死霊のはらわた IIの作品情報・感想・評価

「死霊のはらわた II」に投稿された感想・評価

ダークメルヘンだった笑
主人公の顔芸を楽しむ一本。
30年前ではかなり革新的な演出だったのかな?
今観ても面白い撮り方やギミック。
ツッコミ所満載な所も含め、良かった
( ̄∀ ̄)
一作目と同様、何者かが迫り来るカメラワークと音、秀逸。
おゆ

おゆの感想・評価

3.5
首を切られた体が急に踊り出して笑えると思ったら、その後もずっと笑える要素いっぱい。最後がまた面白い。
ガールフレンドと共に山荘にやって来たアッシュ。
そこで死の書とレコーダーを発見する。興味本位からレコーダーを再生すると録音されていたのは“悪霊を蘇らせる”呪文だった。山荘に悪霊たちが襲いかかる……的な作品。

パート1もリメイク版も超好みだったので、期待大で鑑賞。ちょっとは角度が変わった物のクリーチャーの気持ち悪さやスプラッター要素は抜群に◎

伝説のアッシュのチェーンソーも拝めたので大満足。

-------------------
FILMAGAでホラー映画のまとめ記事を書いてます。
毎月13日に公開いたします。
興味のある方はご覧いただけると幸いです。
https://filmaga.filmarks.com/writers/159
--------------------
めちゃくちゃな展開とハイテンションな勢いが凄い!映像はかなりチープだけどそれも味。前作よりもホラー要素はさらに薄れて完全コメディ。
『死霊のはらわた』シリーズの2作目、前作より一層面白くなった、というかコメディっぽさが増した。しかも90分に満たない映画だから感覚としては本当にあっという間に終わる。
オチは予想外過ぎてなんとも言えない

ブルース・キャンベルの怪演は一見の価値あり。
カルトホラー『死霊のはらわた』の続編。

続編、とは言うものの基本的にやってることは1作目とほとんど変わらないし、1作目との直接的な繋がりも全くない。それでもやっぱり1よりもこの2の方が確実にパワーアップしている。『死霊のはらわた』名物と言ってもいい、死霊視点の森の中を高速移動するカットや死霊や主人公のコミカルな動き(特にブルース・キャンベルが自分の頭を自ら皿で強打する下りは爆笑しました)などに加え、後半のとある思いもよらない展開は見ていてアガる。『シャークネード』のアレってこれが元祖なのかな~、なんて思ったり笑。まさにイカす展開で最高だった。
そして最後のオチ笑。これは『キャプテンスーパーマーケット』に大いに期待がかかる。

『死霊のはらわた』は最高なんだ!と再認識できました笑
何度目かの再見。冒頭の前作ダイジェストリメイクとクライマックスのデタラメにスケールアップする展開は何回観ても素晴らしいですね。
主人公のいじめられ具合に途中から笑えてくる。

1作目未鑑賞だけど、1作目みたいな話を冒頭7分で行ってくれるのでありがたい。
俳優さんが生き生き演じてるのも良いし、凝ったカメラワークや特殊メイクもB級感が見ていて楽しい。
とある森の廃屋を舞台に、
眠りからさめた死霊が蘇り人間に襲いかかるスプラッタ・ホラーで、
好評だった「死霊のはらわた」の続編。
実際には続編ではなく前作と同じシチュエーションでストーリーが展開してきます。
.
前作よりコメディ要素がパワーアップしたのは「悪魔のいけにえ」にも言えること。
前作よりも予算をかけて、
前作をセルフリメイクした本作。
ブルース・キャンベルの一人芝居、
顔芸も素晴らしい。
自分の手と戦うシーンが面白い。
キャンベルの孤軍奮闘は緊張感があって良い。
何と言っても片腕チェーンソーとなり、
ショットガンを持ってヒーロー化したアッシュがカッコいい。
このテンションのまま続編「キャプテン・スーパーマーケット」に繋がっていく。
あぁ、もうひっでぇや(笑)

前作設定はどこかへ飛んで行きましたw

今作はもうただのスプラッタコメディです!
(前作もだけどw)

開始6分でヒロインの首が飛び、主人公アッシュも悪魔に取り憑かれる。

右手が勝手に動き笑い、家具も笑い、アッシュも笑って大騒ぎ。

壁からは有り得ない量の血糊が吹き出し、アッシュはひたすら1人芝居。

そこへやっとこさ殺され役の4人が登場!

しかし悪魔も進化…
だがアッシュも進化!

よろしい、ならば戦争だ!!

3作目に続く……


1とリメイクはポチっていたのですが、こちらは忘れていたのでポチりw
3作目はビデマさんで購入~

いやぁ、こんなにチェーンソーが活躍する映画もあるまい☆
あ、『悪魔のいけにえ2』があったなw

完全にコメディに振り切った傑作!
お酒飲みながら3作続けて大人数で観たいですね~
>|