パニッシャー:ウォー・ゾーンの作品情報・感想・評価

「パニッシャー:ウォー・ゾーン」に投稿された感想・評価

開明獣

開明獣の感想・評価

3.7
主人公は重装備でいきなり、マフィアの大物の出所祝いパーティーに乗り込み、悪者を処刑していく。そこまで一切の背景説明なし。いさぎよし!!敵も味方もおバカさんなので、詰めが甘くて、やったりやり返したり、基本は非情に人間ミンチを量産していくのです。

マーベル・ユニバースの前に、こんなライセンス作品があったのですな。ストーリーは陳腐だし、なんのあっと驚く演出もないけれど、B級アクション好きな方には是非。

うむ。これはこれでいい。
dpunch

dpunchの感想・評価

4.0
パニッシャー3作品とも主役の俳優は違うわ、ストーリーは全くつながりはないわでしたが、逆に全てがオリジナルなのでこれはこれで楽しめました。

自分的には今作のパニッシャー/フランク・キャッスルが一番パニッシャーっぽい気がしてて、尚且つシブ目のイケおじさん具合が絶妙にカッコよかったです。

今回のパニッシュメントは敵がいろいろ吹っ飛ばされて結構エグめな印象でしたが、もしかすると3作品の中で一番好きな感じだったかもしれない…
ジグソウって、SAWから来ているのかしら。。。
それとも、顔がツギハギだらけでジグソーパズルみたいだから?

スプラッタでした・・・
中身はあるのか!?
うーん、苦手。

でも、ここまでやったら逆に清清しいw

最後はちょっと好きカモw
Kent

Kentの感想・評価

3.3
アメコミヒーロー…に見えないけどね。
単純明快気分爽快なぶっ壊し殺戮ストーリー!
さっぱりスッキリ☆

マーベルコミック実写化もの。
元々はスパイダーマンに登場したキャラクターで、後にソロデビューしたようです。

なーんも考えずに単純に面白い。
コミックチックな演出も多くて、原作を再現したであろう部分が洒落ている。

無難な面白さが楽しい作品!
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.5
前作「パニッシャー」の続編なのか?
と思いきやそうでもないらしい。
主人公も、家族の殺され方も、設定も色々と違う。

そしてアクションシーンだけは格段に迫力が増した!
グロイって言えばそれまでなんだけど、そこにちょっとスカッっとする感じさえ与えてくれる。
「人は殺さない」とかいうポリシーは全くなく、気に入らないやつはとりあえず頭からぶっ飛ばすという、まさにダークヒーロー!って感じ

そしてなにより音楽がよかった!
Pendulum, Justice, Rise Against, Slioknot...etc
とどれも一度はライブに行ったことあるユニット。
やっぱ知ってる曲が流れるといつもよりちょっとアクションシーンがカッコよく見えちゃうよね。
Mountain

Mountainの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

正直、このおっさん誰やねんと思った
レイ・スティーブンソン版パニッシャー

主役こそ
ピンと来ませんでしたが、
今までのどのパニッシャーよりも
激しく、ゴア描写もテンコ盛りでした。
ジグソウというキャラの立ったヴィランも登場し、しっかりとアメコミヒーロー映画になっていました。

どのアクションシーンも
ホントにカッコいいです。
敵の死に様がそれはそれは残酷なので、
好き嫌いは分かれるかも…。

グーパンで顔面破壊したシーンは
ぶっ飛び過ぎて笑っちゃいました。

容赦無いハードな展開もあったりして、
ちょい重めですが
パニッシャー無双を堪能出来る
良い作品だと思います。

バーンサルのドラマ版が現在ありますが、
ドラマよりも
映画でまたパニッシャーやらないかなぁ…
個人的にはトーマス・ジェーンはハマり役だと思ったんですがね…
Bootleg版にも出てくれてるし…
nico

nicoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


ある日ピクニックに行った時に偶然見てしまったマフィアの処刑のせいで自分以外の家族が死んでしまった。以来、マフィアを片っ端から殺している。
そんな中、潜入捜査官のFBIを殺してしまう。その時ジグソウを瀕死に追いやるが生存。捜査官を殺してしまった後悔から街を離れようとするが友人に死んだ捜査官の妻と娘が狙われるぞと説得され、ジグソウを殺すことに。
なんか知らんけど周りのみんなが主人公の復讐の動機を割と知ってて、「よう、今日も精が出るねえ。頑張りなよ」みたいな感じなのは新鮮。そういや別にマスクとか被って素性隠してないしな。SLIPKNOTの曲でちょっとテンション上がる。
なんか妙に古臭い、ちょいとダサい、でも面白い。

ファンキーで悪いやつの表現として中途半端な前方宙返りでのビル移動。
イカれた表現として、むやみやたらに鏡を体当たりで割ったり、極めつけは並んでるぬいぐるみを端から撃っていく。
音楽もあわさり、ダサい!!
しかも肝心な敵はボスクラスが二人いるのにパニッシャーではなく、一端のFBI捜査官1人の二丁拳銃を同時に向けられることで、あっさり降参する子悪党っぷり、、、。

じゃあ、つまらないかと言われたら、凄く面白かったです!!
パニッシャーが暴れてるだけで、ある程度テンションがあがりますが、このお方はパンチで人の顔面を文字通り貫くんですよね。痺れました。
無抵抗だとしても悪党であれば子供が見てる前でヘッドショット!!
銃を構える仕草の強そうで正確そうなこと!!!

パニッシャーといえどヒーロー映画ですもの、かっこよければ大満足です。
好きなものは好き型の映画だと思いました。
あと何といってもすげえ、話がわかりやすい。ウトウトしてても置いてかれない!!

次回作があるなら、是非サイクロプスを撃って欲しいです。
>|