デッド・カーム/戦慄の航海の作品情報・感想・評価

「デッド・カーム/戦慄の航海」に投稿された感想・評価

ニコール・キッドマンがエロい。以上
申し訳程度のエロ要素が、チープでなんか余計エロいよね。


真面目に…
なんと言うか
恐怖にも振り切れないし、ギャグにも行けず、ましてや猟奇的さや狂気さの方に行くでもなく。平均点!

個性を惜しげも無く晒けだしたり、絶妙に切り取ったりするのは持つもの持たざるモノがあるのかなぁと思ったり。
1988年製作、海洋サスペンス。

若いニコール・キッドマン
変わらぬサム・ニール
『デーモン・ナイト』のデーモンさん

以上の3人でお送りします♪



交通事故で息子を亡くしたジョン(サム・ニール)とレイ(ニコール・キッドマン)夫妻。
傷心旅行に南太平洋へとクルージングに出る。

数週間後。
沈みかけた船から、怪しげな男ヒューイ(ビリー・ゼイン)が助けを求めてやって来た。
食中毒で仲間は全員死んだという。

ジョンは、真偽を確かめに彼の船に向かうが、その間にヒューイに自分の船を乗っ取られてしまい………



オチがド派手(* ̄∇ ̄)ノ

ニコール・キッドマンが、最初全然使えないのがイラつきました(笑)
まぁ、この時代、強い女性!ってキャラは少なかったもんなぁ~

でも、ラストに近付くにつれ、逞しくなっていくのは楽しい!
私としては、最初からこれくらいやって欲しかったけれどw
あんなの適当に騙して首かっ捌いてやれば良いのに~

とはいえ、96分間緊張感が持続する展開はなかなか♪

見知らぬ男と船で2人きりの妻
船を修理し追いかける夫
正体不明の男

3人と2隻で繰り広げられるサスペンス☆

あ、ワンコもいます(*´ω`*)
96さん

96さんの感想・評価

3.5
南太平洋を航海中の

夫婦の船に、

沈没寸前の船から

救助を求める男が

乗り込んだ事から始まる、

極限海上サスペンス

物凄い緊迫感!

プロジェクター等

大画面で観ると、

非常に良い作品☆

大海原の

怖さと

美しさ

その中で

繰り広げられる

極限の戦いが

94分間を

一瞬で過ごさせてくれます

なんなんでしょうねこの、

名作のパワー!!

若いニコールの

美しさと演技も

素敵☆


サスペンス好き

ニコール好きなら

一度は

観て欲しい映画です
HEIDI

HEIDIの感想・評価

2.8
うーん、海の上は怖い。さっさと殺しちゃえばよかったのに、って思う私はダメかしらり夫婦が無事で良かったです。
めるな

めるなの感想・評価

3.3
ニコールがハリウッド進出する前の映画。

この頃のニコールのほうが、いまのお人形のような顔よりずっと好き。
男性陣もいい味だしてるし。

地上波テレビでよくやってた。
やってるとつい見てしまう系のひとつ。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.6
えっと、一番最初のくだりはいるの? 最後ジェイソンとか、そっち系のオチをつける必要は? メインの展開は、悪くないと思うんだけど、全然盛り上がっていかない。追い詰められている感がないんだよね。あと音楽がダメ、全然ダメ。

ニコールキッドマンがなんでもできるのも、精神力強すぎなのもどうかと思うが、主人公補正か?
船の上という逃げ場の無い状況下で、突然得体の知れない男と対峙する事態に陥った緊迫感が直に伝わってくる海洋サスペンス。

当時二十歳そこそこで、この作品がきっかけになり、ハリウッド進出へ繋がったニコール・キッドマンの転機的な作品。

その彼女を追い詰めるビリー・ゼインも、最後の最後まで徹底的にしつこすぎるゾンビっぷり。この頃から「タイタニック」でのキャルの原型は出来ていたんですね。笑

サム・ニールの役柄も何気にストーリーの展開上、重要な伏線。この設定じゃないとあの状況生き残れないだろうな…。

キャスト、演出共にそれなりに光るものが感じられた良作サスペンスでした。
ニコールがレイプされてるとき母親が「この人きっとこういうプレイ好きなんだろうね」って演技派と体当たり演技という言葉ををぶった切ってて面白かった。
おお、
ニコール・キッドマン若い!
ペチャパイだが… 美しく可愛い。
なかなか面白かったな。
yukko

yukkoの感想・評価

-
凄くオモシロかった記憶がある。
機会があったら観直してみよ。
>|