意味で違う、
素晴らしい映像化だと思いました。


続編いつやるの…
おもしろいっ‼︎
迫力と臨場感にワクワクがとまらない‼︎
犬がかわいい‼︎
吹き替え版で鑑賞。


懐かしい、懐かしすぎる。
小学生の頃、図書室でよく読んでいた絵本「タンタンの冒険」。
タンタン、スノーウィー、ハドック船長、デュポンとデュボン、個性的で魅力溢れるキャラクターが絵本を飛び出してCGで映像化されている。その事実だけで個人的には嬉しかったしワクワクした。

丁寧な脚本と臨場感溢れるカメラワークはさすがスピルバーグ。
インディージョーンズを彷彿させるアクションをCGで滑らかに実現していた。

タンタンがフロド、ハドック船長がゴラムと同じ声優さんだったので、ついついロードオブザリングを思い出してしまった。
これもピータージャクソン繋がりなのか。

原作を知ってる人には是非観て欲しい傑作です。
フルCGアニメーションだけど、きっちりとスピルバーグ映画でした。
スピルバーグ好きなんですが、なんでアニメなんだ!?って偏見がありましたが、反省します。劇場で見なかったことにすごく後悔しました。『レディ・プレイヤー・ワン』は絶対に劇場で観ます。スピルバーグは裏切らない。
苺

苺の感想・評価

3.8
楽しいタンタンの冒険。
CGだけど、綺麗だった。
ワクワクがたくさん詰まっていて楽しかった!
子供の頃、原作を読みまくっていました。キャラクターたちが魅力的で、中でもハドック船長が大好きでした。彼の特徴といえば、語尾にダジャレをつける独特のセリフ回しです。

時を越えてフースーヤという芸人が出てきましたが、彼らもきっとハドック船長のファンだったんだと思います。それでは下記の内容についてご確認ください。

「コンコンニャローのバーロー岬!」

「オーマイゴッドファーザー降臨!」

「なんとナントの難破船!」

なんということでしょう。ハドック船長の代表的なセリフとフースーヤのネタが違和感なく共存してるではありませんか。ハドック船長万歳。


さて映画についてですが、よく覚えていません。現場からは以上です。
nobuo

nobuoの感想・評価

4.2
今大人気のエドガーライトも脚本を共同執筆したスピルバーグ作品。
公開時はCGキャラがキモすぎるキッズ向け映画...と思ってノーマークだった。でも実際のところはCGキャラなんて気にならない程、丁寧に練られた良作アクション映画だった!!


実写映画じゃ到底不可能なCGアニメならではのカメラワークが、おそらく本作の一番の見どころ。
ガチャガチャして派手ってわけではなく、見やすさを重視してくれてるのが嬉しい。

特にクライマックス直前の超長回しチェイスシーンは、舞台のロケーションの美しさと立体感も相まって最高!
個人的には回想で描かれる海戦シーンも気に入った。縦横無尽に立体的アクションで戦う船長、炎を纏ったマントをひるがえし戦う敵キャラの二人に惚れ惚れ。
パイレーツオブカリビアンもこれくらいやってくれたらなぁ...。


場面転換の繋ぎのスムーズさ、ブラック寄りのコメディーシーンも俺好み。
比較的序盤でまさかの獣姦ネタ?が出てきたところで、「あっこれキッズ向け作品じゃなかったんた...」と察した。笑
二つ星ホテルがとある理由で「三つ星」になるシーンなんてもう最高。


そこまでヒットしなかったらしいけど、是非別エピソードでの新作をお願いします...!公開当時劇場行かなくてごめんなさいスピルバーグ...!
スピルバーグがCG化。もはやアクションなので映像のスリルがすごい。
個人的にはやはりアニメの方が好き
予想以上に面白かった。
坂道のチェイスシーンは流れるようで素晴らしい。
>|