西遊記 ヒーロー・イズ・バックの作品情報・感想・評価

西遊記 ヒーロー・イズ・バック2015年製作の映画)

Monkey King:Hero is Back/西遊記之大聖帰来

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:83分

あらすじ

伝説のヒーロー・孫悟空(そんごくう)が五行山に封じ込められて500年。町には妖怪がたびたび現れ、子供をさらっていた。ある日、お師匠さまのもとで修行中のリュウアーは、妖怪に襲われた女の子を助ける途中、たまたま迷い込んだ五行山で、偶然にも孫悟空を眠りから目覚めさせてしまう!ところが悟空の力は封印されたままで、本来のパワーを発揮できずにいた。やがて悟空、リュウアーそして八戒(はっかい)の3人は長安へ旅…

伝説のヒーロー・孫悟空(そんごくう)が五行山に封じ込められて500年。町には妖怪がたびたび現れ、子供をさらっていた。ある日、お師匠さまのもとで修行中のリュウアーは、妖怪に襲われた女の子を助ける途中、たまたま迷い込んだ五行山で、偶然にも孫悟空を眠りから目覚めさせてしまう!ところが悟空の力は封印されたままで、本来のパワーを発揮できずにいた。やがて悟空、リュウアーそして八戒(はっかい)の3人は長安へ旅に出るのだが…。はたして悟空は、かつてのチカラを取り戻し、真のヒーローになることができるのか!?

「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」に投稿された感想・評価

とり飯

とり飯の感想・評価

5.0
とにかく動き回る映画
4DXで観たい映画

ミュータントタートルズシャドウズくらい(もしくはそれ以上)映像がジェットコースターだった
なんでこれ4DXにしてくれないんだ!?

吹き替え版だったので、劇中挿入歌は日本語楽曲だった(原曲や詳細はよく知らない
原題は「ヒーロー(大聖)イズバック(帰来)」の部分が大きかったので、ものすごく「西遊記」を求めてる人にはすすめない

最初ものすごくうざったかったリュウアーの呼び声が、だんだん自然なBGMになり、聴こえなくなるとアレ?と思うようになる
ストーリーが進むにつれて、斉天大聖の気持ちが少しだけ感じられた気がする

所狭しと飛び回る登場人物たちを見ていると謎解きパズルやアクションゲームをやっている気分になった

敵キャラのカットイン映像が入ってボス戦スタート!が繰り返されてエンディングへ…というこの映画のゲームが出たら是非やりたい

最後になっちゃったけど、映像がめちゃくちゃ美麗で素晴らしかった
ワンカットワンカットが絵になる映画は本当にすごい
クアラ

クアラの感想・評価

3.5
『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』を観てきました。

幾度となくアニメやドラマとして映像化されてきた馴染みの物語が、今まで見たことないストーリーで描かれる大迫力のアニメーションMovie!

天竺を目指さないし、全ての妖力・武器を封印されたただの怪力猿と化した孫悟空がとにかくカッコ良い‼︎表情や仕草・佇まいの全てが一々絵になってキマっています。

ナルティメットのムービーシーンだけを繋ぎ合わせた様な躍動感のある飛び出す様なアクションシーンは必見です!
まぁ

まぁの感想・評価

3.0
この作品…「西遊記」って…タイトルで良いのかな〜^^;

冒険アクションファンタジー作品…と…思って観れば…楽しめる…☆
…映像も迫力があったし…音楽(音)も…インパクトがあった…♪

孫悟空が…徐々に変わっていく姿も…良かった…☆…(最後の姿なんて…「うひゃ〜!かっこいい〜」だった…♡)

でも…三蔵法師…出てこないよ…^^;
…不気味な妖怪…沢山だよ〜^^;

オリジナル作品って…割り切って観ないと…「えっ、西遊記じゃ…ないじゃん」…って…思っちゃうよ…(笑)

…私は…楽しんで鑑賞出来たから…(笑)
良し…と…しよう〜(*^^*)

(中国制作のCGアニメーション作品って
…初めてかも…しれない…☆
新鮮〜(*^^*))
さかい

さかいの感想・評価

4.0
CGとアクションがすごい。派手派手きれいだけでなく古い中国の町並みや大自然とか、他のCG映画にない風情やわびさびがある
冒頭からテンションMAX。西遊記作品は数多いけどだいたい三蔵法師の旅立ちからで、哪吒楊戩ついでに李靖たちと孫悟空との天界バトルが映像化されるのは貴重。もっと観たかった
赤マフラーに呂布みたいな冠の本気モード孫悟空はめちゃかっこいい
リュウアがマシンガン的に喋りまくりでうざかった。「うるせえ!」って言いたかった。できれば字幕がよかった、子役アンチじゃないけど本当の子供の声って主張強すぎてきついなと思った
八戒が何もしてなかった気がするけど、猪八戒が強い作品って最遊記ぐらいしか思いつかないししかたない
哪吒が女…?そういう設定なのか、面倒くさいから悟空が適当に答えただけなのか
これも洋画アニメーションの例に漏れず、完成から3年も待たされた。
西遊記とあるが天竺には行かず、三蔵法師も出てこないし、物語はほぼオリジナル。
ひょんなことから封印を解かれた孫悟空が、妖怪につけ狙われる小坊主リュウアーと小さな女の子を助けて旅をする。
この話では、悟空の頭ではなく腕に枷が嵌められており、本来の神通力が使えないのがポイント。
基本的に、500年の封印にもあまり反省してない悟空の成長物語の色彩が強く、ただのバカ力の猿になり下がった彼が、旅を通して伝説のヒーローとして帰ってくるまでの物語。
レンダリングに時間とお金が掛けられなかったのか、ノイズが多いのが気になるが、独特のタッチのビジュアルも味があり、活劇としても見応えはたっぷり。
愛らしかったり、気持ち悪かったり、キャラクターもなかなか魅力的。
土地神さまはペットに欲しいw
上映館が少ないのと、吹き替えのみなのが残念だが、宮崎吾朗による日本語版の出来は良い。
ワクワクする冒険には日本の少年漫画的熱さもあり、非常に満足度の高いファミリー映画だ。

