恋する幼虫の作品情報・感想・評価

恋する幼虫2003年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.3

「恋する幼虫」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

よしよし君が虫潰そうとするシーン、カットがなかなか入らなかったのだろうか。リアルに辛そうだった。
これはなかなか気持ち悪くて変わった映画だった。グロいのが見れない人は見れなさそう。荒川良々ののっぺらした演技の感じは好きだなぁ。
りっく

りっくの感想・評価

3.8
ジャンルとしては「ヴァンパイアもの」の純愛物語をアレンジしたような話。
ただし、その純愛に行き着くまでの描写が、人間の本質を抉り出しているように感じる。
「生」と「性」のどうしようもない不快さ、気持ち悪さ。
人を愛することによって、負うことになる「傷」。
そういうものを「異形」や「異物」といったグロテスクなものに託すことで、ただの悪趣味描写の域を完全に超えている。
まさに、ストーリーテリングのためのグロテスク描写になっているところがいい。

対人恐怖症、生理的嫌悪感、過去のトラウマ。
何重もの殻にこもっていた2人が、ついに自分の殻を突き破る。
純度が高すぎるがゆえに、そうするしかなかった究極の愛の形。
それは歪な形に見えるかもしれないが、美しい姿だと思わせられてしまう。
低予算かつまだまだ技術不足な面は多いと感じたが、それでも作り手の志の高さで一気に魅せられる。
青猫

青猫の感想・評価

-
惡の華に向けて。
井口監督は片腕マシンガールの時から観ているが、西村映像が最近気持ち悪くて受け付けない。

大人計画の笑いは個性的で心地よい。

井口昇の変態x純愛が惡の華の期待値を上げる。
「ダメ人間万歳!」ってそんなにいいことか?と若干疑問にも感じたけど、良い映画だった。凡そ全ての登場人物が「ダメ人間」で構成されているが、さすがにここまで徹底して負の連鎖を描いてくれると圧倒的である😓

主演の荒川良々はいつ見ても気色悪い奴だ。彼が演じるルサンチマンを拗らせた漫画家とその彼女の関係がまことにグロテスクである。また脇役松尾スズキは「殺し屋1」以上に極悪人のオーラが漂っている。

こういう映画こそ真のサブカル映画だと思うのだが、監督の変態趣味を曝け出す辺りはクローネンバーグ的だったり、人間のエゴと愛欲が剥き出しな描写は増村保造的だったりと色々元ネタがありそうなのでそこは確信犯的な作りなのかも…😓

井口昇らしいオタク愛とケレン味溢れる演出が炸裂した怪作。サブカル系の漫画が好きな方には是非ともオススメしたい。
「片腕マシンガール」は好きだけどこれはイマイチだった
グロも少なめだし、主人公への感情移入も全く出来ない
ストーリーの起伏も少なく途中で飽きてしまった
最後のオチもちょっと…
でもなんかみんな楽しんで映画作っているんだろうなぁ感は画面を通して伝わった
松尾スズキと新井亜樹は好演だったと思った
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
卯月妙子や乾貴美子とかが出てて、大人計画だしまあそんな感じかと思いながら見ていたけど、表現したいものといえば、かなり直球の「愛」でした。可愛らしい作品で、非常に微笑ましく鑑賞しました、が、アメリカにありがちな「そう言うラブコメ」では勿論ありません。
【勝手に井口昇監督映画祭⑤】
先日憧れの井口昇監督にお会いして、とても腰の低い素敵な方でした!
『片腕マシンガール』『デッド寿司』など名作は沢山ありますが、まだまだ未見の作品があり観ていこうと。
今回は荒川良々主演の『恋する幼虫』。

いやー、冒頭の目玉が飛び出すシーンから度肝を抜かれて…歪んだ愛を描かせたら凄いなぁ。
そしてもうぶっ飛んだラスト‼️
ホッペから人を食べる、食べる。
直木賞候補の松尾スズキも頭おかしい彼氏役で、笑いました(笑)

井口昇監督は恋愛についてそんなに歪んだ過去があったのかな??
普通の恋愛モノに疲れた方はぜひ!
まぁ

まぁの感想・評価

3.3
タイトルに惹かれてレンタルし…映画始まってから…「もしかして…監督さん…」と…気付く私…(笑)

新しい「愛の形…?」…と…(少し)グロいんだけど…
クスクスって笑いながら…(笑)

レバーのシーンは…「うぁっ」となったけれど…(笑)
「幼虫」なので…ね…(笑)
納得しちゃった…(笑)

顔の「造形」…苦手な方は苦手かも…
…私は、最初の「目」の方が…「うゎ〜」だった…(笑)

一筋縄ではいかないね…(笑)

荒川良々…走る姿だけで「画」になるのは
流石…♡

ラストは…吹き出した…(笑)
振り切った〜(笑)

やっぱり…「愛」の物語…納得…(o^^o)
Haman

Hamanの感想・評価

3.0
根底にあるのは「月光の囁き」と一緒かな。
活字として出会っていれば、もうちょっと印象が違ったかも知らない。
映像表現としてあまり趣味じゃない。
>|