ライフ・オン・ジ・エッジの作品情報・感想・評価

「ライフ・オン・ジ・エッジ」に投稿された感想・評価

謎映画。
効果音やらBGMも不思議だけどこの時代の映画の独特なチープさは現代では絶対出せないなと思う。
ただ破滅的に面白くない。
琉太

琉太の感想・評価

1.7
映像の色使い、世界観が毒々しいPOPな未来の日常生活が描かれている
ストーリーは退屈
だけど、この作品にしかない物がある
30年近く経つのでまた観たい
今こそ観なければ!
記憶が確かならマイケル・ジャクソンのPVを監督した人の長編映画デビュー作と聞いたような気がします
Nash

Nashの感想・評価

3.2
生活必需品がパイプから供給され、食料も楽器でさえもが生きている。摩訶不思議な未来社会に住む家族の1日を描くグロテスクかつコミカルなSFホームドラマ。
すげー嫌な上司が家に飯食いに来て最後とんでもない目にあうというお話。
面白いか面白くないかと言われたら全然面白くはないけど、エッジ立ちまくり。
子供の頃、両親から「お金あげるから、面白い映画レンタルしてきて」と言われ、前々から気になっていたこの作品をレンタルし、意気揚々と家に帰り観た記憶。

パッケージの雰囲気(※ココで表示されてるヤツではなく、崖っ淵に立っているイラストのもの)と心踊るキャッチに"コレは絶対に家族で大爆笑できる映画に違いない"…という根拠のない自信、そして家族の期待を背負いビデオテープをデッキに挿入…。


父親は自室へ行き、母親からは「こんな映画借りてこさせるためにお金あげたワケじゃない」と言われる始末。

コレは私にとってトラウマ映画です。
未だに改めて観る気が起きない…。
好きすぎてなんて書いたらいいんかわからん!自分の好きな世界がそのまま映像になったってレベルでツボを突いてくる…!!最高!!!料理のシーン激アツ!!!!ブルーレイで出して!!
martroniks

martroniksの感想・評価

2.3
十代のジュリエットルイスが観たくて鑑賞。
監督は特殊効果やメイクで有名な方らしく、世界観が独特で、「未来世紀ブラジル」のポップ度とグロ度をブーストした感じ。
ながら観したのでストーリーがよく分からなかったが、あまり面白いものではなさそうだったw
ジュリエットルイスはやっぱりかわいかった。
ペコ

ペコの感想・評価

4.0
OPのヘンテコな音楽。暗い中にチューブ。未来世界。気持ち悪いワーム。これをママが料理する。真顔でブスッ、ブスッって、包丁で叩き切るシーンが怖い。これ、どう観てもチンコ\(^o^)/
生きたまま調理するから気持ち悪いよぅ。。

たぶん、セクシュアルがテーマ。
パパの上司を家に招いて接待するんだけど、その上司がとんでもなく変態で酷い奴だった。

→勝手に洗濯機の中から娘かママの服を出してクンクン。(変態)
→「私は生まれつきの社長だ。そして君は生まれつきの計器係だ。」(パワハラ)
→子供に虐待。
→ママと娘を口説く。(セクハラ)

またこのパパがヘタレで、ずっと上司の太鼓持ち。こいつダメだ…と思ってたら、家族みんなで協力して上司を殺し始める。笑
ここからがめちゃくちゃ面白い。モンスターパニックものみたいになってくる。電気ショック受けて、チンコが絡みついて、殴られて、「お前はクビ!」とか言いながらムースパイに顔グチャッ。上司タフすぎ。笑

ラストもぶっとんでる。ハートフルでブラックな感じ。好き。
未来世界で繰り広げられるファミリーコメディ。 キッチュなセットとメイクが楽しい。