このレビューはネタバレを含みます

とても面白かったです!とにかく悟空がかっこいいです。最初はあまり孫悟空の顔好きじゃなかったですが、最後に行くにつれてどんどん好きになっていきました。ストーリーも王道な感じでよかったです。でもストーリーよりもアクションのほうが見所多いかな。日本人が知ってる孫悟空とは違いますが、これはこれで大好きです。主人公の子供は三蔵になるのかな?

このレビューはネタバレを含みます

##総評
3.6 デザイン良好&子供向けシモネタギャグが最高

##良いところ
- デザインがとても良い。中国的な独特のカラーリングと細身のスタイルがかっこ良い。
- 明快なストーリー。
- 孫悟空がついに本来の力を取り戻すところが物語のかなり後ろの方まで貯められている。のでカタルシスがすごい。きっかけも良い。そして「変身!」シーンめっちゃかっこいい。
- 小学生が爆笑するようなシモネタギャグが笑える。鼻水たら〜んのシーンは劇場でもかなりウケてた。
- 完全にドラゴンボールなんだけどかっこいい格闘アクション

##悪いところ
- 猪八戒が結構キモい。コメディリリーフであることはわかるが、もうちょっと感情を込めやすい味方キャラとして活躍シーンあるいはキュートに感じられる場面があればよかった。
- 龍って手懐けられる感じのくだりあったっけ
その強さは誰のためのもの?


ティエン・シャオポン監督 2017年製作 吹替版
吹替の監修は宮崎吾朗が担当していました!
声優 孫悟空:咲野俊介←テッドの声の人



「マトリックス」を観て、カンフー脳にスイッチが入った第10弾\(^o^)/


あら~、全然観るつもりなかったのに、なんとなく来てしまった。中国アニメの初劇場鑑賞(笑)
客は2人かぁ~( ˘̥̥̥̥̥ ᵕ ˘̥̥̥̥̥ )ソウダヨナァ

この後、「KUBO」も観るので、アニメのダブルヘッダー。自分でも珍しい( ¯−¯ )フッ
普段来ない劇場なんでねぇ。「KUBO」はやっと公開されましたので、ちょっと足を伸ばしました( ˘ ˘ )ウンウン


でもね、面白かったのよ。
ちょっと子供向けかなぁとは思いましたが、王道のストーリーで、安心できましたし、これは子供たちに観せてあげたい内容でした( ˘ ˘ )ウンウン

中国作品だからか、最近少ないベタな展開がいいんですよね~。あと、さすが、中国。アニメだけど、カンフーのキレがいいし、カンフー作品お馴染みの太鼓や鼓弓などの音楽が素晴らしくいい。
それだけでもスコアアップだわ\(^o^)/



お話は、よく知られている三蔵法師と旅をする「西遊記」とは異なります。

斉天大聖孫悟空は天に剣を向けてお釈迦様の怒りを買い、五行山に封印されて500年。地上では妖怪が跋扈し、民を苦しめていた。この妖怪、「グレートウォール」に出てくる饕餮(トウテツ)に似てたよね!

旅の途中で妖怪に襲われ孤児となった主人公リュウアーは、托鉢僧のお師匠さまと共に旅をしている。

ある時、妖怪に襲われた子供を助けようとしたリュウアーは、偶然、孫悟空の封印を解いてしまう……



そうなんですよ。
なので、三蔵法師と旅をしないんです。
か弱い子供のリュウアーとの旅なんです。

でも、このリュウアーがいい子なんですよね。
この子のおかげで孫悟空が変わっていくんです。
この部分がベタと感じるところではあるけど、嫌じゃないんだなぁ。
そして、映画では語られてないけど、実は、リュウアーが、将来、三蔵法師になるのでは?と想像する充分な説得力がありました。そこが好きでしたね~。

これは、なぜ、あの強い孫悟空が三蔵法師と一緒に旅をするのか、それに対する強い説明になっています。子供が観ても「だから、悟空はお師匠様と一緒に旅をするのか」と納得できるんです。





ところで、最遊記と言えばやっぱり堺正章さんですよね~。
夏目雅子さんの三蔵法師と共に旅をするのが、本当に好きでした( ˘ ˘ )ウンウン

面白かったなぁ。
毎週、めっちゃ楽しみだったよね。
また、観直したいなぁ( ˘ ˘ )ウンウン
ゆう

ゆうの感想・評価

3.8
全編飽きさせないほどアクションシーンがあり、リズムも良いです。
コメディ要素も満載。
完成度も高く、子供と一緒に観に行ったら、喜んでもらえるかなと。
torisan

torisanの感想・評価

3.5
絵作りや演出は素晴らしいものがあったけど、お話が思ったより大雑把でした。あまり細かいことは気にしないタイプですが、感情表現が大きいからかな、なんで?と気になってしまう箇所が目につきました。
>|