ゴーストライダー2の作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴーストライダー2」に投稿された感想・評価

KCUFUMI

KCUFUMIの感想・評価

2.3
定期的にニコちゃん補給。

1は面白かったのになぁー。
ビジュアルも前のが良かったなー。

頭の火力弱くね?w

あの触ると全てが朽ち果てるやつ、
ハンドル握って運転できるんだな。
なんでや。

最後、子供助ける前にライダーが抱っこしてたけど、完全に頭の火ついてたぞ。
燃え映らなかったな。
なんでや。

テンポ悪いし眠くなった。

この2作目いらなかったんじゃないかなw

でも、変身しないように必死で耐えるニコちゃんの顔は面白かったよw
EIJI

EIJIの感想・評価

2.7
【54点】
テレビでやる、「明日公開の映画の過去作をおさらいしておこう」って感じの薄さ。
「地獄に帰れ」がこれほどブーメランになるとは──実際はSONYから Marvelにゴーストライダーの権利が戻った。
評判は悪いが、予算の3倍稼いだので最悪の映画ではないという…。

【採点】
1. シナリオ(13/30点):物語の面白さ・新しさ
2. 表現(15/30点):演技・音楽・オブジェクトといった画の総合パフォーマンス
3. 社会的意義(13/30点):社会的インパクト・“史”に刻まれる普遍性
4. 好み(3/10点):自分の感性に合っていたか・あるいは新たな好みを開拓してくれたか・その他加点ポイント
※Filmarksでは100点×0.05の値で算出。
※70点(3.5)は基準値・80点(4.0)以上は見て損しない良作・90点(4.5)以上はオールタイム・ベスト級の傑作
※評価はコンテクストに左右されるものであり、故に同じ点数でもジャンルや時代が異なれば意味合いは変わります。
mikanmcs

mikanmcsの感想・評価

4.0
ステイサム兄貴の大傑作「アドレナリン」のネヴェルダイン=テイラーの監督作、ということで1をすっ飛ばして2を鑑賞。(どっちも以前見たけど忘れました)このコンビ、荒唐無稽なコミックのような話を中二病全開で描かせると、素晴らしくノリのいい面白い作品に仕上げますね!

観客はオープニングの修道院のアクションで心をわし掴みにされ、続いて「シン・シティ」のようなダークなアニメーションのオープニング・タイトルで一気に映画の世界に引き込まれます。あとは「構図やアクションがカッコいいか」だけを考えたような「やりすぎアクション」が延々続きます。アクション・シーンはCGっぽいけど、そもそもリアルさを追求していないので、全然気になりません。「スゲー!」「カッケー!」と笑ってみていればいいと思います。特に何度も出てくるゴーストライダーがバイクで疾走する場面は全体が炎に包まれタイヤ跡が燃えて黒煙が上がり、見てるだけでスカッとするカタルシスのあるシーンですので、私はこれだけを90分見せられても満足です。

スピード感あふれるカットバックの直後に急にスローモーション、などの見せ方も(特に意味はなさそうですが)理屈抜きで「カッコいい!」と思いました。またゴーストライダーが立ちションをするシーンなど、下品なギャグも挿入され、「アドレナリン」の伝統を引き継いでおりました。

なお本作は主演のニコラス・ケイジよりもヒロインのヴィオランテ・プラシドと助演のイドリス・エルバのご両人の眼力(めじから)が強力で、印象に残りました。

お話の筋は、、どうでもいいです。とにかく主役の「ゴーストライダー」が無敵すぎるので、危機に落ちてもあまりハラハラしません。よって「悪い奴をバッタバッタとやっつける快感」を中心に安心してみられます。まさに中二病の真骨頂ですね。(←褒めてます!)このコンビ、前作の「ジョナ・ヘックス(脚本のみ)」がイマイチだったので不安でしたが、本作は大満足でした。
ビジュアルは圧倒的に1だけど
アクションとカメラワークはこっちだな

マルチバースがんばれ!!
一人旅

一人旅の感想・評価

3.0
マーク・ネヴェルダイン/ブライアン・テイラー監督作。

悪魔と契約を交わした男の闘いを描いたホラーアクション。

マーベル刊行の同名コミックを映像化した『ゴーストライダー』(07)の続編で、前作同様ニコラス・ケイジが善と悪の狭間で苦悩する孤高のダークヒーローを好演しています。

今回のお話は、悪魔:ロアークの魔の手から少年:ダニーと母親:ナディアを守るためのゴーストライダーの闘いを描いたもの。設定的に『ターミネーター2』を連想させる作劇ですが、見所はニコラス・ケイジ演じるゴーストライダーの“悪魔アクション”に尽きます。

愛車ヘルバイクに跨っての爆走シーンや灼熱の炎を帯びさせたチェーンで敵を熔融していくシーン、巨大建設機械に炎属性をエンチャントしての全体攻撃が映像的インパクト絶大ですし、今回は“触れたものを瞬時に腐らせる”特殊能力を手にした悪役との能力バトルも見所になっています。

前作&本作ともに評価の芳しくないアメコミ映画ですが、ニコラス・ケイジ ファンもしくはダークヒーロー物がお好きな方はどうぞ。
盆栽

盆栽の感想・評価

2.6
2という名のリブート


またしてもニコラス・ケイジが愛おしいマーベル映画。ですが、それ以外は非常に残念な結果になってしまったかと。よくぞマーベル映画の主流がMCUになり始めた頃に製作出来たな、と。この圧倒的孤立感が逆に良い味を出してるのかもしれません。

今作もやはりゴーストライダーのヒーロー像とニコラス・ケイジが大好きな人には、観れないこともない一本でした。

それにしても終わり方が物凄い雑だな。
Taiki

Taikiの感想・評価

3.2
「制御不能、地獄の炎で悪を滅ぼせ」

日本版タイトルは2だけど実質リブートなゴーストライダー。いやなんでリブートしたのwwwww
相変わらずカッコいいバイクアクションは最高!なんでも燃やせるパワーも憧れ笑
今回はドクロが黒くなってダーク感出てて良き!
パワー復活時の回転斬り的な演出好き笑
少年を守り抜く様はもう正統派ヒーロー!
ただ、ストーリーやCGがチープ!笑

「地獄へ、帰れ」
2017年
7/25鑑賞

前作より良い点と悪い点が混ざった感じ。
映像技術が前作からの6年でかなり進化してて、
相当楽しかった。

正直、ストーリーはどうでもいい感じ笑
あんま覚えてない。
何か神父だかが出てきて、悪魔に狙われてる子供を助ける、みたいな。
どうやって助けたかとか記憶にない。

でもやっぱ、ゴーストライダーは好きだな。
ダイキ

ダイキの感想・評価

3.0
2作目観ていなかったなと思い、1作目観てから結構時間経っているが鑑賞。
なんかずっと惹きつけられるものがなかったかな。
あまり印象に残らなそう。
ゴーストライダー自体は渋さもあって、カッコいいんだけどね。
keita

keitaの感想・評価

2.0
ゴーストライダーになったときのクオリティはかなり時間が経ってCG技術も進化しよりダークヒーロー感が出た

でも話の内容はもっとシンプルでいいんじゃないかな

前作と差別化するためなんやろうけどちょっとやりすぎ
>|

あなたにおすすめの記事